労作性頭痛には非ステロイド性消炎鎮痛薬が効果的なことも

労作性頭痛には即効性のある痛み止めでもある

労作性頭痛は、ある特定の動作や刺激が引き金ねとなって頭痛発作が起こります。しかし、なぜ、頭痛が起こるかがわかっていないことから、最適の薬もまだ詳しくはわかっていません。ただ、痛みの予防や痛み止めに非ステロイド性消炎鎮痛薬が有効な例があることがわかっています。
有効な非ステロイド性消炎鎮痛薬ですが、多種類あり、アスピリンやイブプロフェンなども同じ非ステロイド性消炎鎮痛薬ですが、労作性頭痛にはインドール系やプロピオン酸系の薬が用いられます。

服用の際のポイント

基本的には頓服薬。毎日飲む必要はない。労作や刺激を受ける30分~2時間前に飲むと予防できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です