酵素不足による不調」カテゴリーアーカイブ

「痛み」は、酵素減少を知らせる体からの警告でもある

痛みがあるのは、とてもつらいことです。できれば、痛みを感じないで一生過ごすことができれば言うことありません。しかし体に痛みが出るということは、体からあなたへ何らかのサインが送られているということでもあるのです。

痛みは体からの酵素減少のサイン

何の自覚症状もなく症状がいつの間にか進行し、気づいたときには治療の施しようがないという症例は、結構多いものです。肝臓ガンなどはその顕著な例で、痛みがないために病気であることに気づかず、人間ドックに入って初めてわかったときにはすでに手術もできない状態だったという詰もよく耳にします。

痛みがあるときは、「なぜこんなつらい思いをしなければいけないのか?」と感じることでしょう。しかし、自分に「健康を見直すきっかけが与えられた」と考えてみてはいかがでしょうか?

痛みの原因を考えることで自分の今までの食生活やライフスタイルを省みて、より健康に過ごすためのノウハウを身に着けていくことができれば、痛い思いをした体験も無駄にはならないはずです。前に述べたことのおさらいになりますが、私たちが痛みを感じるのは「内臓体壁反射」があるからです。そして「内臓体壁反射」を起こす原因には、

  1. 血流の悪化(微小循環不全)
  2. エネルギー回路の回転不足
  3. ミネラルバランスの悪化
  4. 活性酸素の出現
  5. 気の流れの悪化
  6. プラスイオン過剰の生活

の6つになります。
そしてこれらの6つの原因のすべては、「酵素不足」と深く関係があるのです。ここでそれぞれの原因について、説明をしておきましょう。

1.血流の悪化( 微小循環不全)

肉などの動物性タンパク質や、ショ糖(白砂糖など)、質の悪い抽を多量に摂る食生活を続けていると、体にはさまざまな弊害が起こってきます。その最たるものが、体内の血流が悪くなり、体の末梢まで血液が行き届かなくなる「微小循環不全」です。

肩こりや頭痛、手足のしびれなどは、これが原因で起こります。肉類に含まれる動物性タンパク質は、人間の胃腸が消化するのに手間がかかります。そのため多量に食べるとタンパク質の消化不良が起こり、胃炎や腸炎を起こしやすくなります。また消化されなかったタンパク質のかけらで赤血球がくっついて連なり、ルロー( =連銭形成) が起こり、末梢の血管まで血液が行き届きにくくなってしまいます。
砂糖や質の悪い抽も血液をドロドロにし、血行を悪くする原因となります。腰痛や頭痛、肩こりやしびれなどは、これによって起こるのです。

2.エネルギー回路の回転不艮

酵素の足りない食生活を送っていると、体内の代謝酵素が不足し、「代謝不全」の状態に陥ります。すると、細胞内のエネルギーをうまく回転させることができなくなってきて、乳酸という疲労物質ができやすくなります。乳酸は筋肉を岩のように硬くし、収縮させるため、筋肉痛が起こりやすくなります。つまり激しい筋肉痛が起こりやすい人は、体内の酵素が不足しているのです。

3.ミネラルバランスの悪化

人間の体には、さまざまなミネラルが必要です。なかでもマグネシウムは細胞本来の働きをよくし、異常な細胞を正常化する役割を担っています。また酵素の働きを最大限に引き出す「補酵素」の役割もしているため、マグネシウムが不足すると代謝が悪くなります。
筋肉の緊張とリラックスのコントロールをしているのもマグネシウムなので、これが不足すると筋肉痛が起こりやすくなります。またマグネシウムが足りていないと、カルシウムを体内にうまく取りこみにくくなり、骨がもろくなってしまいます
ミネラル不足は、骨粗鬆症や椎間板ヘルニアなどを引き起こす元凶でもあるのです。
現代人が必要とするミネラル「カルシウム」「マグネシウム」はにがりで補える

4.活性酸素の出現

活性酸素が、ガンや動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす引き金になることはご存知の方も多いと思います。酵素不足の食生活をしていると、活性酸素が体内にできやすくなります。活性酸素が増えると筋肉を収縮させたり、炎症を起こし、痛みが発生しやすくなります。
呼吸で取り込んだ酸素が有害な悪玉酸素に化ける

5.気の流れの不良

東洋医学では、人間の体内には「気」がめぐっていて、これが滞ると病気になると考えられています。酵素不足の生活はこの「気」を弱めてしまうため、痛みを生む原因になってしまうのです。

6.プラスイオン過剰の生活

プラスイオンは活性酸素を増やして細胞破壊、筋肉収縮、神経損傷を引き起こし、強い痛みを発生させます。現代人の生活はパソコンや携帯電話など電磁波が多く、プラスイオンに満ちています。衣服やグッズなどでマイナスイオンを取り入れたいものです。

このように体に痛みが出る背景には、さまざまな原因があります。またそれぞれの原因は別々に起こるのではなく、密接に絡み合っています。

例えば体内に活性酸素が出現すると血行が悪くなり微小循環不全が起こり、これがもとでエネルギー回路の回転不良が起こり、筋肉の収縮が起こり、痛みが発生する。またはミネラルバランスが悪化するとエネルギー回路の回転不良が起こり、微小循環不全につながり、神経圧迫が起こり、痛みが発生します。

こういった悪循環に陥ると、さらに痛みは慢性化し、治りづらくなっていってしまうのです。痛みを感じたら「自分はもしかして酵素不足の生活をしているのかもしれない」と、疑つてみてください。そして、酵素不足を解消する努力をしていけば、必ず痛みを克服することができると私は確信しています。

老化を防ぐにはどのようにしたら活性酸素を減らせるかのヒントが隠れています。

痛み止めは毒になる

鎮痛剤は、急性の痛みには大きな効果を発揮します。しかし、その効果は長続きしません。慢性の痛みがある場合は、鎮痛剤を飲み続けないと、痛みから解放されることはありません。

根本的な痛みの原因の治療をせずに、鎮痛剤ばかりに頼っていると、あなたの体は薬の飲み過ぎによって、第二、第三の別の不調に悩まされることになりかねません。

「西洋医療は病気を根本から治す医療ではない」のです。例えば高血圧症の治療の場合ですが、主治医から、「一生を通じて降圧剤を飲みなさい」といわれるのではないでしょうか? これは、一度高くなった血圧は下がることはないから、死ぬまで薬でコントロールしなさいということです。

コントロールといえば聞こえはいいのですが、極論すれば「死ぬまで薬を飲みなさい」ということになります。このように、病気の根本原因を治そうとせず、薬で病気からくる症状を抑える「対症療法」が、西洋医療の基本的な考え方なのです。しかし西洋医療で処方される薬というのは、自然界にない化学物質を使ったものが大半で、これは長年服用を続けると、人体にとっては「毒」になる危険性が高いのです。これで困るのは、患者さんご本人です。なぜなら、「この病気を治したい」と思って、熱心に医師の治療方針に従っているうちに、長期間にわたって薬漬けの状態に陥ってしまうからです。

西洋医療で処方される薬をずっと服用していると、その副作用で体にさまざまな変調が起こってきます。そして余病(ある病気にともなって起こる、新しい病気)が出てくる場合も、珍しくありません。

「今までの薬では治らない病気が治る可能性がある」といえば聞こえはいいのですが、副作用などのデータが十分でないうちに新しい薬を飲まされるのでは、ご本人やその家族はたまったものではありません。痛みがあるときに処方される鎮痛剤も、長期間服用し続けると、胃潰瘍になったり、ひどい胃痛や胃炎に悩まされることになります。また手足がひどく冷えるようになり、最悪の場合はガンになることもあるのです。

痛みがつらい、しんどい、我慢できない(解熱鎮痛薬)

改善しない慢性的な痛みには内臓の問題が隠れているケースが多い

背中や腰、首などに痛みがあるとき、整形外科を受診します。整形外科では、痛みの原因を「骨の変形による脊髄神経の圧迫」と診断されることが多いものです。

肩がこるのは頚椎、両手がしびれるのは頚椎上部、坐骨神経痛は腰椎、こういった場所の骨が、変形や圧迫骨折やヘルニアによって神経を圧迫して起こるという考え方です。

確かに坐骨神経痛や本当にひどいヘルニアの場合は、骨の変形が原因なのでしょう。しかし実はこういった見方は、実に一面的といわざるを得ません。「他に何か原因があるというのか? 」と聞かれれば、実はもっと大きな原因があるのです。

ガンや狭心症、心筋梗塞、胃潰瘍などの病気を患っている方の中には、背中や腰や肩や首などが痛くなる人がたくさんいます。これを「内臓体壁反射」といいます。「内臓体壁反射」とは、慢性的な疾患が元となってその病気の部位に相当する体の筋肉が収縮し、神経が圧迫されたり、引っ張られたりして痛みやこり、しびれが起きることです。

内膜の不調が体の他の部分の痛みとなって出ることは、たくさんの方を診てきて、とてもよくわかります。また重篤な病気だけでなく、もっと軽症の胃炎や大腸炎、便秘や下痢、食べ過ぎや不眠、ストレス、生理痛や子宮筋腫、慢性疲労などでも「内臓体壁反射」は起こります。

特に起きやすいのは、慢性疾患がある場合です。長い年月、慢性的に病気があるという人は、ほとんどの場合どこかしらが痛かったりしびれたりするものです。内臓(特に食道、胃、小腸、大腸など)のどこかに炎症がある場合は、首や肩、背中などが痛いという人がとても多いです。

この痛みが出る場所と内臓などの炎症が起きている部位には、以下の表のような相関関係があります。

食道・胃
胃・幽門部
首~背部上部
十二指腸
背部上部
空腸・回腸
背部全体
上行結腸
右肩、右腰、右胸部、右背部
横行結腸
胸、首上部、眼、耳
下行結腸
左肩、左腰、左腎部、左背部、腰全体
S字結腸
腰全体、腰、下部、膝
直腸
左膝、腰部、尾てい骨、子宮、下腹部
腎臓・副腎
背部の一部、尾てい骨

食道や胃に炎症がある人は、首が痛む。十二指腸に潰瘍などができると、背中の上部が痛む。直腸やS字結腸に炎症がある人は、腰痛や膝の痛みに悩んでいる人が多い。

こういった症状はほとんど誰も同じように生じます。中には、横行結腸と頭部のように、離れた場所が痛む場合もあります。単純に「腸が悪ければ、下腹部が痛む」と思いがちですが、意外と遠い部位に「内臓体壁反射」が出ることもあるのです。「年だから膝が痛いのはしょうがない」「デスクワークのし過ぎで肩こりがひどくなって、首が痛くなっているんだ」などと自己診断して、慢性的な痛みを放っておくことは絶対に避けましょう。

そのままにしておくと、痛みが悪化するだけでなく、実は体内の臓器に起こっている病気まで進行してしまう場合もあるのです。内臓体壁反射の根本原因は、

  1. 悪しき食事
  2. 間違ったライフスタイル
  3. 電磁波
  4. 過剰なストレス

の4つです。なかでも最大の原因は、悪しき食事でしょう。栄養失調、栄養のアンバランス、毒性物質の摂取は悪しき食事の典型例です。

痛みから解放されるには、まず食生活の見直しが重要なのです。

腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」

現代人の痛みが増えているのは食事のせい

肩こり、腰痛、偏頭痛など、体のどこかしらが痛いという人は、現代人の口ぐせのようになっていますが、本人にしてみれば痛みがストレスで大きな悩みになっています。

中高年になれば、体に痛い場所がないという人のほうが、少ないくらいなのではないでしょうか?では、なぜ現代の日本人には、肩こり、腰痛、偏頭痛などの慢性的な痛みに悩む人が増えてきてしまったのでしょうか?

これはここ数十年の日本人の食生活やライフスタイルの変化と、深い関係性があります。昭和30年代までの日本人の食事は、肉や魚などの動物性タンパク質は控えめで、タンパク質といえば豆腐などの植物性タンパク質がメインでした。

もともと農耕民族だった日本人には、植物性の食材が多い、ひと昔前の食生活が本来の体質に合っていたのです。ところが昭和40年代以降、高度成長期を迎えてからは、肉を食べることが一般化して、手軽に食べられるファストフード店がどんどん増えていきました。

日本人の食生活は、以前より肉や脂質の多い食品を多く摂り、野菜などのビタミンや食物繊維が豊富な食材が少なめになる傾向を強めていったのです。
朝はファストフード店で、ハンバーガーとコーヒー。昼間はボリュームたっぷりのトンカツ定食。そして夜は、仕事のストレス解消に毎晩のように居酒屋でビールに日本酒、そして油っこくて味の濃いつまみを食べ、仕上げは深夜のラーメン。

デスクワークで日中運動はほとんどせず、上司に叱られたり嫌みを言われてイライラはつのるばかりです 。現代の日本では、こんな生活を送っている人がたくさんいるはずです。しかしこんなことを続けていたら、あなたの体内の酵素はたちまち無駄づかいされ、「万年酵素不足」の状態になるのも当然です。

日本は現在、世界の中ではトップレベルの長寿国ですが、これにはひと昔前の日本人の食生活が大きく関係していると思います。これから高齢者になる昭和30年代以降の生まれの人たちは、日本人の食生活がガラっと変わってから成長してきました。

このため、今までの食生活を改めずにこれからも酵素不足の状態を続けていけば、もしかしたら日本人の平均寿命はこれ以上伸びることはないかもしれません。最悪の場合、今までより短くなってしまう可能性も否定できません。
2人に1人がガンになる時代です。異常です。糖尿病も予備軍を含めると1400万人以上にもなります。
既に平均寿命が下がりはじめる兆候が見えています。

「病は気から」という言葉がありますが、これと同じくらい「病は食から」という言葉も胸に刻んでいただきたいと思います。

「酵素入り青汁 リッチグリーン」で脂肪も分解し、腸を活性化

酵素不足による「内臓体壁反射

足が痛むというのでレントゲンを撮ってみたものの、異常は見つからずにちっとも悪そうな場所がない。痛みというのは不思議なもので、このような原因が不明の痛みというものも、多々あります。大きな病気が隠れているのでは?と覚悟を決めて病院に行ったのに「異常はないですね」と言われてほっとしたものの、どうしてこんなに痛いのかと不安になります。

また骨や筋肉に何の異常もないのに腰痛を訴える人もいれば、かなり激しく背骨が「く」の字型に曲がってしまっていても、ちっとも痛くないという人もいます。こうしてみると、痛みを感じるメカニズムというのはとても複雑です。

一般的に西洋医療では、背中や腰などが痛い場合は、脊髄神経のどこかの圧迫が原因であると考えます。椎間板ヘルニアや坐骨神経痛、腰椎の圧迫骨折などは、明らかに骨の異常が見られ、これが脊髄の神経を圧迫しているので、この考え方で納得がいきます。

しかし、レントゲンで見て脊髄には何の異常もないのに腰が痛いというような場合は、これだけでは説明がつきません。「内臓体壁反射」による痛みというものが、痛みとおおきく影響しているのでしょう。「内臓体壁反射」とは「体のある部位に炎症などが起こると、体の他の部位の筋肉が収縮して痛みやこりを感じる」というものです。
一般に起こる筋肉痛の原因は、

  1. 脊髄神経の圧迫による痛み(5%)
  2. 内臓体壁反射による痛み(40%)
  3. 1と2の複合型(40%)
  4. スポーツや過酷な労働(15%)

といった内訳が一般的ですそして痛みの一番の原因になる「内臓体壁反射」を引き起こす最大の要因が、「酵素不足」なのです。

肉類などの動物性タンパク質は、消化するのに時間がかかります。さらに、食べ過ぎると、消化するために多量の消化酵素が必要となり、体内の代謝酵素が不足してしまいます。酵素が破壊された加熱食を中心にした食生活を続けている場合も、体内の酵素が減ってしまい、さまざまな悪影響が出てきます。
体内の代謝酵素が減ってしまうと、体の隅々まで血流が行き届かなくなり、あなたの体は冷えやすくなります。そしてせっかく食べた食物を効率よく消化し、栄養を吸収することができなくなってくるため、エネルギーの回転が悪くなり、乳酸という疲労物質が体内に溜まりやすくなり、疲れたり筋肉痛を起こしやすくなったりします。

こういった酵素不足のスパイラルに陥ると、消化が悪くなるため胃炎や腸炎を起こしやすくなり、体中の血液も汚れてきます。血液が汚れてくると気の流れが悪くなり、ガンや心筋梗塞などの命にかかわる病の元凶となる「活性酸素」も体内に活発に発生してきます。そして、これらの要因が相まって、さらに内臓体壁代謝が頻繁に起こるようになっていってしまうわけです。
肩こり、腰痛、偏頭痛などの慢性的な痛みは、このような負の連鎖でますます治りにくくなっていくのです。原因不明の痛みがふえていくということです。

酵素って?

ぐっすり眠ったはずなのに、朝起きると疲れが抜けていない。体の節々が痛む。長い間、慢性的に肩こりや腰痛、偏頭痛などの症状に悩まされている。病気というほどではないけれど、仕事や家事をやる気がしなくて、なんとなく体が重い日が続く…。

またこの不景気なご時勢、体調がすぐれないだけでなく、ストレス過多で心が疲れて、うつ状態に陥ってしまっている人も珍しくありません。

疲れがとれない、体のどこかが痛む、病名はついていないけれど体調が悪い、精神的に落ち込みやすい。そんな人たちは、体の中の「酵素」が不足しているに違いありません。

酵素というと、洗剤や歯磨き粉などに入っている「汚れをよく落とす成分」くらいの認識しかない方も多いかもしれません。

しかし「酵素」は、人間の体の中にあって、様々な重要な役割を果たしている「潜在酵素」のことです。最近でこそ、人間に必要な栄養素としての「酵素」の存在意義が、ようやく知れ渡ってきましたが、まだまだ本当の重要性を理解している人は少ないようです。

医師の中にも、酵素が人体に及ぼす素晴らしい影響力を、十分にわかっていない人がたくさんいます。

では、まず、酵素についてです。人間が必要とする栄養素には、「炭水化物(糖質)」、「タンパク質」、「脂質」の「三大栄養素」をはじめ、体調を整えるのに欠かせない「ビタミン」、「ミネラル」などがあります。

さらに体内の老廃物の排出などに大変効果的なのが、「食物繊維」です。そして生の野菜や果物に豊富に含まれる、抗酸化栄養素の「ファイトケミカル」、私たちの体を維持するうえで欠かせない「水」。この8種類の栄養素に続いて、私たちが健康で長生きするために欠かせない第九の栄養素が「酵素」です。

「酵素」は生の野菜や果物に豊富に含まれ、これらを加熱せずに生のまま食べることで、しっかりと摂取できます。逆にいうと、野菜や果物を摂っていても、火を通したものばかりでは、酵素は摂取できません。酵素は熱に弱く、40~60度に加熱されると、死んでしまうからです。

また私たちの体内にある酵素(=潜在酵素)は、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分けられます。「消化酵素」は文字通り、私たちが食べた食物を消化し、体内に吸収するうえで欠かせないものです。

一方「代謝酵素」は、体を作ったり、病気を治したりといったあらゆる生命活動に関わる働きをする酵素です。消化酵素と代謝酵素には相関関係があり、消化酵素が余分に消費されれば、代謝酵素の量が減ってしまいます。そのため、加熱したステーキなどのように消化が悪いものを食べてばかりいると、体内の消化酵素はどんどん使われ、結果として代謝酵素が少なくなってしまいます。

その結果どうなっていくかというと、体の代謝が悪くなるため血行が滞り、疲れやすく痛みやしびれを起こしやすい体になつていってしまうのです。また免疫力も落ちていくため、病気にもかかりやすくなります。

まず理解していただきたいのが「体内の酵素が減ると、疲れやすくなり、病気や体の痛みも出やすくなる」ということなのです。酵素栄養学では、「代謝」が悪いことが、万病につながると考えているのです。

既存の西洋医療ではどうしても治らない、慢性疾患や末期ガンなどの治療方法を模索しているうちに、私は日本でいち早く90年代半ばから「酵素医療」に取り組んできました。

大病院で見放されてしまったもう手の施しようがないといわれてしまった末期ガンの方や、薬を飲んでも一向によくならない慢性疾患に悩まされている方が驚くほど改善しています。

しかし「酵素」を積極的に摂る食生活を徹底し、体内の酵素を無駄づかいしないライフスタイルを身につけることで、多くの方が痛みや苦しみから解放されてきています。

病気というほどではないけれど、なかなか抜けない疲れや肩こり、腰痛、偏頭痛などに長い期間苦しめられてきたという方が大勢いらっしやるでしょう。女性ならば、毎月の生理痛に悩んでいるという方も、たくさんいることでしょう。

そういったあらゆる体の不調は、酵素を無駄づかいしないライフスタイルを守っていくことで、どんどんやわらいでいきます。「体の不調から解放されるのには、酵素が大きなカギになる」ことを、まずはぜひ覚えておいてください。

酵素でガンが改善した体験談を紹介しているサイトです。
野草酵素の使用感&口コミ(抗ガン効果)