月別アーカイブ: 2014年6月

「部分やせ」は「取る」のでなく「つけない」考え方を

つけないようにすれば自然に結果がついてくる

多くの人が期待する、「ヒップの脂肪を取りたい」というような「部分やせ」ができるか否かについては、多くの考え方や方法があります。
また部分に脂肪がつき過ぎるのには、遺伝体質的なもの、体のゆがみが引き起こすものなど、いくつかの原因が考えられます。しかしここでは、「部分やせ」のポイントとなる体脂肪に絞った基本的な考え方のみ述べておきます。
その基本とは全身的に脂肪を落とすダイエットを継続することです。体脂肪が最初に消費される部分は、人によって遠いますが、体全体から脂肪が減ることによって、徐々にターゲットの脂肪も減り始めるはずです。
それと同時に、気になる部分に「二度と脂肪をつけない」という「部分太り」をもうしない、させない対策が重要です。

考え方は簡単です。普通の運動に気になる部分(おなかとか二の腕、首周りなど)を動かすエクササイズをプラスしていくのです。どうせ全身からやせるのですから、「部分やせ」ではなく、運動によってカラダ全体を引き締めて、リバウンドなどで「部分太り」になることを防ぐわけです。むしろ筋肉をつけて、その部分を美しく見せることが大事です。「筋肉をつけて美しく」これもダイエットの鉄則です。

エネルギーは使い切ってしまうかまたは、貯めこまないのが鉄則

「全身および気になる部分に脂肪をつけないようにする」、この点について生理学的な観点も加え、もう少し具体的に考えてみましょう。体脂肪をつけないようにするポイントは、次の2点です。

  1. 運動によって脂肪細胞から溶け出た血液中の遊離脂肪酸を、運動エネルギーとして消費して、再び脂肪細胞にためないこと
  2. 食事でとった脂質や糖質を、体脂肪(中性脂肪)に変化させないこと

まず運動によって上手に体脂肪を引き出します。運動前にプロテインやアミノ酸を活用するとウォーミングアップ効果、疲れにくくなるなど運動の継続を助ける効果が期待でき、効率のよい体脂肪燃焼が図れます。
またレジスタンス運動は成長ホルモンの分泌を高め脂肪分解を促進し喜ので、タイミングよく行なえば、血中に溶け出てきた遊離脂肪酸をその後の有酸素運動などで効率よく消費することもできます。
また食事もl度に多量の脂質や糖質をとると、消費されずに残ったエネルギーは体脂肪として備蓄にまわされてしまいます。日々の食生活で、食事の回数を分ける、就寝前の食事は極力避けることなどが必要でしょう。そこに「部分太り」対策として、気になる部分をターゲットとしたエクササイズを加えるのです。
気になる部分をエクササイズする理由は、そうすることにより、その部位の血行や交感神経が刺激を受けて活発化し、β3アドレナリン受容体などが稼動して、その部分の細胞中にある熟を発生させるミトコンドリアの活動がさかんになる、というエネルギー代謝のプラス面が強く現れるからです。もちろんその部分に筋肉をつけて美しくみせるというボディデザインもねらいです。

「ゼロ」より「1」の思考

やらないよりはマシという考え方

ただし、節約型の生活からこうしたちょっとずつのエネルギ1消費を積み重ねる『エネルギー浪費型』の生活に変身しても、きちんと定期的に運動している場合に比べ、目に見えるようなダイエット効果は大きくは期待できません。そこですみやかなダイエット効果を求める方は、できる範囲の食事制限とダイエット用のサプリメントをこの生活に追加することです。
この作戦で、カラダのエネルギー収支をとにかくマイナスにしておけば、ダイエットに良い影響を与えていくことでしょう。
逆に、「食事制限もしない」「サプリメントもとらない」という状態で、日常生活をいくらこまめにチェックして、エネルギーをより消費する傾向に変更しても効果には限りがあります。
「目に見える減量」という形に反映してくるまでには、かなりの時間がかかるかもしれません。あるいは現状維持が精一杯かもしれません。それでも、続けるべきなのは言うまでもありません。繰り返しますが、「やらないよりは実行した方が絶対いい。継続は力なり」というのは、この方法における正しい考え方なのです。

わずかなエネルギーでも消費を継続すると

1日に消費するエネルギー

1日のエネルギー所要量(日本人)は、年齢、性、生活強度をもとにして、決まります活動代謝は筋肉の動きによって起こるものですが、下表を参考にしてください。

日常生活における活動量と運動量 運動を1時間行ったときのエネルギー消費量
男/60kg 男/70kg 女/50kg 女/60kg
散歩・買い物などのゆっくりした歩行 90 105 70 90
通勤時などの普通歩行 130 150 100 120
自転車 160 180 130 150
通勤時などの急ぎ足 210 250 170 210
階段 280 320 220 270
エアロビクス 240 280 220 270
テニス 300 420 290 220
ゆっくりしたジョキング
(毎時120m)
360 420 290 350
ランニング
(毎時200m)
720 840 590 700
水泳(平泳ぎ) 730 840 590 700



ウォーキングが流行したり、「日1万歩」歩きましょうと言われますが、同じ歩行でも「ゆっくり」「普通」「急ぎ足」で、消費量にはかなりの差が生じることがおわかりでしょう。

このように普段の生活をテキパキ片づけたり、急ぎ足で歩くということが、実は、歩数だけ1万歩を越えたと言って喜んでいるよりは重要なのです。
余裕のある人はウォーキングを楽しめばいいし、そうでない人はサッサッと骨盤を使って急ぎ足で歩くことも、ダイエットには有効です。あなどれない積み重ねここにあげた表によれば、軽めの生活強度であっても、まとまれば1日で200~300kcalの消費を上乗せできます。アイロンがけを1時間ぐらいした場合、70~100kcal、部屋中の掃除では100~120kcal、通勤や買い物で100~150kcal、ちょっと速足で数十分通勤や買い物をすると150~200kcal以上も消費するのです。あなどれない数値です。その人の体重や性別によって消費するエネルギーに多少幅が出ますが、いかにこまめに動き回ることが重要かこの表を見るとわかります。
どうせなら、いつもの掃除やアイロンがけ、毎日の買い物などもこまめに行ない、徒歩や自転車のスピードを少しだけ速めにしてみる。通勤の道筋を少しだけ遠回りする。こんな試みをしていけば、ずいぶんと安上がりのダイエットサポートができて、お薦めできます。食事制限によるエネルギー制限でも、無理のないところは一日あたり200~400kcalということが多いので、ここに挙げたような生活習慣のリセットはあながちムダにはならないはずです。