完全なる消化が、疲れた体をすぐに復活させる

私たちの健康に欠かせない酵素を体内に温存するには、生のものを食べることがカギになると繰り返し述べてきました。ここで「なぜ生のものがいいか? 」を、人間の消化のメカニズムの観点から説明したいと思います。

私たちは体に必要な栄養素を取り入れるために、毎日食事をします。しかし食べ物が十分に消化されないと、体の中に必要な栄養素をしっかり吸収することはできません。そこで行われるのが、「消化」です。消化とは、食べ物の中に含まれる栄養素を、吸収できるようなサイズに分解する作業のことです。人間の体に必要な栄養素には、三大栄養素として知られる炭水化物、タンパク質、脂質に加え、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、食物繊維、酵素などがあります。

このうちビタミン、ミネラル、酵素はとても小さなものなので、分解作業をしなくても体内に吸収できます。また食物繊維は体内には吸収されず、体内の不用な物質を体外に排泄する役割を果たすので、分解作業は必要ありません。

ところが、タンパク質、炭水化物、脂質は、しつかり分解しないと、よい栄養として取り込めません。炭水化物はブドウ糖、タンパク質はアミノ酸、脂質は脂肪酸になるまで、しっかりと消化をする必要があります。

ちなみに車にたとえると、炭水化物はガソリン、タンパク質はエンジンとボディ、脂質はオイルといえます。前にも述べたように、特にタンパク質は消化が十分でないと、血液の中にタンパク質のかけらが入り込み、血を汚し、さまざまな悪影響を及ぼしてしまいます。では、どうしたらしっかりとした「完全なる消化」をすることができるのでしょうか?この「完全なる消化」に欠かせないのが、私たちの体内にある「消化酵素」です。食べ物は口から入り、食道→胃→小腸→大腸へと移動しながら消化・吸収されていきますが、それぞれの消化器官では、実にたくさんの消化酵素が食べ物に働きかけ、赦密な分解作業が行われています。

唾液アミラーゼ(α-アミラーゼ)
炭水化物の分解を行う
アミラーゼ
炭水化物の分解を行う
リパーゼ
脂肪をやわらかくして分解
ペプシン
たんぱく質の分解を行う
レンニン(凝乳酵素)
乳製品の消化を行う
アミノペプチターゼ
たんぱく質をポリ・ペプチドに分解
ラクターゼ
乳糖(ラクトース)をブドウ糖とガラクトースにする
ホスファターゼ
脂肪のリン酸塩をやわらかくする
マルターゼ
麦芽糖(マルトース)をブドウ糖にする
スクラーゼ
しょ糖をブドウ糖と果糖にする
アミラーゼ
デンプンを分解してブドウ糖にする
リパーゼ
トリグリセリドを脂肪酸に分解
トリプトシン
ポリペプチドを分解しアミノ酸にする

消化酵素は、それぞれ分解できる栄養素が異なります。また特定の条件でなければ十分に働くことができないため、各消化器官から分泌される消化液は、それぞれの消化液に含まれる酵素が活躍できるpH になっています。

三大栄養素の中で、最初に消化が進むのは、炭水化物です。口の中で咀嚼しているときに、唾液に含まれるα-アミラーゼという消化酵素と混ざり、胃腸での消化活動がしやすくなるサイズまで、小さく切り離されます。

そして胃の上層部にあるアミラーゼでさらに分解作業が進み、それと同時に胃酸の働きでほぐされて小さくなっていきます。
小腸に進むとマルターゼ、フルクターゼなどの消化酵素で分解され、最終的にはブドウ糖や果糖になり、体内に吸収されていきます。

やっかいなのは、タンパク質の消化です。タンパク質は、アミノ酸が1000個以上も糸で繋がれたようにしっかりとくっつています。このつながりを切り離し、吸収が円滑にできるサイズにするには消化酵素が多量に必要です。タンパク質の消化は、食べ物が胃の中へ移動して、初めて始まります。

胃の中のペプシンという消化酵素が大まかに分解し、さらに小腸に入るとすい臓からの消化酵素と小腸から出る消化酵素(約10種類)でバラバラに分解されます。

このように消化のプロセスは、その食べ物に含まれる栄養素の種類によって、かなり違ってくるものなのです。特にタンパク質を消化吸収するには、たくさんの消化酵素が必要になるため、食べ過ぎると消化不良を起こしたり、酵素の無駄づかいにつながるというわけです。

一方、生の野菜や果物を食べた場合は、消化作業はとてもスムーズです。野菜や果物には酵素がたっぷり含まれています。そしてその酵素には、その食べ物自体を「自己消化」する作用があるため、消化がすんなりと進みます。もちろん、豊富なビタミンやミネラルやファイトケミカルなどの栄養素は、しっかりと体内に吸収され、私たちの体調を整えるのに役立ちます。

生の野菜や果物は、消化に費やされる酵素を節約して、代謝酵素を温存するのに最適な食物だといえるでしょう。消化・吸収が円滑にいっていれば、体内の消化酵素は浪費されず、代謝酵素も十分にストックされた状態が保てます。そのため代謝がよくなり、体の調子もいい状態をキープできます。また便の畳もすごく増加します。だから体の痛みや疲れを感じても、代謝酵素が活発に働き、すぐに回復できるというわけです。

酵素たっぷりの青汁『ヌーススピリッツ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。