月別アーカイブ: 2022年1月

飲む温泉水 ミネラルウォーター おすすめ 5 選

ミネラルウォーター 飲む温泉水 の おすすめ の紹介です。

温泉水 飲む温泉水

温泉水 飲む温泉水

日本には全国各地に温泉が数多くあります。中には、名湯や秘湯などといわれ、全国から入浴客が来て賑わいをみせているところもありますね。入浴することで体があたたまるほか、疲れをとる、痛みや傷を癒やすなどの効能があることや心身のリラックス効果があることは、よく知られています。また、「 飲泉 」といって、温泉によっては 温泉水 が飲めるところもあります。

温泉水 というのは、地熱によって 25 ℃ 以上に温められた地下水のことですが、その 温泉水 が ミネラルウォーター として販売されていたりします。市販されている温泉水は、ろ過されたりして味も調えられているのですが、中には自然のままの 温泉水 に手を加えることなく飲用できる ミネラルウォーター もあるといいます。

これから、おすすめの 温泉水 ( ミネラルウォーター )を紹介していきます。

温泉水99
鹿児島・垂水温泉の天然アルカリイオン水 温泉水99 。「 ミネラルウォーター 」として販売されている水の中には、ミネラル分を人工的に添加しているものもありますが、 温泉水99 は、ブレンド一切無しの 100 % 天然水です。地下 750 メートルから汲み上げられた水で、安心・安全な環境のもとボトリングされています。
財宝 温泉水
ミネラルウォーター 財宝 財寶温泉 の採水地は、鹿児島県のシンボル「 桜島 」を望む 垂水市で、地下 1,000 メートルの深さのところから湧き出す水を採水しています。財宝垂水工場では、プリフォームという試験管状の筒からペットボトルを成型し、財宝 温泉水の無菌充填までが一貫して生産されています。
飲む 温泉水 veil
飲むおんせんVeil ( ベール )は、天然のミネラルがバランス良く含まれた、健康にも美容にも良い温泉水です。その昔、武田信玄が北条氏との合戦の際に負傷した武士を入浴療養させたという、神奈川県西丹沢・中川温泉が源泉です。10年という長期保存が可能で、災害用保存水としても役立ちます。
飲む温泉 観音温泉
伊豆奧下田の観音温泉水をそのままボトリングした 100 % 温泉水。温泉敷地内に隣接している充填工場で、空気に触れなうよう直接ボトリングされています。まろやかな口あたりが特徴の超軟水でありながら、 pH 値 9.5 というアルカリ性の強い泉質が体のイオンバランスを優しくサポートしてくれます。
月のしずく
和歌山県の 高野山麓 橋本市 神野々( このの )の地下 50 メートルから湧き出る 地下水 の「 金水 」と、そこからさらに 1,000 メートル以上も深い地層から汲み上げられた鉱泉水の「 銀水 」がブレンドされたナチュラルミネラルウォーターです。中硬水ではありますが、濃度が飲みやすいように調整されています。

国産 超軟水 ミネラルウォーター おすすめ 10 選

国産 軟水 ミネラルウォーター おすすめ 5 選