頭痛」カテゴリーアーカイブ

労作性頭痛には非ステロイド性消炎鎮痛薬が効果的なことも

労作性頭痛には即効性のある痛み止めでもある

労作性頭痛は、ある特定の動作や刺激が引き金ねとなって頭痛発作が起こります。しかし、なぜ、頭痛が起こるかがわかっていないことから、最適の薬もまだ詳しくはわかっていません。ただ、痛みの予防や痛み止めに非ステロイド性消炎鎮痛薬が有効な例があることがわかっています。
有効な非ステロイド性消炎鎮痛薬ですが、多種類あり、アスピリンやイブプロフェンなども同じ非ステロイド性消炎鎮痛薬ですが、労作性頭痛にはインドール系やプロピオン酸系の薬が用いられます。

服用の際のポイント

基本的には頓服薬。毎日飲む必要はない。労作や刺激を受ける30分~2時間前に飲むと予防できる。

筋弛緩剤は緊張型頭痛、抗不安薬、抗うつ薬は、緊張型頭痛、片頭痛に効果あり

筋弛緩薬や抗不安薬は原因となる筋肉のこりをほくす

緊張塾頭痛では首や肩のこりをほぐさない限りは、やがて頭痛が起こり、その痛みによってさらにこりが増長されるという悪循環に陥ってしまいます。
したがって、痛みをやわらげる薬も必要ですが、むしろ、こりをほぐす薬が不可欠となってきます。筋弛緩薬や抗不安薬、抗うつ薬が必要になってくるのです。

筋弛緩薬の作用

筋弛緩薬は、筋肉を支配している神経や血管に作用して、筋肉の収縮を抑えて緊張をほぐします。

抗不安薬・抗うつ薬の作用

精神的な緊張をほぐすと同時に、筋肉のこりをやわらげます。

主な筋弛緩薬

  1. アフロクアロン
  2. 塩酸エペリゾン
  3. 塩酸チザニジン

筋肉のコリをほぐす

筋肉がこり固まっていると、血管も収縮して血行が悪くなる。筋弛緩薬は、中枢神経や収縮している血管の筋肉に作用して、収縮をやわらげる。
血管の筋肉の収縮がとれると、血行が改善される。これに伴い血流がよくなると、筋肉の緊張がやわらいでこりがほぐれるという仕組み。

抗うつ薬には片頭痛を減らす作用がある

抗うつ薬のうち、のアミトリプチリンは片頭痛の予防薬として海外ではよく用いられている薬です。
抗うつ薬は片頭痛の発作の頻度を減らす作用があります。
一般に、片頭痛にはうつ病の場合の2分の1~3分の1 の用量で効果がみられます。効果が出るまでに1ヶ月ほどかかるため、しばらく連用する必要があるので、医師の指示を守って服用します。

主な抗不安薬・うつ薬

  • エチゾラム
  • フルジアゼパム、ジアゼパム
  • 塩酸アミトリプチリン
  • 抗うつ薬
  • 塩酸トラゾドン

抗てんかん薬は頭部神経痛、片頭痛、群発頭痛に効く

予防だけでなく痛み止めとしても使われる

抗てんかん薬は、もともとてんかん発作の原因となっている、脳の神経細胞の異常興奮を抑える薬です。抗てんかん薬が効くといっても、その頭痛がてんかんによるものというわけではありません。
ただ、てんかん発作と近い状態が脳神経細胞で起こっているためなのです。それぞれのタイプの頭痛に対する作用は次のとおりです。

頭部神経痛に対する作用

頭部神経痛のビリビリする痛は、末梢の神経細胞の異常興奮だと考えられています。この興奮を鎮めるのです。抗てんかん薬を飲むと、過半数の人が痛みが消えるか、軽減しています。

片頭痛と群発頭痛に対する作用

脳の異常興奮を起こす神経の細胞は、セロトニンと関連していると考えられています。片頭痛や群発頭痛もまた、血液中のセロトニンの増加やその働きと関係があることがわかっています。抗てんかん薬の作用によってセロトニンの働きが弱められると、細胞の異常興奮も抑えられます。とくにパルプロ酸ナトリウムは、片頭痛群発頭痛にも効果があり、予防薬として使われます。

主な抗てんかん薬

  • バルプロ酸ナトリウム
  • カルバマゼピン
  • クロナゼパム

抗てんかん薬の効果

頭部神経痛の人は

痛み止めのために飲みつづける必要がある。長期間服用する場合は副作用の心配があるので、とくに中高年の人は肝機能検査を定期的に受けること。

片頭痛の人は

毎日定期的に飲むことによって、頭痛発作の回数が少なくなる。ただ、効果が現れるまでには最低でも1ヶ月ほどかかるので、すぐに効果が出ないからといって、勝手に服用を止めてしまわないこと。

群発頭痛の人は

毎日定期的に飲む必要がある。すぐれた効果が得られた人がいる反面、効かなかったという人もあり、効果に大きな差があることを理解しておく。

抗てんかん薬は急性の副作用として眠けが出やすいので、仕事などにさしつかえるときは医師に相談する。

降圧薬の抗セロトニン作用は、片頭痛、群発頭痛、労作性頭痛に効く

血圧を下げる薬が頭痛の予防に効果

降圧薬とは多種多様ありますが、なかでも頭痛の予防に用いられるのは

  • β遮断薬
  • カルシウム拮抗薬

の2種類です。
また、セロトニンという血液中の物質に作用する抗セロトニン薬も注目を集めています。
カルシウム拮抗医薬とβ遮断薬は、代表的な降圧薬で、一般には血管を拡張させて血圧を下げる薬として知られています。
降圧薬についての詳しい内容はこちらが参考になります。
では、なぜ血へんぐん管拡張型の頭痛である片頭痛や群ばつろうさせい発頭痛、労作性頭痛の予防に効果があるのでしょうか。

頭痛が起こる前には血液中のセロトニンが一時的に増え、血管が一度、収縮する。その後、セロトニンが血管の外に出ると、一度収縮していたために、その反動で血管が大きく拡張する。その結果、頭痛が発生する。降圧薬にはセロトニンが血管の外に出ないようにする作用があり(抗セロトニン作用)、これによって血管の拡張を抑え頭痛を予防する。

セロトニンに対する作用と血管拡張のコントロールがポイント

降圧薬の作用は次の2点です。

セロトニンの働きを抑える
片頭痛では血液中のセロトニンの量に変動があり、これが血管拡張に関係していると考えられています。
降圧薬はセロトニンの働きを抑え、血管を拡張させないようにして片頭痛の発生を防ぎます。
血管の拡張をコントロールする
血圧を下げるためには、一般に血管を拡張させます。血管拡張薬はそのための薬です。血管拡張型の頭痛では血管を広げる薬は、逆効果のようですが、血管の拡張をコントロールし、拡張を抑え、頭痛を防ぐと考えられています。

降圧薬の効能、効果

定義頭痛の予防薬1
セロトニンに作用して血管の拡張を抑えたり、拡張をコントロールすることによって、頭痛の発生を抑える発作予防薬
片頭痛群発頭痛労作性頭痛に効く
血管拡張型の頭痛である片頭痛、群発頭痛、労作性頭痛頭痛、に有効。予防効果もさることながら服用によって痛みの軽減や鎮痛薬などの効きをよくする効果も。
服用のポイント
片頭痛の人は、予防薬として、毎日服用。ただし効果があらわれるまでに4~6週間程度かかる。群発頭痛の人は、ほかの薬が効かない人に使われることが多い。群発期に予防薬として毎日服用する。労作性頭痛の人は、頭痛発作の引きがねとなる労作や刺激の30分~2時間前に服用する。

血管収縮薬は片頭痛、群発頭痛、低髄液性頭痛に効く

血管収縮薬は血管に作用Lて頭痛の発生を抑える

片頭痛や群発頭痛は、血管が拡張することによって、脈拍に合わせて痛みが起こります。したがって痛みを抑えたり、予防するには以下のような血管収縮薬によって、血管が拡張しないようにすれば頭痛をおさえることができます。

酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン
頸動脈の平滑筋に作用して動脈を収縮させます。
酒石酸エルゴタミン・無水カフェイン・イソプロピルアンチピリン
酒石酸エルゴタミンによる血管収縮作用のほかに無水カフェインとイソプロピルアンチピリンによつ鎮痛効果

血管収縮薬は、その作用から狭心症や心筋梗塞の既往歴ある人や妊娠中の人には使用できません。

血管収縮薬の効能

血管の拡張を抑えることにより頭痛の発生を予防・痛みを軽減する。

効果

片頭痛群発頭痛低髄液性頭痛
血管拡張型の頭痛に効果を発揮する。血管収縮作用によって血圧を上げることから、低髄液圧性頭痛にも効果がある。

  • 片頭痛の人…前ぶれや予兆・予感がある人は、これらが現れたらすぐに服用する。最低でも30分前の服用が望ましい
  • 群発頭痛の人…頭痛発作の起こるだいたいの時間が予測できるため、その約1時間前に照準を合わせて服用する
  • 低髄液圧性頭痛の人…血圧を正常値に近づけるために、毎日定期的に服用する必要がある

頭痛の場合病院の受診の際には問診が大事

頭痛の専門医にみてもらう

市販の鎮痛薬で痛みをコントロールできれば、あえて病院で受診する必要はありません。しかし、痛みが強く、寝こんだり日常生活に支障が出るようなときは、予防薬をはじめとする、医師の処方薬が必要になります。
慢性的な頭痛は、生命に関わることがないせいか、どうしても軽んじられる傾向があります。そんな状況で、頭痛の治療が得意な医師をみつけることは困難かもしれません。そこで、次の3点を参考にしてください。

  1. 問診をていねいにおこなって、頭痛の様子を聞いてくれる
  2. 疑わしいときや必要なときだけ、CTやMRIの検査をおこなう。
  3. 自分が慢性的な頭痛の治療が得意でなければ、専門医、または得意な医師に快く紹介してくれる

このほか、口コミによる情報なども意外に当たっているので病院探しの参考にしてもよいでしょう。
代表的な問診は次のようなものになります。

  1. いつから痛いですか?
  2. どんなときに、とくに痛くなりますか? 時間帯や季節と関係がありますか?
  3. どんなふうに痛いですか?
  4. 頭のどのあたりが痛いですか?
  5. お風呂に入ったり、冷やしたりすると治りますか?
  6. 頭が痛くなる前に、なにか症状や予感がありますか?
  7. 市販薬はどんなものを飲んでいますか?

CTやMRIだけでは解決しない

一般に頭が痛いとき、いちばん気になるのは重大な病気が原因ではないかということです。しかし、頭痛もちの人の慢性的な頭痛ではその可能性はゼロではないものの、さほど心配はありません。にもかかわらず「頭が痛い」といって受診すると、CTやMRIの検査が待ちうけています。しかも、結局は鎮痛薬を処方されただけで終わりということがあります。

医療機関にかかるときのポイント

  1. まず、慢性的な頭痛もちであることを申告する。いつもとちがう頭痛なら、そのことも必ず話す。生活に及ぼす影響なども説明する
  2. 市販の薬では抑えられないとか、頭痛の予防薬がほしいという希望を医師に伝える
  3. 自分の話を聞いてくれない、問診をあまりしない医師には2 度とかからない
  4. 意固地に検査を拒否する必要はないが、問診もせず、すぐに「検査をしましょう」という場合は要注意

市販薬の選び方

頭痛もちの約半数以上の人が欠かせないのが、市販の鎮痛薬です。ところで、自分が飲んでいる鎮痛薬のことをきちんと理解していますか? 「いまいち効きが悪い」という人はその薬でいいのでしょうか? 市販薬の正しい選びかたを勉強しておきましょう。
処方箋なしでドラッグストアーやネットで購入できる鎮痛薬はこちらです。
まずは、市販している痛み止めが効くかどうかも大切なポイントになります。効きが悪い場合には、きちんと医療機関の受診をします。

ちゃんと効く薬かどうか?

頭痛とのつきあいかたで重要なのは、頭痛によって寝こんだり、仕事や日常生活になるべく支障がないようにすることです。市販薬を飲むのもその一環です。
よく、市販薬でごまかすのはよくないと思っている人がいます。たしかに、いつもとちがう頭痛やほかの病気が疑われるときは病院でみてもらうことが必要です。しかし、慢性的ないつもの頭痛で、市販薬によって痛みを抑えてコントロールできるのであれば、それで十分です。ただし、どの薬が自分に合っているのかを見極めることが重要です。

市販薬の成分は主に3つ

非ピリン系
もっともポピュラーな鎮痛薬。アセトアミノフェン、アスピリン、エテンザミドなどが代表的な成分。軽度から中等度の痛みに有効。比較的即効性がある。アスピリンは胃をあらすことがあるので、胃粘膜を保護する成分と組み合わせてあるものが多い。アセトアミノフェンや工テンザミドは、アスピリンよりも胃をあらす心配が少ない
ピリン系
中枢神経に作用することから、強い痛みに効果的。スイッチOTC薬( 医療用の薬剤で市販薬にも使用が認められた成分) の1 つ、イソプロピルアンチピリン配合のものがある。ピリン系の薬は、まれにアレルギーを起こすことがあるので、薬剤師に相談のうえ、購入することがすすめられる
イブプロフェン系
イブププロフェンもスイッチOTC薬の1 つ。即効性が最大の特徴。痛み物質のプロスタグランジンの生成を抑え、痛みを鎮める。また、解熱・鎮痛作用もあるが、抗炎症作用がより強く、炎症がある痛みによく効く。副作用が比較的少なく、非ピリン系よりも胃をあらすことが少ない。ごくまれに、発疹やかゆみ、ぜんそくなどの副作用が起こることがある
そのほかの成分
カフェインまたは無水カフェインは、脳の血管に作用して拡張した血管を収縮させて痛みを抑える。とくに片頭痛の痛みに有効。ブロムワレリル尿素は、催眠鎮静剤。即効性がある短時間作用型の睡眠剤。頭痛ではひと眠りすると痛みが治まることがあるので、睡眠剤が配合されているものもある

自分に合った市販薬を見つけるには?

  1. 薬局・薬店で鎮痛薬・消炎鎮痛薬または解熱鎮痛薬と表示してある薬を買う
  2. 頭痛の前ぶれや予感ガあったら、すぐに服用する
  3. 痛みがおさまれば合っている
  4. 痛みがおさまらない場合、タイプのちがう~3種類の市販薬を試しても痛みがおさまらないようなら専門医を受診

[PR]フィーバーフューで片頭痛を緩和、予防する
鎮痛薬の副作用が気になる方はハーブなら副作用の心配がありません。

運動、動作に注意して労作性頭痛を防ぐ

労作性頭痛は、頭痛を誘発する動作や刺激などの引きがねをいかにしてさけるかが重要です。日常生活のなかで引きがねを引いてしまわないように、上手にさけるコツを身につけておきましよう。

頭痛を誘発する動作・刺激をうまくさけるポイント

労作性頭痛はその知名度が低く、周囲の人になかなか理解されないものです。
ただ「さぽり」や「怠け」と誤解されるのは困るので、きちんと説明をしたうえで、引きがねとなる動作・刺激をうまくかわしてくといいでしょう。それには次の3つのポイントがあります。

  1. まず、なにが引きがねとなるのか自分でも正しく理解する。
  2. 自分一人ですむ問題なら、注意して引きがねを引かないようにする。
  3. 必要なら医師に診断書を書いてもらって説明し、協力を仰ぐ。

引き金となる行動例

  • 走ると頭痛が起こる人はなるべく走らない
  • 重い荷物を持ち上げると図筒がする人は小分けにして持つ
  • せきをすると頭痛がする人は咳止めを服用

ベルト締め法や塩水で低髄液性頭痛の痛みをとる

ベルト締めや塩水と聞いてもピンとこないかもしれませんが、低髄液圧性頭痛の人には薬よりも効果がある頭痛解消法です。これで毎朝の頭痛から解放されることが報告されています。

いきんだり腹圧をあげることで頭痛を鎮める

低髄液圧性頭痛は、脳や脊髄を取り囲んでいる髄液圧が低下するために起こる頭痛です。髄液圧が下がると、脳や脊髄の周囲にある血管や神経などが影響を受けて痛みが起こるのです。したがって、髄液圧を上げて正常にすれば痛みも治まってきます。
では、髄液圧を上げるにはどうすればよいのでしょう?そもそも、なぜ髄液圧が下がってしまうのかがわかっていないのですが、髄液圧を上げるためには体に物理的に圧力をかけるという方法が考えられます。いたって単純な方法ですが、じつはこれが効果的なのです。

塩水を飲んだり水分補給

もう一つの方法は、髄液は体内にある液体の一種なのだから、体全体の水分量を増やして、髄液も増やしてしまおうという方法です。低髄液圧性頭痛の患者さんのなてんてきかには、病院で点滴を打ってもらったら頭痛が治ったという経験がある人もいるでしょう。つまり、点滴ではなく、口から水分をたっぶり補給するという方法です。また、低血圧との関係も深いことから、血圧を少し上げて頭痛を治すという方法もあります。高血圧の人が塩分をひかえめにするのと逆に、塩水などを飲んで塩分を多めにとって血圧を上げるのです。こうした生活療法を毎日続けて、朝の目覚めとともに起こる頭痛を自分で軽減したり、改善していきましょう。
血圧をあげるには、水分摂取と塩分摂取が手っ取り早く行えます。

髄液圧をあげる

  • ベルトを少しきつめにしめる
  • ベルトをきつめに締める。これで髄液圧が上がる。スカートのウエストのホックを少しきつめに調節してもよい。

  • 息を止めてクッといきんでみる
  • 頭痛がピークに達したとき横になれればよいが、できないときは患を止めて強くいきむと髄液圧が上がって頭痛が軽くなる。

  • ちょっときつめの下着でもよい
  • きつめの下着が効果的な場合もある。

食品や飲酒にも気を使いながら頭痛を防ぐ

頭痛を誘発する食品

頭痛のタイプのなかでも、食べ物と関係が深いのは片頭痛です。これまでに、ある特定の食品を食べると頭が痛くなるということが経験上わかっていれば、それを除外すればよいのですが、気がつかずにいるときは、ちょっと思い起こしてみてください。
頭痛のパターンを考えてみると意外に犯人が見つかることもあるので日記のようなものをつけてみるといいでしょう。
ひょっとしたら、頭痛を招く食品を口にしているかもしれません。アルコールは血管の拡張を促すので、やはり片頭痛の人は飲みすぎないようにしたほうが無難です。精神的にはストレス解消になりますが群発頭痛の人は頭痛発作が起こる群発期以外なら飲酒をしてもかまいませんが、群発期は激痛を招くことになるので絶対禁酒です。

片頭痛の人が気を付けるべき食品

  • 赤ワインや ビール に含まれる添加物
  • チョコレートに含まれるアミン
  • チーズに含まれるチラミン
  • ハムやソーセージ、サラミなどに含まれる亜硝酸塩(
  • ダイエット甘味料のアスパラギン酸や、カフェイン、うま昧調味料などのグルタミン酸ナトリウムも。
    食品も

群発頭痛の人は群発期に飲酒をすると、お酒を飲まないときよりも、さらに激痛になるおそれがあるので要注意です。群発期中はくれぐれも禁酒すること。群発期以外は飲酒は可能です。