内臓脂肪」カテゴリーアーカイブ

内臓脂肪や肥満の原因に腸内フローラが深く関連している

ご飯もパンもうどんでもお肉も揚げ物も、食べすぎれば脂肪に変わる…。それはそうですが、同じような食事をしていても、太りやすい人もいれば、太りにくい人もいます。

もうお分かりのとおり、「太るか、太らないか=脂肪を貯めるか、貯めないか」の大事なポイントは、腸内フローラが握っています。

  • 太っている人と、やせている人では、腸内フローフの傾向が違う
  • 太っている人は「バクテロイデス門」が少なく、「ファーミキューテス門」が多い
  • 太っている人の腸内フローラを移植された人が、太った
  • 太っている人が体重を減らしたら、腸内フローラが良くなった

また、次のような実験があります。

無菌状態で育てたマウスに、太っている人とやせている人の腸内フローラをそれぞれ移植し、同じエサ、同じ運動量でおよそ1ヶ月間間育てたところ、やせている人から腸内フローラをもらったマウスには特に変化はなく、太っている人から腸内フローラをもらったマウスばかりがどんどん脂肪が増えて太っていきました。
しかも、人を変えて何度実験を行っても、同じ結果でした。

まったく同じ生活をしていても、腸内フローラ次第で、太ってしまうということです。

では、どんな腸内フローラだと太りやすいのでしょうか。ヒントは、「太っているマウスはバクテロイデス門が少なく、ファーミキューテス門が多い」ということにあります。

といっても、難しい横文字を覚える必要はありませんから、安心してください。重要なのは、太っているマウスの腸内では少なくなっているバクテロイデス門の腸内細菌は、水溶性食物繊維をエサに「短鎖脂肪酸」という物質をつくるということです。

この短鎖脂肪酸が、肥満を防いでくれることが分かってきました。

肥満にストップをかけてくれる「水溶性食物繊維」

太るというのは、脂肪細胞が紳胞内に脂肪を蓄えてパンパンにふくれる状態です。ひとつひとつの脂肪細胞が、血液中から栄養分をとり込んで、風船がふくらむように肥大化するのです。

腸内細菌がつくった短鎖脂肪酸は、腸から吸収され、他の栄養素と同じように血管に入って全身の細胞に運ばれるのですが、じつは、脂肪細胞は短鎖脂肪酸を見つけると、栄養分をとり込んで脂肪として蓄えることを止めるのです。つまり、短鎖脂肪酸は、肥満にストップをかけてくれる存在なのです。

一方で、短鎖脂肪酸が流れてくると、交感神経も刺激を受け、体温を上げたり心拍数を上げたりして、エネルギー消費を増やす方向に働くことも分かってきています。

というわけで、太りにくい体になるには、腸内細菌に短鎖脂肪酸をどんどん作ってもらうことが大切なのです。

バクテロイデス門の腸内細菌は、水溶性食物繊維をエサに短鎖脂肪酸をつくると説明しましたが、短鎖脂肪酸をつくってくれるのは、バクテロイデス門の腸内細菌だけではありません。ちなみに、バクテロイデス門は日和見菌に属する腸内細菌ですが、善玉菌を好む日和見菌と言われています。

少し難しいのですが、水溶性食物繊維をエサに善玉菌が短鎖脂肪酸をつくってくれる、ととらえていただければ十分です。

水溶性食物繊維が豊富な食事をしていると、それを好物とする善玉菌が増えて、そのお返しに短鎖脂肪酸をたくさんつくってくれ、私たちの体は太りにくい体になっていくのです。

ちなみにたまねぎやネギの水溶性食物繊維は毒素を排泄してくれる働きもあります。

内臓脂肪のためには肉や甘いものは、NG?

「糖質もたんばく質も脂質も、食べすぎて余れば、中性脂肪として蓄えられる」のはこちらの説明のとおりです。

ここで、1つ耳寄りなお知らせがあります。「脂肪をため込みやすい時間帯」と「ため込みにくい時間帯」があるのです。それは、「ピーマル1(BMAL1)」という物質が関わっています。

これは、体内時計を調節する機能を持ったたんばく質です。このビーマル1 には、体内時計が正常に働くように調節するだけではなく、「脂肪の分解を抑制して体内にため込みやすくする」働きがあるのです。

また、ビーマル1は、1日の間で作用の強さが変化します。個人差はありますが、おおむね、夕方6時ころから徐々に作用が強くなり、深夜2時頃にピークを迎えて、その後は徐々に作用が弱くなっていって、午後2時頃にもっとも弱くなります。

つまりは、ビーマル1の作用が弱まる午後2時頃は、1日の間でもっとも脂肪をため込みにくい時間帯なのです。

逆に、深夜2時前後はビーマル1の作用が強まっているので、脂肪をため込みやすい危険な時間帯です。
甘いお菓子には糖質がたっぷり入っているので、脂肪に変わりやすく、本来はあまり食べないはうがいいものですが無性に食べたくなる日もありますよね。

おやつを食べるのは時間帯には気をつけて、午後2時頃にとるようにするのがいいでしょう。また、「肉=太る」というイメージがあるかもしれませんが、脂肪分の少ない肉は、むしろ貴重なたんばく源です。

具体的には豚のヒレ・モモ肉、鶏のササミ、・胸肉などが脂肪分が少なくておすすめです。でも、霜降り肉が食べたい日もあるでしょう。そんなときにはディナーよりもランチがおすすめ。ビーマル1の作用が弱まる午後2時前後に食べてはどうでしょうか。

ちなみに糖質制限食では炭水化物の制限はありますが、肉の制限はありません。お肉が大好きなら糖質制限食でダイエットするのもおすすめです。

もちろん、脂肪をため込みにくい時間帯だからと言って食べすぎは禁物ですが。

炭水化物、たんばく質、脂質…何を食べても脂肪になる

どうして脂肪は増えるのでしょう?。当然、たくさん食べているからです。とここで、口から摂りいれた食べ物はどのような経路をたどるのでしょうか?

歯で噛み砕かれて唾液で柔らかくなった食べ物は、スルッと数秒で「食道」を通り抜けかゆて「胃」に送り込まれます。胃は、胃液をたくさん出してドロッとした粥状にして、少しずつ「小腸」の「十二指腸」に送り込みます。

十二指腸では、すい臓から「すい液」が、胆のうから「胆汁」が分泌され、それらと混ぜ合わされて、さらに消化・分解が進みます。そして、その先の小腸(「空腸」「回腸」) へ。

ここで、さらに小さく分解され、小腸の壁からほとんどの栄養素が吸収されていきます。小腸で栄養素の吸収が終わった残りカスは「大腸」へと運ばれ、そこで水分が吸収されて、さらに残ったカスと、古くなってはがれ落ちた腸の粘膜、腸内細菌の死骸などがひとかたまりになって便をつくり、最終的に「肛門」から押し出されていく- 。

これが、「消化→吸収→排泄」の流れです。

ところで、何か気になることがありませんか? 食べ物の残りカスが外に出て行くまではわかったけれど、小腸から吸収された大事な栄養素は、その後、どんな経路をたどるのでしょうか。

小腸で吸収される栄養素はどこに入っていくのかと言うと、小腸の表面にある突起の内側を走っている毛細血管とリンパ管です。そして2 とおりの道を通って、全身の細胞に送り届けられます。

まず、糖質やたんばく質、ミネラル、水溶性ビタミンなどは、腸の毛細血管から、「門脈」という血管を通って肝臓へと運ばれ、そこで栄養成分の加工・貯蔵、有害な成分の解毒が行われた後、静脈を通って心臓にいき、心臓から動脈に乗って全身の細胞へと運ばれていきます。

たとえば糖質、つまりど飯やパンなどの炭水化物や甘いものは、分解されて「ブドウ糖」として吸収され、肝臓で「グリコーゲン」という物質に作り替えられて一時的に貯蔵され、いろいろな活動のエネルギー源として利用されます。

ただ、余ったブドウ糖は、脂肪細胞に取り込まれて中性脂肪になります。たんばく質も、「アミノ酸」に分解されて小腸で吸収され、血液に乗って全身の細胞に運ばれて、体をつくる材料になりますが、余ったものは肝臓に運ばれて、一部はブドウ糖になり、その後は糖質と同じ運命をたどります。

つまり、エネルギーとして使われなかった分は、やっぱり脂肪細胞に取り込まれて中性脂肪になるのです。

一方、脂質や脂溶性のビタミンは、小腸の壁から吸収されたら、「第3の血管」と言われる「リンパ管」に入って、静脈を経て心臓にいき、その後、動脈に乗って全身の細胞に届けられます。

脂質は、細胞膜の材料などに使われるのですが、余ったものはやっばり脂肪細胞に運ばれて中性脂肪として蓄えられます。ちょっとややこしい説明になりましたが、ここで覚えてほしいことはたった2つです。1つは、小腸で吸収された栄養素は、どんな種類の栄養素も「血管L に入り、「血管』によって、全身の細胞に届けられるということ。

もう1つは、糖質もたんばく質も脂質も、食べすぎて余れば中性脂肪として蓄えられるということです。ですから、なんであろうと食べすぎると、内臓脂肪や、怖いエイリアン脂肪などの異所性脂肪が増えてしまうというわけです。

内臓脂肪を減らす信州長野県産 干しえのき茸の効果と使用感

行き場を失った脂肪が行き着く先は心臓の外側から毒素を送る

皮下脂肪、内臓脂肪に続いて「第3の脂肪」と呼ばれる脂肪があるのです。脂肪は、通常、脂肪細胞のなかにたまります。皮膚の下に集まっている脂肪細胞が皮下脂肪、お腹の部分に集まっている脂肪細胞が内臓脂肪です。

脂肪細胞は、250億~300億個あると言われていて、脂肪が増えると、ひとつひとつの脂肪細胞がパンパンにふくれていきます。それが「太る」ということです。

ところが、もっと脂肪が増えて、皮下脂肪にも内臓脂肪にも入りきらなくなってしまうと、行き場を失った脂肪は、心臓や肝臓、筋肉など、本来はつくはずのないところに居座るようになってしまう。これが、第3の脂肪です。本来いる場所ではないという意味で、「異所性脂肪」と呼ばれます。

異所性脂肪の怖いところは、ただ「いるべきところではない場所にいる」だけではなく、余計な毒素を出して、その臓器にダメージを与えることです。

たとえば、「肝炎」と聞くと、お酒の飲みすぎというイメージがあるかもしれませんが、お酒を飲まない人でも肝炎になることがあります。それを、「非アルコール性脂肪肝炎」と言うのですが、この原因がまさに肝臓についた脂肪です。

肝臓に余計な脂肪がたくさんつくと、肝臓の細胞が弱って死んでしまいます。それを、免疫細胞の1つである「マクロファージ」が取り囲んでパクパクと食べ続けているため、炎症が続き、非アルコール性脂肪肝炎になるのです。

肝炎は放っておくと、肝硬変、肝臓がんと進みます。そのはじまりが、脂肪なのです。

さらに、心臓のまわりについた異所性脂肪は、もっと怖い存在です。まず、心臓に酸素と栄養を送っている冠動脈に、細い血管を伸ばします。

一方で、免疫紳胞の1つである「マクロファージ」から見れば、本来はつかないところに余計な脂肪がついているわけだから、「見慣れない怪しいヤツがいる!」と、毒素を出して脂肪を溶かそうとするのです。

マクロファージは良かれと思ってやっつけようとするわけですが、結果的には、異所性脂肪は、冠動脈へと伸ばした紳い血管からじわりじわりと毒素を送り込んでしまい、冠動脈の老化を進めます。そして、最悪の場合、狭心症や心筋梗塞を起こして突然死を招くのです。

しかも、冠動脈の内側から進行する老化に比べて、冠動脈の外側から毒素を送り込まれることで進行する、こうした老化は、進行が速いとも言われています。背後から急に襲いかかってくる怖い存在- ということで、1エイリアン脂肪L と呼ばれています。

こうした異所性脂肪は、皮下脂肪にも内臓脂肪にも蓄えられなくなったために、本来はつかないはずの場所につくわけですから、よっぽど太っている人につく脂肪なのだろう、とお思いかもしれません。ところが、そうとも言い切れません。

いちばん危ないのは、昔は太っていなかったのに、大人になってから太った人です。昔から太っていた人は、もともと脂肪細胞の数が多く、脂肪を蓄える場所がたくさんあります。脂肪の「棚」がたくさんあるので、休も大きくなりますが、脂肪は一応ちゃんと棚に入っているわけです。

一方で、昔はやせていた人というのは、昔から太っていた人に比べて脂肪細胞の数が少ない。脂肪を蓄える「棚」が少ないので、そこまで太っているようには見えなくても、すぐに容量がいっぱいになって、余計な場所についてしまうのです。それが、肝臓で炎症を起こしたり、エイリアン脂肪となって心臓に毒素を送ったりするというわけです。

内臓脂肪にしても、異所性脂肪にしても、皆さんが思っていた以上に恐ろしい存在だったのではないでしょうか。

これらの脂肪は、つきやすいけれど、取れやすい脂肪です。「どうやったらいなくなるのか」と言えば、やっぱり大事なのは食事と運動です。特に脂肪としてたまりやすい炭水化物を控えることと、脂肪を燃焼してくれる有酸素運動が欠かせません。

肥満、高血糖、高血圧、脂質異常がそろうと突然死のリスクがアップする

内臓脂肪が増えると、血管にとって悪い指令ばかりが増えて、血圧、血糖値が上がり、血液がドロドロになります。なおかつ、脂肪が増えすぎると、脂肪細胞から遊離する脂肪まで出てきてしまい、血液中の中性脂肪が増えてHDL(善玉) コレステロールが減ります。

内臓脂肪が増えると、血管にとっては困ったことばかりが起きます。ところで、ぽっこりお腹(内臓脂肪)、高血圧、高血糖、そして中性脂肪の増加とHDLコレステロールの減少…と言えば、何か思い出すことがありませんか?

そうですメタボ(メタポリックシンドローム)です。
腹囲(おへその高さで測った胴回り)が「男性85 cm以上」「女性90 cm以上」で

  1. 「高血圧(上が130 mmHG以上または、下が85 mmHG以上)」
  2. 「空腹時の高血糖(110 mg/dll以上)」
  3. 「高・中性脂肪( 150 mg/dl)または低・HDLコレステロール( 40 mg/dl未満)」

のうち2つ以上が当てはまると、メタボと診断されます。

メタボの怖さを物語る「3倍の法則」というもの、ど存知ですか?

健康な人に比べて、高血圧の人、高血糖の人、脂質代謝異常(高・中性脂肪や低。HDLコレステロール)の人、肥満の人は、それぞれ3倍、心筋梗塞や脳卒中などの「血管事故」を起こしやすいという法則です。

「3倍」というのはざっくりとした目安ではありますが、いろいろな研究結果から3倍前後高まることは間違いありません。
ということは、「肥満+高血圧+高血糖+脂質代謝異常」がそろうと、「3×3 ×3 ×3 =81 」倍、血管事故が起こりやすいということ。

ちなみに、タバコも3倍ほど血管事故のリスクを上げるので、前述の4つに喫煙が加わると、243倍です。恐ろしい数字です。内臓脂肪が増える(=太る) と、高血圧・高血糖・脂質代謝異常も自ずとついてきやすいわけですから、太るということは、見た目の問題だけではなく、血管事故につながる階段を1段ずつ、いえ、3段飛ばして駆け上がっているようなものです。
突然死について詳細はこちら。

ぽっこりお腹は、見た目以上に血管と全身を老けさせる

30代、40代あたりから油断をすると、つい増えてしまうお腹まわりの脂肪。久しぶりに会った知り合いに「あれ、なんだか貫禄がでてきたねぇ!」なんてやんわりと指摘されて、「そうなんですよぉ」と笑いながらもちょっとショックだったなんてこと、ありませんか?

ぽっこりお腹の正体は、「内臓脂肪」です。女性はもともと女性ホルモンの影響で、「皮下脂肪」のはうがつきやすく、男性に比べて内臓脂肪はつきにくいのですが、年齢が高くなって女性ホルモンが減ってくると、内臓脂肪もつきやすくなってきます。「そういえば、だんだんウェストまわり、下腹が気になってきた」という方、少なくないはずです。

内臓脂肪がたまり、お腹がぽこっと出てくると、見た目がすっかりオジサン、オバサンになってしまいますよね。ところが、この内臓脂肪、見た目だけの問題ではありません。見た目以上に、体のなかでは深刻な問題が進んでいます。

少し前まで脂肪というのは、体温をキープしたり、内臓を正しい位置に保ったり、外からの衝撃を和らげるクッション役であるとしか認識されていませんでした。ところが、余計な脂肪は体にいろいろな悪さをすることが分かってきました。というのは、脂肪は単なるクッションのような存在でほなく、じつはいろいろな物質を分泌して、体にさまざまな指令を出しているのです。

  1. 食欲を抑える「レプチン」
  2. 血液中からブドウ糖の取り込みを促したり(血糖値を下げる)、傷ついた血管を修復する「アディポネクチン」
  3. 血液中からブドウ糖を取り込むのを抑制する「TNF・α」「レジスチン」
  4. 血管を収縮させる「アンジオテンシン」の原料となる「アンジオテンシノーゲン」
  5. 血液をドロドロにする「PAI・1」

これらはすべて脂肪から分泌されているものです。特に内臓脂肪はさかんに指令を出しています。そして、この1~5の物質のなかには、「良いモノ」 と「悪いモノ」がいます。
1と2は食欲を抑えたり、血糖値を下げて血管を修復してくれるのでイイモノ、3~5は逆に血糖値や血圧を上げたり、血液をドロドロにするわけですから、増えてはしくない悪いモノです。ところが、内臓脂肪が増えると、見事にいいモノの分泌は減って、悪いモノらの分泌が増えるのです。

つまり、内臓脂肪型の肥満になると、高血糖、高血圧になりやすくなり、血栓もできやすくなってしまいます。しかも、脂肪が過剰に蓄積されると、「遊離脂肪酸」として血液中に放出されてしまいます。エネルギーとして活用されればいいのですが、活用されない分は、肝臓で中性脂肪やコレステロールに変換されて、また血管に戻ってくるのです。

そうやって、内臓脂肪が増えるのに伴って、血管のなかではブドウ糖も中性脂肪もコレステロールも増えていきます。たとえて言うなら、「使用済みの揚げ油」が排水管を流れているようなものです。当然、排水管(血管)は、詰まりやすく、傷つきやすくなってしまいます。

そんな状態が続いていると、やがて血管はしなやかさを失い、硬くなってしまうのです。さらに、血管の内側にコレステロールがたまっていくと、血液の通り道が狭くなっていき、血流が滞るようになっていきます。これが、「動脈硬化」です。

さらに、血流が滞るということは、全身の37兆個もの細胞に酸素と栄養が十分に運ばれなくなるということですから、全身の細胞が飢餓状態になってしまいます。そうすれば、全身の老化につながることは容易に想像できます。

内臓脂肪が増えると、血液の状態が悪化し、血管が老化し、全身の細胞への酸素と栄養の供給がスムーズにいかなくなり、全身が老化する。「ぽっこりお腹」の陰では、血管と全身の老化が静かに進行しています。