月別アーカイブ: 2020年3月

「気」を流すと、痛みやコリ、疲れがなくなる

人間の体には「ツボ( =経穴)」があります。その数は全身に300以上にも上りますが、ツボとツボの間には経絡という道があり、そこを流れているのが「気」です。

気とは神経のことでもなければ、血液やリンパの流れでもありません。3000~4000年も前から、中国の医学ではこの「気の流れ」を重視しており、病気は「気が滞る」ことで起きると考えられています。

気の流れを改善することでうつ病を治した実際の症例

気の流れの不良は体の痛みにつながります。気とは言葉を変えれば、体内のエネルギー のようなものだといえます。人間は血液の循環や筋肉の収縮、リンパの流れ、内臓の状態が円滑ならば、生命反応がしっかり出ます。

その生命反応を与え続ける流れこそが、「気の流れ」なのです。気を流すには、ヒーリング、気功、鍼灸治療、指圧きの方法が効果的です。また遠赤外線の照射、温泉、岩盤浴なども気の流れを改善します。

中でも鍼治療は、ダイレクトに効きます。腰痛や肩こり、頭痛などがある人には、特におすすめです。鍼治療には、不調のある部分に直接鍼を打つ「局所治療」と、経絡上のポイントとなるッボに鍼を打つ「経絡治療」があります。

局所治療では痛みはいったん治まっても、またぶり返すことが多いのですが、経絡治療は全体の気の流れをよくするため、効果に持続性があります。私は鍼治療も診療に取り入れていますが、痛みを軽くするのに、鍼には目覚しい効果があります。

ガンの転移で背中全体がひどく痛むという患者さんに、鍼を右足と左足に一本ずつ打っただけで、モルヒネでも治まらなかった痛みが消えたこともありました。

残念ながら西洋医療では、こういった気の流れのようなものは、ほとんど重視されることがありません。しかし痛みや疲れといった個人によって感じ方が異なる、主観的な症状の改善には、気の流れをよくするといった治療は、とても効果があると私は考えています。気の流れをよくするには、ストレスをうまく発散して、心の安定を図ることもとても大事です。笑ったり、気持ちを明るくもつように意識することで、全身の気の流れがよくなります。

乳ガン治療の副作用(食欲不振、だるさ、不眠)が煙らん温灸でかなり軽減できた

ストレスとうまく付き合って、酵素の無駄づかいを防ぐ

100年に一度といわれる世界的な大不況。そして国内に目を向ければ、今まで安泰だと思われていた大会社までが、大幅な人員削減に着手し、正社員の方たちでさえその立場は安泰ではなくなってきました。

そんな社会を背景にうつ病にかかる人も倍増しており、日本の自殺者は減る気配はなく、年間3万人以上の尊い命が消えていっています。

しかし果たしてこれらすべてを、「世の中が悪いのだ」という言葉で片付けることができるでしょうか?

大きな試練が与えられたとき、自分の力ではどうすることもできない事態に陥ったとき、人はこれを乗り越えることで、思わぬ力を発揮することがあります。この世の中に、ストレスのない人はl人もいません。生まれたばかりの赤ちゃんから100歳のお年寄りまで、ストレスはどんな人にもあります。現代社会においては、「ストレスとうまく付き合っていく」くらいの気持ちをもっていないと、生きていけなくなってしまいます。

また体に痛みやコリがある人は、物理的な要因だけでなく、心理的な要因からその症状が悪化することもあります。

さらに胃炎や胃潰瘍は、精神的なストレスが原因で一気に発症し、病状があっという間に進んでしまうこともあります。

怒り、ねたみ、嫉妬、イラつき、焦り、不安などといった悪い感情は、交感神経を刺激して緊張を促し、副交感神経を奏縮させてしまいます。そのため程度の差はあれど、食欲がなくなったり、胃腸の動きが麻痔したりします。過度のストレスや自分自身が抱く悪感情は、肉体にも深刻なダメージを与えるのです。

ではストレスを上手に解消するには、どうすればいいでしょうか?まずは1日に一回、大笑いすることを心がけてください。「笑えるようなおもしろい出来事がない」などといわずに、とにかく気持ちを明るく持つことが大事です。テレビのお笑い番組でも、ギャグ漫画でも、寄席でも何でもかまいません。

あなたが興味をもてるものを見つけて、思いっきり楽しみましょう。笑っているうちに、嫌なことはたいてい忘れてしまえるものです。しかも笑うことは、NK (ナチュラルキラー細胞) などの免疫細胞を活性化してくれます。

笑いは「免疫力を高める」特効薬 | 免疫力アップで疲れ知らずの体

そして嫌なことや不安なことがあったら、一人で溜め込まず、信頼できるまわりの人に話しましょう。悩みやつらい気持ちを自分の中に溜めていると、どんどん悪い方向へ考えが展開していってしまうことはよくあります。

身近な人には話しつらいのであれば、カウンセリングなどを利用するのもとてもいい方法です。また朝起きたら「今日も楽しんで1日過ごそう」と、自分の心に励ましの声をかけてあげましょう。

こうすると、1日がたいへんよいものになります。瞑想をして、頭を空っぽにするのもいいでしょう。10~20分程度でも、大いに頭のリフレッシュに役立ちます。

過度のストレスは、体内酵素の無駄づかいにもつながります。夜中まで愚痴をいいながらやけ酒を飲んだり、やけ食いばかりしていたら、心理的にも肉体的にも悪影響が波及していってしまいます。ストレスとうまく付き合えるようになると、病気にもかかりにくくなり、心身ともに健康をキープできるようになります。ぜひみなさんもストレスに負けず、ニコニコ楽しく長生きを目指しましょう。

激しいスポーツは、不健康と痛みの原因になる

適度な運動は健康に欠かせない」のは言うまでもありませんが、最近「ハードなスポーツは体に悪い」という説が唱えられはじめています。

運動をまったくしないと体に悪いことは誰にでもわかりやすいのですが、運動をしっかりすることが体によくないというのは、どうしてかと疑問に思う人も多いことでしょう。なぜハードなスポーツは体に悪いのでしょうか?

ショウジョウバエを使ったこんな実験があります。ショウジョウバエを同じ数になるように2つのグループに分け、片方は容量が250平方メートルの小さなガラス箱に、もう妄は27000立方センチメート〜の大きなガラス箱に入れて飼い、どちらに長生きするものが多いかを調べてみたのです。

その結果、小さい箱で飼われたショウジョウバエが78日間生きたのに対して、大きな箱のほうは、その半分以上の長さのわずか33目しか生きられなかったそうです。

普通は広い場所で飼われているほうが、十分運動ができていいように思いがちです。しかし小さな体のショウジョウバエにとって、だだっ広い空間を飛び回って生活することは、ハードな運動を強いられる環境です。運動をすると、エネルギー代謝のために大量の酸素を取り入れますが、その時これに応じて多量の活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は病気や老化の原因となります。人間を対象にした調査でも、体育学部がある国立大学の卒業生の死亡者について、学部別に平均寿命を割り出したところ、体育系の卒業生が60.8歳だったのに対し、文科系と理科系は共に66歳の平均寿命だというのです。

つまり「激しい運動をすると、活性酸素が体内に大量に生じて、これが引き金になってさまざまな病気にかかったり、老化を早める可能性がある」というわけです。

またスポーツを過度に行うと、筋肉やじん帯を傷めたり、骨粗鬆症にもなりやすくなります。

骨粗鬆症についての詳細はこちら

特に若い頃あまり運動する習慣がなかった人が、中高年になってから激しい運動をいきなり始めることは、大変危険です。心臓に負担がかかって心筋梗塞を起こしたり、最悪の場合突然死してしまうこともあります。

プロのスポーツ選手の中には、ガンや白血病で若くして亡くなる方がいます。もちろん激しい運動だけが原因ではないと思いますが、何かしら因果関係があるのではないかと想像できます。

特に極限まで自分を追い込んで行うトレーニングは、メンタル面でも大きな負担がかかります。心身のバランスをとりながら、トレーニングを積んでいくことが欠かせません。

スポーツ選手は食生活をはじめ、しつかりと健康管理をしながら、ハードな練習をこなしていく必要があるのです。そして現役を退いたら、大幅にライフスタイルを改善しなくてはなりません。

結局「ハードなスポーツは寿命を短くするおそれがある。極端な運動不足も、病気になりやすい体をつくるおそれがある。健康で長生きするには、適度な運動が不可欠である」といえるのではないでしょうか。

みなさんも健康づくりのため運動をするのはいいのですが、決して無理しないように気をつけてください。特に「学生時代運動部だったから、トレーニングメニューはわかっている」などと思っている体育会系の人は、自分の体力を過信せずに、無理のない運動をするよう心がけましょう。

酸化ストレスが動脈硬化を進行させる