肌に出るガン症状」カテゴリーアーカイブ

肌に出るガン症状 ガン別に肌にあらわれる異変や症状について。ガンの皮膚症状について

水泡ただれを伴う赤い斑点が数週間周期でくり返せば膵臓がんの可能性

赤くただれた反転が一時的に消えても原因となる腫瘍が残っていれば再発する

膵臓ガンによって、顔、手足、尻、またなどに、水疱やただれを伴う赤い斑点が周期的に現れたり消えたりすることがあります。これはグルカゴノーマ症候群呼ばれる症状です。グルカゴノーマ症候群は、膵臓にグルカゴノーマ( グルカゴン産生腫瘍)という腫瘍ができることによって起こります。膵臓のランゲルハンス島というところにこの腫瘍ができると、グルカゴンというホルモンが過剰に作られるようになります。
グルカゴンには、血糖値を上昇させる働きがあります。健康な人の体では、血糖値を上昇させるグルカゴンと、血糖を細胞に取り込んで血糖値を下げる作用のあるインスリンの両方がバランスよく働いて、血糖値は正常に維持されています。
ところが、グルカゴノーマができると、グルカゴンが過剰に作られるため、血糖値は上昇してしまいます。また、グルカゴンは脂肪を分解するため、患者さんはどんどんやせて体重が低下するということも起こります。
グルカゴンが糖を作るときは、アミノ酸を材料にします。ですからグルカゴンが非常に多くなってしまうと、アミノ酸が不足して、低アミノ酸血症といぅ状態になります。アミノ酸は、タンパク質を構成したり、細胞の生成にかかわったりする物質です。水疱やただれを伴った赤い斑点は、人間の体を作っている重要な物質であるアミノ酸が足りなくなって、引き起こされるのです。
グルカゴノーマによる低アミノ酸血症が原因の皮膚症状は、壊死性遊走性紅斑と呼ばれます。
壊死性とは、赤い斑点(紅斑)の部分が壊死する性質を持っているという意味です。遊走性とは、ただれや水疱を伴う斑点が、軽快しては別の場所に新たな幹部ができていく様子が、次から次へと移動(遊走)していくように見えることを表しています。この赤い斑点は、だいたい数週間の周期で出たり消えたりをくり返します。壊死性遊走性紅斑は、びらんといって表皮がはがれて真皮がむき出しになることも多く、かゆみや痛みを伴うことがあり、患者さんにとってはつらい症状です。

血液中のアミノ酸の量が少ないときは膵臓ガンを疑い精密検査を受けるべき

斑点が消える理由は、治療や食事でアミノ酸の量が一時的に増加するからです。しかし根本原因である、グルカゴンを作り出す腫瘍を治療しないかぎり、再び低アミノ酸血症は起こり、壊死性遊走性紅斑が体のどこかに出てくることになります。

膵臓は体の奥深くにあるため診察が容易でない臓器です。腫瘍ができていても、なかなか見つけにくいので血液中のアミノ酸の量が少ないときは膵臓ガンを疑い精密検査を受けるべき斑点が消える理由は、治療や食事でアミノ酸の量が一時的に増加するからです。しかし根本原因である、グルカゴンを作り出す腫瘍を治療しないかぎり、再び低アミノ酸血症は起こり、壊死性遊走性紅斑が体のどこかに出てくることになります。す。
壊死性遊走性紅斑が出ていた、ある患者さんの膵臓をCTスキャンで調べても、異常が発見できなかったことがあります。しかし、血液中のグルカゴンの数値は高い状態が続いていたので、何か問題があると考えられました。そこで膵臓の造影検査を行ったところ、ようやく腫瘍を見つけることができたということがあります。
膵臓の腫瘍以外でも、低アミノ酸血症になれば壊死性遊走性紅斑は起こるのですが、現代の一般的な食生活でアミノ酸が不足することは、まずありえません。低アミノ酸血症や壊死性遊走性紅斑を発症している患者さんの膵臓は、一見、腫瘍がないように見えても徹底的に検査する必要があります。

ランゲルハンス島について

膵臓の組織の中にある細胞のかたまり塊。膵臓の各所に島のように存在していることから、発見者のパウル・ランゲルハンスの名前を取って、ランゲルハンス島と呼ばれている。
膵臓の中には20万~200万個のランゲルハンス島があるといわれる。血糖値の調節と深いかかわりがあり、ランゲルハンス島の中には、血糖値を高めるグルカゴンを分泌するα細胞と、血糖値を下げるために働くインスリンを分泌するベータβ細胞が存在している。

その他の肌に出る症状はこちら。

急に毛深くなれば精巣・卵巣腫瘍、産毛が顔に密生すれば肺・大腸ガンの可能性

体毛の発育を促す男性ホルモンを増やすガンもありヒゲや胸毛の生え方に注意

ガンによる皮膚の変化では、赤くなる、黒くなる、黄色くなる、ただれる、カサカサするなどのほかに、毛深くなるという症状を伴うことがあります。
ガンが体の中で増殖したり大きくなったりするとき、ガンは成長因子と呼ばれる物質を作り、それを利用して成長していきます。成長因子はガンを大きくするだけでなく、人間の体にさまざまな作用を及ぼすことがあります。毛深くなるのは、成長因子が男性ホルモンの分泌を促す一因になるためだと考えられています。男性ホルモンにはいろいろな働きがありますが、その1つに体毛の発生があります。男性ホルモンは、全身の毛に一様に作用するのではなく、頭頂部の毛髪には脱毛に働き、あごヒゲや胸毛などには発毛に働きます。
したがって男性ホルモンが過剰になると、頭の毛は薄くなり、鼻の下やあごのヒゲ、胸毛が濃くなったり、速く伸びたりなどの変化が現れてくることになります。
頭髪が薄くなっても、それは年齢や家系のせいと考えて、病気が原因であることをうっかり見逃してしまうかもしれません。しかし、ヒゲが濃くなることには気がつきやすいと思います。思春期ならともかく、成人後にヒゲが濃くなったり薄くなったりするような変化は起こりにくいからです。ガンと皮膚症状としての発毛に関しては、まだよくわかっていない部分もありますが、男性の精巣、女性の卵巣にガンが発生すれば、男性ホルモンや女性ホルモンの分泌が乱れ、毛深くなることがあります。
また、肺ガンや大腸ガンなどは、男性ホルモンの分泌を促し女性は密生した産毛、男性はヒゲの伸びの速さに注意したいてしまうので、顔に産毛が生えるといった変化が起こる可能性があります。

男性はヒゲそりの頻度、女性は顔・腕・乳房の毛が濃くなったらガンを疑う

体毛に変化が現れたかどうかを判断する1つの目安は、ヒゲそりの頻度です。例えば、不精ヒゲになるほどヒゲが伸びるのに、以前なら2~3日かかったのが、毎日剃らなければならないほど速くなったというような場合です。男性の場合、ヒゲの渡さよりも、ヒゲそりの頻度のほうが実感としてわかりやすいかもしれません。
同時に頭髪が薄くなっているかどうか観察してみましょう。女性の場合も同じような変化が現れるはずです。女性は女性ホルモンのほうがもともと多いために、頭髪は多く、頭頂部の毛髪が薄くなるような変化は起こりにくいものです。
しかし、男性ホルモンの分泌が促されるような種類のガンになったときは、女性でも男性ホルモンの量が増えて、乳輪の周囲に毛が生えたり、腕や足の体毛が濃くなったりすることがあります。また、顔の産毛がヒゲのように濃くなったり長くなったりすることもあるのです。ただし、体毛に変化が起こったからといって、ガンの疑いが大きいというわけではありません。
毛髪の生え方がおかしいと感じたら皮膚科医に相談し、内臓の病気との関連がみあるかどうかを診てもらうこともガンの早期発見には欠かせません。

まずは自分でできる「大腸ガン検査キット」

その他の肌に出る症状はこちら。

上腕に赤い斑点が出たりのど元の毛細血管が浮き出赤くなれば肝臓ガンを疑う

肝機能の低下で女性ホルモンが増えると上半身の皮膚の毛細血管が広がってくる

肝臓ガンなど、肝臓の病気で肝機能が低下してくると、皮膚が赤く変化してくることがあります。その代表的な症状が、クモ状血管腫、紙幣状皮膚、手掌紅斑です。クモ状血管腫とは、クモが足を広げたよ、りに、血管が中心から放射状に広がって赤く見える症状で、のどもとや胸によく現れます。紙幣状皮膚は、赤色や褐色の斑点が上腕の外側に広がります。大きさは数ミリから数舛ンまでさまざまで、形も不規則。胸や顔などに現れることもあります。その様子がアメリカの昔のドル紙敗何の透かし軽様によく似ていることから、紙幣状皮膚と呼ばれるようにあったそうです。
手掌紅斑は、文字どおり手のひらが赤みを増す症状です。クモ状血管腫、紙幣状皮膚、手掌紅斑は、いずれも毛細血管が拡張して現れる症状です。
毛細血管が拡張するのは、女性ホルモンのエストロゲンの増加が要因として考えられています。エストロゲンには血管を拡張する働きがあるからです。
エストロゲンは、肝臓で処理されます。しかし、肝臓の働きが悪くなるとエストロゲンが処理されにくくなるため、血液中のエストロゲンの濃度が増加してきます。エストロゲンが過剰になることで、血管が広がりやすい状態が作り出されてしまうのです。
肝臓ガンなどによって肝臓の働きが損なわれると、エストロゲンの処理が順調に行われなくなります。男性でエストロゲンが過剰になると、乳房が大きくなる「女性化乳房」が起こることもあります。ただし、女性の場合は肝臓に異常がなくても、もともとエストロゲンの値が高めなため、手掌紅斑が起こることがあります。もともと手のひらが赤くなかったのに、最近、急に赤くなった場合や、女性化乳房に手掌紅斑、クモ状血管腫などが重なって現れた場合は、肝臓の異常を疑うべきでしょう。

肝臓の病気は目立つ症状が少なく皮膚に出る異常が発見の手がかりになる

肝臓の異常を示す皮膚の徴候は、肝臓のガンだけでなく、肝硬変などでも現れます。また、皮膚の徴侯が現れても、肝機能検査値には異常が認められない場合があります。これらの症状が検査値よりも早く、肝臓の異常を知らせてくれることがあるのです。
以前、虫刺されで来院した患者さんの皮膚に毛細血管の拡張が認められたので、肝臓の具合はどうですかとたずねてみたのです。すると、その患者さんは過去に肝硬変と診断されたことがあるけれども、めんどうなのでいまは治療を受けていないというのです。
私は肝臓の治療をするようにすすめました。肝臓ガンなど、肝臓の病気に伴って現れることが多い皮膚の変化で、もう一つ覚えておきたいのは黄疸です。黄痘は、皮膚が黄色くなる症状です。赤血球から*作られる、どリルビンという黄色い色素が過剰になると現れます。ひぞう赤血球は古くなると牌臓で分解され、ビリルビンは肝臓に運ばれて便や尿の一部になって排泄されます。
ビリルビンを処理する経路に異常が生じると、ビリルビンはうまく排泄されず、その色素によって皮膚が黄色く見えるのです。黄痘が現れたときは、ビリルビンの代謝や排泄に関係している肝臓・胆のう・胆道などの病気が疑われます。

日頃からカリフラワーを積極的に摂取すると大腸ガン、肝臓ガンを防止する作用があります。