肌の若返りに

美肌の基礎知識

いつまでも若々しく、美しくありたいというのは、女性に限らず私たち人間の永遠の願いです。その若さのポイントは、なんといっても肌の美しさにあります。年をとってくれば、肌が衰えてくるのは当たり前です。

確かにそのとおりです。健康で美しい肌は、新陳代謝が活発に行われていることが最大の条件で、その新陳代謝は、年をとるにしたがって衰えてくるのが通常だからです。だからといって、諦めることはありません。逆に考えれば、新陳代謝を促すことによって美肌を保ったり、衰えにブレーキをかけることができることになります。同じ年頃でも、若く見える方と老けて見える方がいるのは、この新陳代謝のあり方が大きな理由になっているのです。

美肌づくりで欠かせないのは次の5つです。

  1. バランスのとれた正しい食事
  2. 適度な運動
  3. 快眠・快便
  4. 心の安定
  5. 基礎化粧品の正しい選択と使用方法

特に大切なのは1~4。内面(内臓や血液循環の活性化)からの作用は、見せかけでない自然な美肌を作ると同時に、皮ふ炎など内臓疾患が主な原因となるさまざまな肌のトラブルにも有効です。

美肌とお酢

お酢を体内に取り入れることは、さまざまな面から美肌作りに役立ちます。新陳代謝を活発にするには、なんといっても血行(血液の循環)をよくすることが第一です。血液は体のすみずみに必要な栄養や新鮮な酸素を供給し、代わりにいろなくなった老廃物を受け取って体外に排出する働きを行っています。

ところが、年齢とともに内臓の働きが鈍くなったり、血管が弾力を失ってくると、この血行が悪くなってきます。当然、新陳代謝も不活発になり、老廃物が筋肉や肌の細胞に残ってしまうようになります。肌の老化は、こうしてはじまるのです。

お酢の主成分である酢酸やクエン酸などは、肌や筋肉に残った乳酸を分解し、さらに血行を円滑にする特徴をもっています。
ですから、お酢を毎日とりつづけていけば、シワも出にくくなり、みずみずしい健康な肌を保つことにつながるわけです。また、お酢には肌の大敵である便秘を解消させていく働きもあります。胃腸の調子を整え、便通をスムーズにしていくのです。体質にもよりますが、頑固な便秘がわずか2日で治り、同時に顔一面にあったニキビがみるみる消えていった女性もいます。

もう1つ、お酢はシミからも肌を守ってくれます。シミは、体のサビといわれる過酸化脂質が、体内に蓄積されるのが原因ですが、お酢には、この過酸化脂質を減少させる力もあるのです。

活用法

お酢が美肌作りに役立つといっても、もちろん一朝一夕に効果が出るわけではありません。お酢で肌が若返ったという人の話を問いても、半年後、1年後に気づいたらシミが薄くなっていた、肌に弾力が出てきたというケースがほとんどです。

毎日、意識的にお酢料理を食べたり、お酢やクエン酸を飲みつづけていくことで、有効成分がじんわり働きはじめ、少しずつ効果が表れてくると考えてください。お酢摂取を習慣にすることが大切です。お酢風呂も、皮ふを通して新陳代謝を深め、美肌作りに大きな効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です