いぼが数ヶ月で全身に広がり、かゆみも伴う場合は、消化器系のガンの疑いが強い

ガン細胞が作る成長因子などの物質が皮膚の表皮細胞を刺激、変化させる

いぼというのは、肌から飛び出したり盛り上がったりしているため、見た目が美しくなく、美容的には敬遠されがちです。ただ、いぼができたからといって、多くの場合、健康に害が及ぶことはありません。
一方で、胃ガン、大腸ガンなどの消化器のガンに伴ってできるいぼがあり注意が必要です。
ガンに伴ってできるいぼと、ガンとは無関係のイボとはどう違うのか?
まずガンとは無関係のいぼについてです。いぼには、子供によくできるものと、中高年の人にできるものとがあります。l子供によくできるいぼは、ヒトパピローマウイルスというウイルスの感染によって起こります。
子供に多いウイルス性のいぼは、成人にできることもありますが、高齢者にはあまり見られません。ウイルス性のいぼのほとんどは無害です。

唯一の例外は性器周辺にできるいぼで、女性の子宮頚ガンに関係する場合があるといわれています。中高年に多いいぼは、脂漏性角化症、老人性疣贅といわれ、老化に伴って現れる良性腫瘍の一種です。
40~50代以降の人にでき、60代以上の人の80% 以上に認められます。紫外線や加齢などによって皮膚の表皮細胞が過剰に増殖してできますが、ほとんどは無害。紫外線の影響による皮膚の老化が発生の一大原因のため、顔や首筋、胸、手の甲、腕などに多発する傾向があります。

中高年に多いいぼは褐色か黒い色をしており、皮膚から乳頭状に飛び出したものだけでなく、わずかに盛り上がっただけの比較的平たいものもあります。大きさも、数mmから数cmまでさままざまです。
いぼの表面は比較的すべすべしていることもあれば、カサカサしていることもあります。ただ、いぼにかゆみは伴いません。消化器のガンなどに伴って現れるいぼは、一年中高年に多いいぼ(脂漏性角化症)によく似ています。このいぼは、デルマドロームの一種です。
デルマドロームとは、消化器ガンなどの内臓悪性腫瘍に伴って現れる皮膚症状です。ガン細胞が体内で成長し、増殖していくとき、さまざまな物質を作り出し、それを活用しながら大きくなっていきます。
ガンが作り出すそうした物質のが、成長因子と呼ばれるものです。

ガンの成長因子は、ガン細胞が成長するのに使われるだけでなく、体内の健康な細胞を刺激し、なんらかの影響を及ぼすことがあります。消化器のガンに伴ういぼも、ガンが産生する成長因子の働きによって作られると考えられているのです。

無害ないぼは日に当たる部分に多いがガンのいぼはそうでないところにも出る

中高年に多い無害なイボと、消化器のガンに伴うイボには、比較的わかりやすい違いが3つあります。まず、中高年の無害なイボは、老化によって現れるので、何年もかけてゆっくりと出てきます。

一方、消化器のガンに伴うイボは急速に現れてきます。消化器のガンは数ヶ月単位の短い期間に進行することが多いめ、イボもガンが成長・悪化するスピードとほぼ一致して、急速に現れてきます。例えば、2~3ヶ月月で何十個も現れるという場合もあるのです。中高年の無害ないぼなら、こんな急激な現れ方をすることはないと考えていいでしょう。
次に、いぼができる部位にも違いがあります。中高年の無害ないぼは、日光(紫外線)による皮膚の老化と関連しているので、日に当たる頭部、顔、首筋、胸、腕、手の甲などに多く現れます。

それに対して、消化器のガンに伴うイボは日光には関係なく、体幹部(胴体)や手足に現れます。日に当たる部位にも、当たらない部位にも現れるのです。3番めに挙げられる違いは、「かゆみ」です。中高年の無害ないぼに、かゆみは伴いません。しかし、消化器のガンに伴うイボは、かゆみを伴います。ガンに伴ういぼは、できたいぼの全部がかゆくなるのです。

かゆみの程度はさまざまで、いぼがかゆくてしかたがないという患者さんもいれば、ちょっとだけかゆいという患者さんもいます。このように、短期間にたくさんのいぼができた、日光が当たらない部位にもできた、できたいぼにかゆみを感じる、などの場合は、消化器系を中心としたガンに伴ういぼである可能性が80% 以上あるといわれています。気になるいぼがあるときは、まず皮膚科で診察を受けることをおすすめします。
20160121追加

関連情報

首の老人性イボとかぶれが発酵はとむぎ「スーパーゴールド」で消失
老人性のいぼであればはとむぎなどで改善できるケースもあるようです

ガンの自己診断

ガン検査キット健康バスケットの郵送検診は、病院や検査施設へ出向くことなく、自宅で手軽に血液・尿・便などを採取し、郵便で送り、自宅へ結果が郵送されるサービスです。

いぼが数ヶ月で全身に広がり、かゆみも伴う場合は、消化器系のガンの疑いが強い」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: うおのめ、いぼ | 薬の選び方

  2. ピンバック: ほくろを無理にいじると悪性黒色腫になる[本当] | lie&true(本当、嘘)

コメントは停止中です。