ビタミンE」タグアーカイブ

コレステロールを下げる食品(いか)

いかは、低カロリー、低脂肪、高タンパクと非常に優秀な食品です。ダイエットにも最適です。高血圧や糖尿病の食事療法では必ず登場する食品でもあります。
コレステロール値の改善にも大きな期待が寄せられる食品です。その理由のひとつが豊富に含まれるタウリンの働きによるものです。
タウリンは、たんぱく質をつくらない遊離アミノ酸の一種で体内のさまざまな部分に分布しし、影響を及ぼしますが、肝臓でのタウリンは、コレステロールから胆汁酸がつくられるための酵素の働きを活発にします。これによってコレステロールはどんどん消費されて胆汁酸となり、結果的にコレステロールを下げる効果を発揮することになるのです。

また、いかには甲殻類全般にみられる「ステロール」が豊富に含まれていることもわかっています。100g中のコレステロールが焼く300mgと全食品中でもかなりの数値を示すにもかかわらず、いかがコレステロール改善食品としてすすめられるのは、タウリンやステロールの強い低下作用によるところが大きいといえます。
いかはその食感から消化がよくないようにイメージされますが、本当のところは、消化のよい食品です。やわらかい歯ごたえとともに有効成分を効率よくとるなら、刺身や酢の物など、生食でいただくのがベストです。
タウリンもステロールも加熱によって溶け出してしまうので加熱するならさっと火を通す程度にしないと効果が薄れてしまいます。
こうした成分以外に、代表的な抗酸化ビタミンのひとつであるビタミンEや、中性脂肪を減らすナイアシン、脂質の代謝を促すパテントテン酸なども含まれており、コレステロール値の低下に大変効果的です。

コレステロールを下げる食品(さんま)

大衆漁として定着している「さんま」ですが、コレステロール値の低下に役立つDHAやIPAが豊富に含まれます。レシピもたくさんあり、値段もリーズナブルことから日常的に摂取したい食品でもあります。
魚は、海中でα-リノレン酸を含む植物性プランクトンを餌にしています。α-リノレン酸は、魚の体内でDHAやIPAに変化し、蓄積されます。魚は海水で生存することから冷たい水の中でもDHAやIPAはマイナス45度の環境でも固まることなく保存されるのが特徴です。
DHAに関しては、さんまはいわしよりも豊富に含まれます。
DHAには、悪玉コレステロールを減らして善玉コレステロールを増やす働きばかりでなく、血小板でつくられるトロンボキサンA2というホルモンに似た物質を抑制する働きもあります。トロンボキサンA2は、血小板を凝集させる働きもあり、過剰になると不必要な血栓をつくりだしてしまいます。血栓を予防することは、酸化LDLが引き起こす血管壁でのトラブルを防ぐことでもあり、動脈硬化の予防につながります。

さんまは、ビタミンEも豊富で活性酸素による酸化から細胞を保護します。LDLの変性を効果的にとどめる作用があります。
旬の食材を摂取することが望ましいのは当然ですが、冷凍技術や加工技術の向上により、年間を通して旬に負けない新鮮な味わいを堪能することも可能です。焼いて食べるのであれば、遠火の強い火で焼くように注意して脂質をできる限り損なわないようにします。
さんまに豊富に含まれるDHA・EPAの詳しい作用はこちら。