【果実酢】昔ながらの製造方法 株式会社源齋(ゲンサイ)の柿酢「ももとせ 柿酢」

昔ながらの製造方法にこだわった「ももとせ 柿酢」

柿を静置発酵・長期醸造で造った本格柿酢です。昔ながらの製造方法 株式会社源齋(ゲンサイ)の「ももとせ 柿酢」の紹介です。柿酢は果実酢に分類されます。ミネラルやポリフェノール、アミノ酸、ビタミンなどが豊富に含まれた飲みやすい柿酢です。

柿にもこだわる

福岡県の契約農家で育てられた九州産の富有柿を使い古式静置発酵でまろやかな柿酢を作っています。古式静置発酵とは柿に酵母を混ぜて樽で発酵させ1年以上熟成させることでアミノ酸が増え、柿から十分な栄養分を引き出したものです。さらに発酵させる酢酸菌は、長年に渡り果実酢を造り続けている秘蔵の酢酸菌で発酵させています。

静置発酵・長期醸造で造られ、まろやかな風味とコクは絶品です。果実酢の中でも柿酢は、体質改善の力が大変強いのが特徴です。

2種類の酢の製造方法「静置発酵法」と「機械速醸法」

酢を醸造する方法として主に「静置発酵法」と「機械速醸法」の2つがあります。「静置発酵法」は、昔ながらの製造方法で、醸造に2~3カ月と時間がかかりますが、コク・うま味・香りに深みがあり、栄養成分も大変豊富です。

「機械速醸法」は、コンプレッサーなどで空気を送り込み発酵促進させ熟成期間がわずか1日位で済みますが、出来上がった酢はコク・うま味・香りがあまりなく酢が抜けやすくなります。大量生産に向いた製造法です。株式会社源齋(ゲンサイ)の「ももとせ 柿酢」は、手間暇をかけた「静置発酵法」で造られています。

果実酢の規格では、果汁を30%以上加えれば、果実酢の表示ができるため果汁を30%程度しか加えていないものもありますが、株式会社源齋(ゲンサイ)の「ももとせ 柿酢」は、酸度調整の為やむを得ず水を少量加えますが、柿果汁含有率は、90%以上です。

 

柿酢の知恵袋も(柿酢を水で割って飲みます)
  • 朝食前に飲むと快便に
  • 夕食後に飲むと消化促進
  • 1日3回飲むとダイエット効果大
  • 運動前に飲むと体脂肪燃焼促進
  • 筋トレ前に飲むと筋力アップ
  • 車に乗る前に飲むと乗り物酔い防止
  • お酒の前後に飲むと二日酔い防止
  • 疲れた時に飲むと疲労回復

3 thoughts on “【果実酢】昔ながらの製造方法 株式会社源齋(ゲンサイ)の柿酢「ももとせ 柿酢」

  1. ピンバック: 「柿」は血圧を下げる成分の宝庫で疲労回復に効くビタミンA・ビタミンCもたっぷり | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法

  2. ピンバック: 昔ながらの製造方法にこだわった柿酢「ももとせ 柿酢」で血圧が下がった | 高血圧は自分でコントロールできる

  3. ピンバック: 昔ながらの製造方法にこだわった「ももとせ 柿酢」で血圧が下がった | 高血圧は自分でコントロールできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です