高血圧の天敵「ストレス」について

現代は過去に例のないストレス社会といわれます。職場での人間関係や厳しい管理、家庭内のトラブルや子育ての悩み、親の介護など、およそストレスのない人はいないといっていいでしょう。
当然、ストレスのすべてが害になるわけではありません。ある程度のストレスは生きていく活力、困難を乗り越えるエネルギーになります。問題はストレスが過重になり、支えきれなくなってしまう場合です。そうなると、心身にさまざまな悪影響が出てきます。いま急増中のうつ痛などはその代表的な症状で、最悪の場合は正常な社会生活が送れなくなつてしまいます。ヘビースモーカーが増えているのは、ストレスが原因だと指摘する専門家もいます。

では、なぜストレスがかかると、なぜ血圧は上昇するのでしょうか。過重なストレスがかかった状態は、どう猛な動物に追いかけられているようなものと考えればわかりやすいでしょう。そんな危機的な状況に遭遇したら、リラックスして寝そべっているわけにはいきません。何とか身の安全を図ろう、事態を打開しようと、心身ともに緊張します。
心臓は拍動を早め、走る、逃げる、隠れるなどの行動が少しでもすばやくできるように備えます。精神的にも、極度の緊張・興奮状態となり、敵の襲来に対処しょうとします。血管は収縮し、ストレスホルモンが全身を駆け巡ります。こうして、血圧は一気に上昇するでしょう。

現実には、どう猛な胴部鬱に追いかけられる危険性はほとんどないと思われますが、過重なストレスを抱えている人は、日常生活でそれと同じ状況に陥っているわけです。これでは体も心もたまったものではありません。血圧を上げる原因を自ら抱え込んでいるようなものです。といって、ストレスは現代人の宿命のようなものですから、きれいさっぱり解消というわけにはなかなかいきません。となると、方法はただひとつ、ストレスをうまくコントロールしていくしかありません。そのためには、ストレスと正面から取っ組み合うのを避け、うまくかわしたり、逃げたりするハウツーを身につけることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です