上腕に赤い斑点が出たりのど元の毛細血管が浮き出赤くなれば肝臓ガンを疑う

肝機能の低下で女性ホルモンが増えると上半身の皮膚の毛細血管が広がってくる

肝臓ガンなど、肝臓の病気で肝機能が低下してくると、皮膚が赤く変化してくることがあります。その代表的な症状が、クモ状血管腫、紙幣状皮膚、手掌紅斑です。クモ状血管腫とは、クモが足を広げたよ、りに、血管が中心から放射状に広がって赤く見える症状で、のどもとや胸によく現れます。紙幣状皮膚は、赤色や褐色の斑点が上腕の外側に広がります。大きさは数ミリから数舛ンまでさまざまで、形も不規則。胸や顔などに現れることもあります。その様子がアメリカの昔のドル紙敗何の透かし軽様によく似ていることから、紙幣状皮膚と呼ばれるようにあったそうです。
手掌紅斑は、文字どおり手のひらが赤みを増す症状です。クモ状血管腫、紙幣状皮膚、手掌紅斑は、いずれも毛細血管が拡張して現れる症状です。
毛細血管が拡張するのは、女性ホルモンのエストロゲンの増加が要因として考えられています。エストロゲンには血管を拡張する働きがあるからです。
エストロゲンは、肝臓で処理されます。しかし、肝臓の働きが悪くなるとエストロゲンが処理されにくくなるため、血液中のエストロゲンの濃度が増加してきます。エストロゲンが過剰になることで、血管が広がりやすい状態が作り出されてしまうのです。
肝臓ガンなどによって肝臓の働きが損なわれると、エストロゲンの処理が順調に行われなくなります。男性でエストロゲンが過剰になると、乳房が大きくなる「女性化乳房」が起こることもあります。ただし、女性の場合は肝臓に異常がなくても、もともとエストロゲンの値が高めなため、手掌紅斑が起こることがあります。もともと手のひらが赤くなかったのに、最近、急に赤くなった場合や、女性化乳房に手掌紅斑、クモ状血管腫などが重なって現れた場合は、肝臓の異常を疑うべきでしょう。

肝臓の病気は目立つ症状が少なく皮膚に出る異常が発見の手がかりになる

肝臓の異常を示す皮膚の徴候は、肝臓のガンだけでなく、肝硬変などでも現れます。また、皮膚の徴侯が現れても、肝機能検査値には異常が認められない場合があります。これらの症状が検査値よりも早く、肝臓の異常を知らせてくれることがあるのです。
以前、虫刺されで来院した患者さんの皮膚に毛細血管の拡張が認められたので、肝臓の具合はどうですかとたずねてみたのです。すると、その患者さんは過去に肝硬変と診断されたことがあるけれども、めんどうなのでいまは治療を受けていないというのです。
私は肝臓の治療をするようにすすめました。肝臓ガンなど、肝臓の病気に伴って現れることが多い皮膚の変化で、もう一つ覚えておきたいのは黄疸です。黄痘は、皮膚が黄色くなる症状です。赤血球から*作られる、どリルビンという黄色い色素が過剰になると現れます。ひぞう赤血球は古くなると牌臓で分解され、ビリルビンは肝臓に運ばれて便や尿の一部になって排泄されます。
ビリルビンを処理する経路に異常が生じると、ビリルビンはうまく排泄されず、その色素によって皮膚が黄色く見えるのです。黄痘が現れたときは、ビリルビンの代謝や排泄に関係している肝臓・胆のう・胆道などの病気が疑われます。

日頃からカリフラワーを積極的に摂取すると大腸ガン、肝臓ガンを防止する作用があります。