ビタミンC」タグアーカイブ

アルコール摂取の前後で 3 g のビタミンC を摂ると悪酔いや二日酔いを防げる

アルコール摂取の前後で 3 g のビタミンC を摂ると悪酔いや二日酔いを防げる ので是非おすすめです。ビタミンB群とともに、酒飲みの心強い味方となってくれるのが ビタミンC です。ご存じのように、お酒を飲むと、吸収されたアルコールは肝臓に行きます。
肝臓でのアルコール処理能力は、1時間に 8 ~ 10 g 程度。日本酒に換算するとコップ 2 杯、ビールならコップ 1 杯といったところです。
これを超える量を飲んだ場合、余分なアルコールは血液中に残ってしまいます。

さて肝臓へと行き着いたアルコールは、すぐに分解され始めます。アルコールはまずアルコール脱水素酵素によっていったんアセトアルデヒドという物質になり、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素によって水と炭酸ガスにまで分解されます。
1本数万円以上の高級ブランデーも、行く末はただの水と炭酸ガスになって排泄されてしまうというわけです。

しかし、ここで問題なのは、先ほどのアセトアルデヒドが私たちの体に有害な物質であるということです。というのも、この物質は毒性が強く、血液中に残っていると頭痛や吐きけなどの二日酔い症状を引き起こすからです。

こんな二日酔いを避けるには、いうまでもなく、このアセトアルデヒドをすばやく処理することがいちばんです。ビタミンCが効力を発揮してくれるのはまさにこの段階です。

というのも、ビタミンC には先ほどふれた2つの分解酵素の働きを高める作用があり、アルコールの分解排泄を強力に推し進めてくれるからです。
つまり、アルコールの分解が滞るためにできる有害物質が肝臓に害毒を与えたり、悪酔いや二日酔いを起こしたりする危険を、かなり防止してくれるのです。

肝臓にはまた、チトクロムP450と呼ばれる酵素が含まれています。この酵素もやはり肝臓の解毒作用に重要な働きを持っています。

ビタミンC はこの酵素の働きを高めることが知られています。この点でも、ビタミンC は肝臓の解毒作用に大きく寄与しているわけです。

そのうえビタミンC には、二日酔いのもう 1 つの原因物質であると考えられるフーゼル油(風味を高めるために酒に添加される物質)の分解を早めるという効果もあります。
さらには、食べ物に含まれる食品添加物などの毒物や、アスピリンなどの薬物の無毒化 のためにも、ビタミンCは有効に働きます。

このようなビタミンCのすぐれた効果を得るためには、お酒を飲む前に3 g、飲み終わつたあとに3 gのビタミンCをとることがおすすめです。
これだけとっておけば、悪酔いはもちろん、二日酔いをすることは少ないでしょう。しかも、飲酒前にビタミンCをとっておくと、アルコールの分解が早まり、あまり酔わなくなります。ただし、そのためにかえって飲みすぎてしまうおそれもあるので注意が必要です。

ビタミンC を多く含む食品 を参考に前後で 3 g 以上のビタミンC を摂るようにしましょう。

肝臓の働きを促進する栄養素

コレステロールを下げる食品(じゃがいも)

じゃがいもには、トマト、ミカンといった代表的なビタミンC食材並にビタミンCが豊富に含まれます。ビタミンCは活性酸素によってLDLコレステロールの酸化を防ぐ有効なビタミンっです。美容にも大変有効なので女性には人気の食材です。
水に溶けやすく熱によって壊れやすく調理の段階で損なわれやすいというデメリットもあります。じゃがいものでんぷん質は、糊のような働きをしてビタミンCを熱から守るために効率よく摂取できるメリットがあります。また、じゃがいものでんぷんのおよそ4割を占めるパタチンという成分は、抗酸化作用が高くさらなる活性酸素の除去にも期待できます。

また、じゃがいもはカリウムが豊富です。細胞には、カリウムが、細胞外にはナトリウムが多く含まれています。塩分の過剰摂取などによってナトリウムの割合が高くなると、細胞内に水分が多く取り込まれて細胞が膨張します。膨張した細胞が血管を圧迫し、血圧が上昇するという悪循環が生じます。この状態を改善するには、カリウムを補うことによって細胞内の水分がバランスを調整し、血管にかかる圧力を緩和させなくてはなりません。
動脈硬化を予防するためには、カリウムといった高血圧を改善する栄養素を積極的に摂取する必要があります。
カリウムは、水溶性のため、水に溶けやすい性質をもち、煮ると煮汁やゆで汁の中に溶け出してしまうので、ゆでた後の汁も摂取できるような調理法が好ましいといえます。
また、ビタミンCなどの有効成分は、皮の部分の集中しているので、芽を取り除いたら皮ごと調理できる調理法が最適です。