急に毛深くなれば精巣・卵巣腫瘍、産毛が顔に密生すれば肺・大腸ガンの可能性

体毛の発育を促す男性ホルモンを増やすガンもありヒゲや胸毛の生え方に注意

ガンによる皮膚の変化では、赤くなる、黒くなる、黄色くなる、ただれる、カサカサするなどのほかに、毛深くなるという症状を伴うことがあります。
ガンが体の中で増殖したり大きくなったりするとき、ガンは成長因子と呼ばれる物質を作り、それを利用して成長していきます。成長因子はガンを大きくするだけでなく、人間の体にさまざまな作用を及ぼすことがあります。毛深くなるのは、成長因子が男性ホルモンの分泌を促す一因になるためだと考えられています。男性ホルモンにはいろいろな働きがありますが、その1つに体毛の発生があります。男性ホルモンは、全身の毛に一様に作用するのではなく、頭頂部の毛髪には脱毛に働き、あごヒゲや胸毛などには発毛に働きます。
したがって男性ホルモンが過剰になると、頭の毛は薄くなり、鼻の下やあごのヒゲ、胸毛が濃くなったり、速く伸びたりなどの変化が現れてくることになります。
頭髪が薄くなっても、それは年齢や家系のせいと考えて、病気が原因であることをうっかり見逃してしまうかもしれません。しかし、ヒゲが濃くなることには気がつきやすいと思います。思春期ならともかく、成人後にヒゲが濃くなったり薄くなったりするような変化は起こりにくいからです。ガンと皮膚症状としての発毛に関しては、まだよくわかっていない部分もありますが、男性の精巣、女性の卵巣にガンが発生すれば、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌が乱れ、毛深くなることがあります。
また、肺ガンや大腸ガンなどは、男性ホルモンの分泌を促し女性は密生した産毛、男性はヒゲの伸びの速さに注意したいてしまうので、顔に産毛が生えるといった変化が起こる可能性があります。

男性はヒゲそりの頻度、女性は顔・腕・乳房の毛が濃くなったらガンを疑う

体毛に変化が現れたかどうかを判断する1つの目安は、ヒゲそりの頻度です。例えば、不精ヒゲになるほどヒゲが伸びるのに、以前なら2~3日かかったのが、毎日剃らなければならないほど速くなったというような場合です。男性の場合、ヒゲの渡さよりも、ヒゲそりの頻度のほうが実感としてわかりやすいかもしれません。
同時に頭髪が薄くなっているかどうか観察してみましょう。女性の場合も同じような変化が現れるはずです。女性は女性ホルモンのほうがもともと多いために、頭髪は多く、頭頂部の毛髪が薄くなるような変化は起こりにくいものです。
しかし、男性ホルモンの分泌が促されるような種類のガンになったときは、女性でも男性ホルモンの量が増えて、乳輪の周囲に毛が生えたり、腕や足の体毛が濃くなったりすることがあります。また、顔の産毛がヒゲのように濃くなったり長くなったりすることもあるのです。ただし、体毛に変化が起こったからといって、ガンの疑いが大きいというわけではありません。
毛髪の生え方がおかしいと感じたら皮膚科医に相談し、内臓の病気との関連がみあるかどうかを診てもらうこともガンの早期発見には欠かせません。

まずは自分でできる「大腸ガン検査キット」

急に毛深くなれば精巣・卵巣腫瘍、産毛が顔に密生すれば肺・大腸ガンの可能性」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ほくろとガン | 薬の選び方

コメントは停止中です。