ヘルペス」タグアーカイブ

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルスの場合もある

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルスの場合もあります。耳鳴り 原因 が不明で耳鳴りが改善しない人の中にヘルペス ウィルスの場合もあるのです。

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルス

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルス

耳鳴り 原因 ヘルペス ウィルス

もし、あなたが耳鳴りのほかに、耳痛や頭痛、口内炎をくり返す体質の持ち主であるならば、その耳鳴りはヘルペスウイルスが関与しているのかもしれません。

「ヘルペス」とは、水ぶくれが集まった状態を指します。原因は、ヘルペスウィルスの「再活性化」です。

再活性化とは、体内でおとなしくしていた病原体が、炎症など、何かのひょうしに元気になって、悪さを始めることです。

それによって、さまざまな不快な症状が体に現れることになります。ヘルペスウィルスは、1 3 0 以上の種類を持つ大きなウィルス科であり、そのうちの8種が人に感染します。

ウィルスの種類によって、現れる症状は異なります。代表的なものを紹介しましょう。「単純ヘルペスウイルスⅠ型」は、口唇の水泡や口内炎を起こします。

「口唇ヘルペス」とも呼ばれます。「単純ヘルペスウイルス2型」は、性器やその周辺の下半身に、水泡やかゆみを生じさせます。「性器ヘルペス」が一般名です。

皆さんがよく知っているのは、「水痘・帯状癌疹ウィルス」でしょう。小児の感染症とされる水ぼうそう(水痘) も、ヘルペスウィルスの一種が起こすものです。

一度感染したヘルペスウィルスは、生涯にわたって体内で生き続けます。彼らの好む棲息場所は、人の神経細胞です。ふだんはそこでおとなしくしているのですが、免疫機能が落ちているときを狙って再活性化します。

免疫とは、病気を防いだり、治したりする体内のメカニズムのことです。その力が弱っているとき、ヘルペスウィルスは元気に活動を始めます。例えば帯状癌疹は、水痘・帯状癌疹ウイルスが再活性化して生じる病気です。

これを発症すると、体の片側に強い痛みを伴う帯状の赤疹や水ぶくれが生じます。なお、ヘルペス族のなかで最も強い感染力を持つのは、サイトメガロウイルスです。

感染時には無症状なのですが、再活性化すると難聴になりやすくなることがわかっています。特に気をつけなければいけないのは、妊娠中の女性です。妊娠中に感染すると、赤ちゃんが難聴になることがあるとわかっています。

以上のようなヘルペスウィルスの感染は、だれにとっても人ごとではありません。「口唇ヘルペス」は日本人の 70 〜80 % 、「性器ヘルペス」は2 〜10 % 、サイトメガロウイルスは40〜60 % 、水痘・帯状疱疹ウイルスに至ってはほとんどの人が感染しています。

日本人のほぼ全員が有している、ごくありふれたウィルスなのです。こうしたヘルペスウィルスが 耳鳴り 原因 になるのは、耳の神経に棲みつくことがあるためです。

聴神経や、内耳などで再活性化すれば、耳鳴りやめまい、難聴を起こす原因になります。また、脳の神経細胞に感染することもあります。日本人の8 % が持っている、慢性頭痛の1つである「片頭痛」も、ヘルペスウイルスの関与が考えられます。

片頭痛は、脳の血管が過度に広がって炎症を起こすことで生じるとされていますが、それにヘルペスウィルスがかかわっている可能性が高いのです。

なお、ヘルペスウィルスは顔面神経マヒも起こします。これは、顔の筋肉が自由に動かなくなる症状で、初期では、片方の目の周りがピクピクする、顔が自由に動かない、口に入れた水がこぼれる、笑うと顔がゆがむ、うまく話せない、目を閉じにくいなどの症状が見られます。こうした症状を伴う場合にも、ヘルペスウィルスの関与が疑われます。

コラム

リアルメイト 「 ハチの子800+(プラス) 」使った使用感 ( 耳鳴りに効果 )