月別アーカイブ: 2014年7月

夏の冷えにも冬の冷えにも入浴

皮膚への刺激が効果的

毎日の生活にすぐに取り入れやすいのは、何といっても入浴法です。シャウーだけでなく、湯船につかるようにするのが大切です。
40度前後のぬるめのお湯にゆったりつかれば、温熱効果で、体が芯まで温まります。体の中でもっとも広い面積を持っているのは皮膚です。入浴(半身浴、反復入浴) やかけ水、マッサージなどで皮膚を刺激すれば、体が活性化されて、冷え症の解消に大きな効果があります。

冷え性には熱いお風呂は逆効果

冷え症の人は熱いお風呂を避けましょう。急激な体温上昇の後には、体を冷やそうとする力が働くためです。湯冷めする人は、お風呂の温度が熱いのではないでしょうか?
また、入り方によっては、サウナも体を冷やしやすいので注意します。美容には熱いお風呂を活用する方法もあります。美肌目的に熱いお湯を使うのはこちら(https://mineralwater-facialspray.com/archives/87

お札呂上がりに「かけ水」

どの入浴法でも、最後は水をかぶって締めくくりましょう。温まった体を水で冷やすと、毛細血管が一瞬でキュッと引き締まり、その後広がります。
これで毛細血管の働きが活発になります。
かけ水は、湯冷めを防ぎ、風邪をひきにくくします。毛穴が引き締まり、肌がすべすべになります。それに、自律神経を刺激し、末端の血管運動を正常な状態に戻す効果もあるのです。
お風呂上がりに、ひざより下、ひじより先、顔と首筋など、心臓から遠い場所に水をかけます。全身にかぶるとさらに効果的です。夏の聞から始めて、冬でも水をかぶれるように、体を慣らしていきましょう。

入浴剤の活用

何も入れないお湯(さら湯)と比べて、何かを入れたお湯のほうが体全体を温めます。
入浴剤を入れたお湯に入れば足腰が温まり湯冷めしにくくなります。
使用する入浴剤は市販の入浴剤、温泉のもと、なんでもいいでしょう。
アロマに使う精油(エッセンシャルオイル)にもリラックス効果があります。その他、家庭にあるものも利用可能です。

  • 浴槽に大さじ1杯の塩を加えます。できれば天然塩がよい。

  • 酒(日本酒・ワイン)

    アルコール14度程度の清酒かワインをコップ1杯(180cc程度)お湯に加えます。

やっぱり入浴で体を温めるなら「半身浴」

半身浴は、バスタイムをゆっくりとれる場合におすすめ。アロマテラピーや、入浴剤を組み合わせれば、リラクゼーション効果が高まります。

  1. ちょっとぬるめに感じるお湯(40度以下) を湯船にはります。水位はおヘソより3cm上を目安に。
  2. 湯船に入って下半身を温めます。寒い場合には、肩にタオルをかけて。
  3. 3分ごとに上半身のみ、下半身のみをお湯に入れる方法もあります。
  4. 汗が出てくるまで、20分以上入ります。最後に心臓に遠い所からかけ水をしましょう。

ダイエット効果が高い「反復入浴」

むくみが解消し痩せる

反復入浴は、体のむくみがとれて、やせる入浴法としても知られています。また、湯船から出たり入ったりを繰り返すことで、体を芯から温めます。
時間的にゆつくりと半身浴ができない場合や、シェイプアップ効果もほしい人に最適です。基本は、湯船に入って温まり、湯船から出たらボディブラシでマッサージしながら体を洗う、の繰り返し。入浴にかけられる時間によって、マッサージの時間を調整しましよう。マッサージは「心臓に向かって」するのがポイントです。国数はそれぞれの箇所で30 回ずつが目安ですが、国数を減らしてもかまいません。

メリットが多い反復入浴

反復入浴は、冷えに効くのはもちろん、ほかにもいろいろな効果があります。入浴で体を温めることで、新陳代謝がよくなります。
体の芯から温まると、血行やリンパの流れがよくなり、体の内部についた脂肪の代謝が促進されます。また、発汗作用により、毛穴の老廃物が排泄され、皮膚がきれいになります。水分代謝もよくなり、む<みがとれます。マッサージの効果によって、脂肪の代謝を高め、皮下脂肪がとれやすくなります。
反復入浴で必要なのは、たった2つだけ。身近な道具を使って始められます。

  • ボディーブラシ…ブラシは、柄のない小型のものが最適。マッサージと同時に、ストレッチ効果もあります。皮膚の強さに合わせて、少し硬めの毛足のもの、天然素材のものを選びます。
  • 石けん…好みのものを選びましょう。アロマテラピー効果のあるハープ入りもグッド。気持ちよいバスタイムがリラックス効果を高めます。

反復入浴のやり方

  1. 湯船に2~ 分浸かる。まず、湯船に浸かって体を温め、渡船から上がってマッサージに移る。2~3分の目安は鼻歌1曲分くらい。
  2. 右足部分のマッサージブラシにせつけんをつけて泡立て、心臓よりも遠い部分からマッサージ。右足のつま先→足の裏 (指先からかかとに向けて)→ふくらはぎ(ふくらはぎの茄肉を足首からひざに向けて押し上げるように)→太もも(太ももの裏側、表側を下から上へ向けて)
  3. 湯船に浸かる。
  4. 左足部分のマッサージ右足と同じプロセスを、左足で行う。
  5. 湯船につかる
  6. ヒップ・おなかのマッサージ太ももからヒップにかけて、下から上へマッサージ。おなかは時計回り(右周り) に円を描くように。
  7. 湯船に浸かる。
  8. 上半身のマッサージ右手の指先→ひじ、ひじ→二の腕、というように、下から上へ向かってマッサージ。左腕も同様に。バスト→ニの腕→バストへとブラシを移動させ、バストのまわりを下から円を描くように。左側も同様に。ウエスト外側からお顔に向かって内側にマッサージ。
  9. 背中、左の手で下から上へ右手で上から下マッサージ。
  10. 湯船につかる
  11. お湯から上がるときに心臓から遠いところから「かけ水」をして引きしめる。

十分な酸素をしっかり取り込む

浅い呼吸は体が温まらない

冷え症の血行不良には、「呼吸が浅い」ことが関係しています。呼吸が浅いと、体内に入ってくる酸素の董が少なくなります。少ない較素を一月効に使うために、体は大事な臓器に優先的に酸素を運びます。だから、末端まで酸素が行きわたらずに、手足が冷えるのです。呼吸を深くして、酸素の吸入量を増やしてあげれば、体のすみずみまで酸素が行きわたり、冷えが解消されるというわけです。現代人は特に酸素が不足状態にあるので意識して酸素を取り込むことで体に元気が生まれてきます。冷えにも十分な酸素が必要だということをまずは頭にいれておくことが大切です。

複式呼吸がよい

深い呼吸をするためには、腹式呼吸を行います。最初は、腹式呼吸をしようとすると、息苦しく感じます。それもそのはずそれまで意識せずに行っていたものを、意識して行うわけですから、自然な状態でなくなり、体がどうしてもリキんでしまうのです。慣れてきたら、すっと楽にできるようになりますので、安心してください。腕や体の動きを組み合わせると、さらに楽にできるようになります。

頭にイメージする

腹式呼吸には、リフレッシュ効果があり、気分転換にも最高です。酸素が体中に行きわたるので、頭がスッキリするのです。さらに、体のすみすみまで温かくなります。朝起きたときや、疲れたときに実行してみましょう。
ふとんに横になっているときに練習すれば、だんだん慣れてきます。腹式呼吸をするときは、「体中にたまった汚い物をすべて吐き出して、新鮮な空気が体のすみずみまで行きわたる感じ」をイメージします。

いすに座って腹式呼吸の正しいやりかた

  1. 背筋を伸ばして楽な姿勢で椅子に腰掛ける。
  2. 心の中で1~10まで数を数えながら、ロから息をゆっくりと吐き出す。
  3. 手を左右から開き、頭に向かつてゆっくり上げながら、1 ~5まで数を数え、鼻から息を吸い込む。しぼんだ風船が膨らんでいく婆を思い浮かべる。
  4. 空気を吸い込んで、もう入らないくらいいっぱいだと感じたら、2秒ほど息を止める。手の動きは、上に来た状態でストップ。
  5. 1~10 まで数を数えながら、口からゆっくりと細く息を吐き出す。上げていた手は件の前を交差して下げていく。
  6. 3から繰り返し、体がほかほかと温まってくるまで行う。

床に座って行う腹式呼吸の正しいやり方

  1. 床に正座して、両手を上に上げる。
  2. 口から息を細く吐き出す。心の中で1~10まで数を数え、に倒していく
  3. 息を吐ききったら、1~5 まで数を数えながら息を吸い込む。下腹部を膨らませるような気持ちで、息を吸し、ながら上体を起こす。
  4. 両手を頭の上に上げながら、たっぷりと空気を吸い込む。その状態で、2秒ほど息を止める。
  5. 2から繰り返し、体がほかほかと温まってくるまで行う。

いつもの生活で20分だけ運動不足を解消する時間を確保

筋肉がポイント

冷え症のあなたは、たぶんあまり運動をしていないのではないでしようか? 当然、筋肉も弱っているはす。使わないでいると、筋肉はやせていきます。そして、体力が落ち、活力がなくなり、老化が進んでいきます。そう考えると運動不足には注意しなければなりまえsん。こと
筋肉は体を温め、冷えた皮下脂肪は体を温めにくくします。筋肉がしっかりすれば、効率よくエネルギー生産ができるようになります。
じっとしているときでも、工ネルギ一代謝がよいので、体温調節ができるのです。そう言われてみると筋肉質の人に、寒がりは少ないのです。
一方、皮下脂肪の多い人は、体のまわりに保持剤をくっつけているようなもの。体全体がまるで冷蔵庫になっているのです。寒がりのあなた、身に覚えがあるのでは?だから、冷え症を改善するには、筋肉繊維をしっかりさせるのが一番です。いきなりハードなスポーツをするのは大変ですから、まずは「運動不足の解消」からスタートしましよう。

汗をかく運動がおすすめ

息づかいが激しくなって、汗をかくような運動は、体内の血のめぐりをよくします。「血のめぐりをよくするクセ」をつけてあげれば、すみずみまで血が行きわたる体に変わります。
また、「筋肉を増やし、エネルギー生産力(熱発散力)を高める」と、脂肪が減り、スリムで健康な休作りにつながります。無理をしない程度の運動を続けるのは、体にとってプラスになることが多いのです。

生活の中にウォーキングを取り入れる

できることなら、「歩くために歩く」ウォーキングが最適です。でも「荷物を持たず、歩きやすい靴で、正しい姿勢で一定時間歩く」というのは、ちょっと大変ですね。そこで、日常生活の中でできるウォーキングスタイルを紹介します。

  • ヒールの高い靴、歩きにくい靴で長時間歩くのは逆効果。歩きやすいウォーキングシューズかジョギングシューズを履きましょう。通勤時にはウォーキングシューズを使い、オフィスに着いたらパンプスやビジネスシューズに履き替えるのがいいでしょう。

  • 重い荷物を持って歩くのも、体に負担をかけます。片方の肩にかけるショルダーバッグなどは、背昏のゆがみも心配。そこで、両手があくように、背中に背負うデイパック型のカバンを選びましょう。

  • 歩く姿勢

    背筋を伸ばし、両手をふって、大きめの歩幅で元気よく歩きます。

  • 楽をしない習慣

    エレベーター、エスカレーターを使わずに、階段を使うようにします。バスに乗る距離を歩いてみたり、電車もー駅手前で降りてその分歩いてみるのはいかが? 天気のよいときだけでも試してみるといいでしょう。

1日20分のウォーキング

歩く場合でも、早足でも、駆け足でも、1日20分実行してみましょう。速度は個人差がありますが、ますは「にこにこぺ- ス」からスタート。
にこにこぺ- スとは、にこにこと人と話しながらできて、しかも心拍数は上がっている程度の状態です。体力がついてくると、同じ20分でも距離が伸びてきます。こうなるとだんだん楽しくなってきます。

ウォーキングの後は体を温める

汗をかいた後はお風呂かシャワーで汗を流しましょう。冷え性がひどい人は、その後はカイロをベタリ。これぞ体が温まります。汗をかいたときは、上昇した体温を下げようとする力が働くので、一時的に体が冷えます。特に運動を始めてすぐの頃は、かえって体が冷える感じがしますが、運動を続けていけば温まる体に変わっていきます。

【靴】