酵素生活」カテゴリーアーカイブ

質の高い水を選んで、体を若返らせよう 日本人の口に合うのは軟水

よく耳にするかもしれませんが、人間の体の約60%は、水からできています。また細胞の85%は水です。

水をたっぷり摂ることは、私たちの体の代謝をよくして、老廃物の排出を促すのに欠かせません。酵素にとっても、よい水は必要不可欠です。酵素はとてもデリケートで、どんな場所でも活動できるわけではありません。水分が少なかったり、なかったりすると、酵素は活性化できないのです。

水は酵素という媒介のさらなる媒介という役割も担っているわけです。私はファスティング(半断食) をするときは、毎日コップ10杯以上の水をのみます。水をたっぷり飲むことで、半断食中のデトックス(解毒)がスムーズに進むためです。

しかし、質の悪い水を体に入れてしまうと悪影響がでることがあります。質の高い水を毎日摂取したいものです。それにはどんな水を選べばいいでしょうか?

「よい水」とは次のような特徴があります。

  1. 還元された水であること
  2. 中性に近い弱アルカリ性(pH 7.4 〜8.0 )の水 桜島活泉水が特におすすめです。
  3. クラスター(分子集団) が小さい
  4. 人体に有害な物質が検出されない
  5. 無色透明で悪臭がしない。無臭である
  6. いろいろなミネラルが微量でも存在している
  7. 水に溶け込んでいる酸素(溶存酸素) が多い
  8. 還元力( マイナスイオン) が強い

こういった性質の水は、酵素を活性化させると同時に、飲んだときに体内酵素を活性化するのにも役立ちます。

では具体的にはどんな水のことかというと、山間のわき水や天然のミネラルウオーターなどが、これに当てはまります。しかしなかなか天然の水は入手しにくいものです。市販のミネラルウオーターでもかまいませんが、産地や成分などをしっかりチェックしてから買うようにしましょう。

桜島活泉水なら安心です。

水を飲むときに、レモンやミカンの搾り汁を入れると、アルカリ性に傾くので、体によい水になります。さらにフライパンで10数分焼いた塩を水にパラパラと入れると、還元力がある水になります。

焼いた塩は「還元塩」になるからです。レモンかミカンの搾り汁+焼いた塩を入れることで、自宅で「アルカリ還元水」が手軽にできるわけです。なお水道水には、消毒のために塩素が添加されています。水道水をそのまま飲むのは、あまりおすすめできません。

最近では浄水器も普及していますが、塩素だけでなく、水に含まれる貴重なミネラル成分まで取り去ってしまうような器械は避けたいものです。

水の飲み方としては、朝起きてすぐにコップ2~3杯くらい飲みましょう。朝の排泄がスムーズになります。

さらに毎回の食事の1時間くらい前に、200~400 ccずつ飲み、1日トータルで2000 cc近くを摂取するのが理想的です。

特に腎結石、尿路結石などがある人は、質の高い水をたっぷり飲んでいると、自然に排尿とともに石が出てきて、病気が治ることがよくあります。あなたの酵素を活性化させて、元気に毎日を過ごすために、質のよい水をたっぷり飲む習慣を身につけましょう。

日本人の口に合うのは軟水です。硬水はミネラルがたっぷり含まれますが、味が独特で続きません。

日本の超軟水はこちら。

激しいスポーツは、不健康と痛みの原因になる

適度な運動は健康に欠かせない」のは言うまでもありませんが、最近「ハードなスポーツは体に悪い」という説が唱えられはじめています。

運動をまったくしないと体に悪いことは誰にでもわかりやすいのですが、運動をしっかりすることが体によくないというのは、どうしてかと疑問に思う人も多いことでしょう。なぜハードなスポーツは体に悪いのでしょうか?

ショウジョウバエを使ったこんな実験があります。ショウジョウバエを同じ数になるように2つのグループに分け、片方は容量が250平方メートルの小さなガラス箱に、もう妄は27000立方センチメート〜の大きなガラス箱に入れて飼い、どちらに長生きするものが多いかを調べてみたのです。

その結果、小さい箱で飼われたショウジョウバエが78日間生きたのに対して、大きな箱のほうは、その半分以上の長さのわずか33目しか生きられなかったそうです。

普通は広い場所で飼われているほうが、十分運動ができていいように思いがちです。しかし小さな体のショウジョウバエにとって、だだっ広い空間を飛び回って生活することは、ハードな運動を強いられる環境です。運動をすると、エネルギー代謝のために大量の酸素を取り入れますが、その時これに応じて多量の活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は病気や老化の原因となります。人間を対象にした調査でも、体育学部がある国立大学の卒業生の死亡者について、学部別に平均寿命を割り出したところ、体育系の卒業生が60.8歳だったのに対し、文科系と理科系は共に66歳の平均寿命だというのです。

つまり「激しい運動をすると、活性酸素が体内に大量に生じて、これが引き金になってさまざまな病気にかかったり、老化を早める可能性がある」というわけです。

またスポーツを過度に行うと、筋肉やじん帯を傷めたり、骨粗鬆症にもなりやすくなります。

骨粗鬆症についての詳細はこちら

特に若い頃あまり運動する習慣がなかった人が、中高年になってから激しい運動をいきなり始めることは、大変危険です。心臓に負担がかかって心筋梗塞を起こしたり、最悪の場合突然死してしまうこともあります。

プロのスポーツ選手の中には、ガンや白血病で若くして亡くなる方がいます。もちろん激しい運動だけが原因ではないと思いますが、何かしら因果関係があるのではないかと想像できます。

特に極限まで自分を追い込んで行うトレーニングは、メンタル面でも大きな負担がかかります。心身のバランスをとりながら、トレーニングを積んでいくことが欠かせません。

スポーツ選手は食生活をはじめ、しつかりと健康管理をしながら、ハードな練習をこなしていく必要があるのです。そして現役を退いたら、大幅にライフスタイルを改善しなくてはなりません。

結局「ハードなスポーツは寿命を短くするおそれがある。極端な運動不足も、病気になりやすい体をつくるおそれがある。健康で長生きするには、適度な運動が不可欠である」といえるのではないでしょうか。

みなさんも健康づくりのため運動をするのはいいのですが、決して無理しないように気をつけてください。特に「学生時代運動部だったから、トレーニングメニューはわかっている」などと思っている体育会系の人は、自分の体力を過信せずに、無理のない運動をするよう心がけましょう。

酸化ストレスが動脈硬化を進行させる

禁煙、早寝早起き、ウォーキングで「酵素力」を最大限にまで高める

今やガンは、日本人の2人に1人がかかるといわれる国民的な病気です。ガンになぜかかるといえば、次のよな原因があります。

まずは「喫煙」の習慣です。タバコの煙には、発ガン物質を含む400種類以上の有害物質が含まれています。喫煙者はタバコを吸わない人に比べて、肺ガンになる確率が2~4倍以上も高くなるといわれています。

今年こそ禁煙と思っている方はこちらです。

また肺だけでなく、胃や食道のガンにも確実に影響があり、大腸ガンや乳ガンといった他の臓器のガンにも少なからぬ影響を与えています。そして、タバコの害と同じくらいガン発生の要因に関わってくるのが「食事」です。

タンパク質の過剰摂取は特にガンとの関連性が強く、加熱調理した肉ばかり食べて、生野菜や果物などの生の食物をほとんど摂らない人は、大腸ガンにかかるリスクが高くなります。

また度を過ぎた飲酒も、肝臓や大腸、食道のガンを発生する原因になります。このようなガンを発生させる生活習慣をなるべく改善するのと同時に、予防に効果がある生活習慣を身につけることも、私たちの健康を守るうえでは欠かせません。

ガンの予防法として、最も効果が高いのが、「適度な運動」です。デスクワークで1日中座りっぱなしというような人は、特に体を動かす習慣をつけたいものです。

手軽にできて、効果的なのはウォーキングで、確実にガンの予防につながります。1日1回、最低でも45分以上、少し早足で歩くのが理想的です。この時、少し歩幅を大きくして、3 mくらい先を見て歩くと、より効果が上がります。

負荷をかけるために、リュックサックを背負い、その中に1~2 kmのものを入れて歩くとさらにいいでしょう。しっかり歩けば、脂肪を燃やす有酸素運動になるので、メタポリック症候群をはじめ、あらゆる生活習慣病の予防につながります。忙しくてまとまった時間がとれないという人も、通勤の往復に1駅か2駅分、歩く距離を増やしてみる。駅のホームの昇り降りに階段を使うようにする(できればつま先で昇り降りすると効果的です)。

また休みの日は、緑の多い公園などで景色を楽しみながら、1時間くらい歩いてみる。このように、できる範囲でかまわないので、運動する習慣をつけましょう。早足でするウォーキングは、運動不足解消はもちろんですが、骨や筋肉を強くして足腰を鍛えたり、心肺機能を高めるのに役立ちます。

また汗をかいて新陳代謝がアップするので、体内の老廃物の排出も促されます。早寝早起きの習慣も、基本的なことですが、ガンをはじめ、さまざまな病気の予防には欠かせません。

夜8時から朝4時までは、「吸収と代謝の時間帯」で、体内に溜まった毒素や老廃物、疲労物質などを排泄し体の修復をする時間帯です。この時間帯にしっかり睡眠をとると、質の高い眠りになり、疲労回復はもちろん、潜在酵素の温存にも役立ちます。

禁煙、適度な運動、質の高い睡眠は、ガンの発生リスクを下げると同時に、ほかの生活習慣病を予防する効果も高いものです。また代謝をよくして、酵素の無駄づかいを減らすことにつながるので、あなたの体内酵素を温存することができます。

ヘビースモーカー、夜更かし朝寝坊をしがちな人、運動をまったくしない人は、ぜひ少しでも生活習慣を変える努力をしましょう。