痛みは体からのサイン」カテゴリーアーカイブ

酵素を使って慢性的な痛みが消えた治療実例集

毎日の食事で何を食べるかが健康におおきく影響することがわかったと思います。そして、痛みやコリ、しびれなどのn不快な症状も食生活を変えることで嘘のように改善することが多々あります。

実例1:慢性頭痛→生野菜中心の生活・ファスティングで頭痛が消えた

Yさん(男性35歳)は15年前から1日に何度も頭痛が起きるようになりました。Yさんは野菜嫌いで食事にはあまり意識していませんでした。
転職したのも毎日の激しい頭痛に悩まされ、病院でCT検査をしても異常は見つからず、痛み止めを処方されるだけでした。薬を服用して一時的に痛みから解放されてもまた頭痛に悩まされる日が続きました。
しかも痛み止めの副作用で胃が荒れてしまい、胃痛にも悩まされるようになりました。
その後2年前から会社を4ヶ月も休むようになり、このままでは解雇されてしまうとの心配から追い込まれていました。

酵素不足が頭痛の最大の原因であると判断し、ファスティング(断食)メニューと酵素サプリメント飲むようにしました。ファスティングはやや長めで7日間行いました。

その後も生野菜サラダ、生野菜&フルーツジュース中心の生活をするように指導したところ、頭痛は劇的に改善しました。1ヶ月後には、まったく頭痛が起きなくなりました。1年半が過ぎますが、頭痛はその後再発せず、快適な生活を今では過ごされています。

慢性の頭痛とは、偏頭痛であろうが緊張性頭痛であろうが、器質的なものがない場合は、間違った食生活やライフスタイルによる「血の汚れ」が原因です。

血液が汚れることで脳血液の循環が悪化し、脳内に軽度のリンパ浮腫が起こり、軽いこ脳庄克進がおこり、そのため頭痛が起こるのです。脳は頭蓋骨に周りをガチガチに固められているため、少しでもむくみ(リンパ浮腫)が起きると、必ず頭痛が生じます。

こういった症状を改善するには、何よりも代謝をよくして、血液の流れをスムーズにすることが重要です。食生活を、代謝を活発にする酵素たっぷりの生野菜& フルーツメインに変えると同時に、足渉や岩盤沿でさらに代謝をアップさせ、ファスティングを実践すると、頭痛はもちろん、その他の体調不良もすっきりとよくなっていきます。

これにマグネシウムの多いサプリメントとプロテアーゼ、アミラーゼなどの質の高い酵素サプリメントの服用を加えれば、一段と効果はアップすることでしょう。

実例2:腰痛→半断食してたった2日で痛みが軽減し4日で完治

T(66歳・男性)は年末の宴会続きで、暴飲暴食状態が2週間も続きました。ある日、突然ズキッと音がして激しい腰痛に襲われました。食生活の内容を聞いたところ「食べ過ぎ飲み過ぎによる腸の腐敗が高じた結果の腰痛」と診断しました。

遠赤外線が出る治療用のマットを自宅に持っていました。そこで、自宅で10分間冷湿布をした後、遠赤外線マットに80~90分寝ました。

また食事は、半断食を5日間。さらにその間に、毎日40~60分の足湯法、酵素サプリメントの服用、生物ミネラルマグマ(強い殺菌作用などがあるミネラル水のサプリメント)の塗布や服用を行いました。

そして1週間後、半断食をしてからたった2日で痛みが軽くなり、4日で完治しました。ものすごい大量の便が連日出ました。さらに腰痛はもちろん、ひどかった肩こりや口臭、胃の不快感なども完治しました。

半断食を7日実施したところ、体が本当にラクになり、頭もさえてきました。食べ過ぎが体の痛みや不調を起こす直接原因になるかということです。

実例3:慢性関節リウマチ→重症のリウマチが治まり今では病気知らず

Hさん(61歳・女性)は49歳のときに、リウマチがひどくて、歩けなくなっていました。すぐに膝にたまった水を抜いて応急処置をしました。しかしHさんは根本治療をしなければ完治することは難しいので、9日間のファスティング(断食)をまず行いました。

その後は「食養生を2週間1→半断食を4日」というサイクルで繰り返しました。そして酵素サプリメントとキノコのサプリメントを服用しました。

リウマチは腸内の汚れが大きな原因となっているので、まずは、消化・吸収・排泄という体のリズムを整えることが何より重要です。

痛みがある箇所には、ショウガ湿布を丹念に毎日のように施していました。一進一退はあったものの、それでも彼女はみるみる元気になっていきました。

最初は時々膝の水を抜かなければなりませんでしたが、治療を開始してから3ヶ月経つ頃には、水はたまらなくなりました。そして半年後には、痛みは極めて軽いものになりました。

その後も涙ぐましい努力を続けた結果、1年後には何とリウマチ因子はマイナス反応になり、完治しました。今では12年が経ちますが、心身ともにとても健康で、他の病気もまったくなく、元気に暮らしています。

この方がなぜここまで難病を克服できたのかといえば、目先の痛みにとらわれず、長い目で見た治療法に向き合ったからだと思います。痛みがあるときは、つい「この痛みさえなくなれば」と考えがちです。でも本当に大なのは、痛みの根本原因を突き詰め、その部分から治療していくことなのです。

病気というものは、さまざまな原因が重なってかかるものです。しかし基本的に「暴飲暴食や偏った食生活は、病気の呼び水になる」ことは、疑う余地がありません。
今は特に病気や体の不調がないという人も、この機会に自分の食生活を見直してみましょう。なお、実例の中に出てきた「半断食( ファスティング)」は、日頃から疲れやすい、肩こりやしびれに悩んでいるという「病気というほどではないが、不調がある」という状態の方にもおすすめです。

「酸性食品」は、結石や骨粗鬆症の原因

私たちが食べている食品には、「酸性食品」と「アルカリ性食品」があります。「酸性食品」には、肉類・魚類・卵などの動物性タンパク質、チーズ、玄米、白砂糖を使ったお菓子類、酒全般(ビール、ワイン、ウィスキー、焼酎、日本酒)、牛乳などが含まれます。

一方「アルカリ性食品」には、生野菜や果物全般、酢、海藻類、植物油、味噌などが含まれます。焼き肉やステーキなどが大好きで、毎日のようにお酒をたしなみ、スイーツにも目がない 。

そんな人は体液がどんどん酸性に傾いていきます。するとバランスをとろうとして、体内のアルカリ性ミネラル(主にカルシウム)が大量に消費されてしまいます。

人間の体のpH (ペーハー)は、中性で安定するようになっているからです。カルシウムは主に骨に含まれますが、体液を中和しょうとして骨からどんどん出てきます。この「どんどん出てくる」のが、実は問題点です。

体内のカルシウムには「出過ぎる」「出たら二度と戻らない」という2つの特徴があるため、酸性食品を食べ続けると、骨から出たカルシウムが出過ぎて戻らなくなり、血液中をウロウロと迷子のようにさまよってしまうというのです。

そのため、だぶついたカルシウムは結石となって腎臓内で詰まったり、尿管で詰まって尿路結石になってしまうのです。また骨の中のカルシウムが減ってしまうため、骨租軽症なども起こりやすくなります。ではどうしたら、こういったカルシウムの流出を防げるのでしょうか?

まずは、食生活の見直しがポイントです。肉・魚・卵などの動物性タンパク質、白砂糖を使ったお菓子類、牛乳やチーズ、ラーメンなどの過食を避け、お酒はほとほどにしましよう。またタバコや化学薬剤も体を酸性にしますから、摂らないようにします。

そして、体をアルカリ性にする生野菜や果物を毎日欠かさず食べ、代謝をよくするためによい水をたっぷり摂るようにします。飲み水水は、「桜島 活泉水」がおすすめです。まろやかで非常に飲みやすく、体の毒素を排泄する働きがあります。

なお野菜はすりおろすと酵素が活性化するので、ダイコンやカブ、セロリ、ニンジン、レンコンなどのすりおろしをメニューに加えましょう。

酢や味噌はアルカリ性食品ですから、こういった調味料で味付けをすればさらに効果が上がります。酸性食品を食べ続けている「酸性体質」の人は、血液も汚れがちなので、結石や骨粗鬆症などの病気以外にも、あらゆる病気にかかりやすくなります。毎日の食卓では、その食品が「酸性なのかアルカリ性なのか?」にも、注意を払う習慣をつけるといいでしょう。

お酢のランキングはこちら。

酵素が働くためにはマグネシウムが必須

人間の体には、ミネラルが欠かせません。しかし、現代の日本人の食事は、塩分が含まれるナトリウムは過剰摂取気味ですが、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルは不足気味です。

ミネラルが不足する弊害についてはこちらに詳しい説明があります。
ビタミン・ミネラル不足がおきる理由 | ビタミン Q & A

なかでもマグネシウムは、近年私たちの体にもたらす効果がとても多様であることがわかり、大切さが再認識されるようになりました。マグネシウムには、次のような機能があります。

  1. 細胞中濃度を高めることによって、細胞本来の働きを取り戻して異常細胞を正常化する。
  2. 細胞内に入り込んだ過剰なナトリウムやカルシウム(これらは細胞の外側にあるのが普通)を、細胞外に排出する。
  3. 酵素の最大の補助剤。全身に無数に存在する酵素がよりよい働きをする手助けをする。

こういった機能から、次のような人体内での働きをしてくれています。

神経精神作用の鎮静
マグネシウムは「天然の精神安定剤」です。不足すると、イライラしがちです。
筋肉や血管の収縮を抑える
筋肉の緊張とリラックスのバランスをコントロールする役割を果たしているため、筋肉痛などの改善にマグネシウムは効果的です。
血圧の正常か
血圧の調整をしてくれるので、高血圧の予防・改善に役立ちます。
胆石・腎石の予防
カルシウムの体内への取り込みを正常化するので、カルシウムの過剰摂取が原因で起こる胆石や腎石の発生を防ぎます。
TCA サイクル(クエン酸サイクル) の円滑化
体内でのエネルギー回路の回転をスムーズにして、.疲れにくい体にしてくれます。
タンパクの代謝、ホルモンの産生、脂肪燃焼の補助
体内の代謝をよくしてくれます。
痛みやしびれの改善
こむら返りや脱力感、頭痛、生理痛などの症状を改善します。
心臓病の予防と治療
マグネシウムが不足すると不整脈が起こりやすいといわれています。しつかり摂っていれば、心臓病の予防に役立ちます。

他にも呼吸器疾患や便秘の改善などにも、マグネシウムは効力を発揮します。女性に特有の月経前症候群(PMS) をやわらげたり、妊娠中のつわりの軽減にも役立つといわれています。

このようにマグネシウムは私たちの体になくてはならないものですが、何らかの原因で細胞から逸脱してしまうことがあります。特にカルシウムを摂り過ぎると、マグネシウムは細胞外へ出ていきやすくなり、代わりに過剰なカルシウムが細胞内へ入り込んでしまいます。すると、血管の筋肉の異常な収縮が起こり、さまざまな悪影響を及ぼします。

昔はカルシウムとマグネシウムの摂取量は「カルシウム2に対してマグネシウムは1といわれていましたが、最近では「マグネシウムをカルシウムの1.2倍摂るといい」といわれ始めています。最近の学会では、2倍以上が望ましいといわれることもあります。

体の痛みやコリ、しびれなどはマグネネシウム不足で起こることが多いので、特にこのような症状がある人は、意識的にマグネシウムの多い食品(海藻類、キノコ類、豆類など)を毎日の食事に取り入れてください。またマグネシウムの細胞内の逸脱を防ぐには、酵素たっぷりの生野菜などを日常的に摂って、消化を円滑にすることを心がけましょう。

マグネシウムの100gあたりの含有量が多い食品

  1. あおのり(1280)
  2. わかめ・コンブ(900)
  3. 干しひじき(820)
  4. ごま(370)
  5. アーモンド(338)
  6. カシューナッツ(237)
  7. 大豆(140)
  8. 玄米(120)
  9. ほうれんそう(57)

酵素の無駄づかいにつながる酸化した食品やトランス型油、白砂糖を使った食物も避けましょう。また加工食品や化学薬剤、残留農薬が多い野菜、添加物なども極力摂らないようにしたいものです。

整形外科医はしびれや痛みの原因を、何でも骨の変形や神経の圧迫で説明しようとしますが、そろそろこういったミネラルの不足にも、目を向けるときが来ているのです。
マグネシウム不足は過労死の原因になりうる