「M-1ミスト」使用300日目(10ヶ月目)

しばらく更新が止まってしまって自分としても「もうやめてしまおうか?」とも考えたができるときに更新すればいい…と自分に言い聞かせ続けることにした。当初、このブログをはじめたときには、遅くとも半年ぐらいで目に見える結果がでる予定でいたが(勝手な妄想)そうは甘くなかった。
そもそも「毛がふさふさになった」とか「はげが治った」という事実をあまり目にしたことがない。かっぱのようなはげ頭に毛が生えてきた!という事実も目にしたことがない。
たぶん、そこまで進行した領域の人たちは、植毛とかカツラなどのあらたなステージに向かってしまうのだろう?と思う。

なんとかこのはげ頭に新しい毛が生えてくるよう努力したいと思っている。
10ヶ月目の正面写真から。

2014頭皮変化正面

10ヶ月前とほとんど変わっていないか?やや減っている印象もある。厳密には髪の毛の長さでも頭皮に占める割合が変わってしまうため印象がずいぶんかわってしまう。

次に頭頂部の写真。これを見るとやや増えているようにも感じないでもないがどうだろう?

20141/22頭皮変化頭頂部

当初に比べてもっとゆっくり育毛、発毛について取り組もうと考えをあらためた。M1スプレーを使ってみての客観的な感想は、使わない日は頭皮のかゆみが出る。これはやはり血行が悪いせいかもしれない。
1日2回朝、晩と使うとそれほど抜け毛も多くないのでこのあたりが続けている最大の理由になっているように感じる。
めげずにがんばりたい。

「M-1ミスト」使用219日目(7ヶ月を経過)

今日で「M-1ミスト」を使い始めて219日目となった。早いもので7ヶ月以上が経過した。はじめて「M-1ミスト」が届いた日の期待で胸がいっぱいだったのは、もう7ヶ月も前だったというのが少し信じられないくらい。頭皮の変化については、7ヶ月前よりハゲがすすんでいるように思う。これは否定できない。ずっと写真を撮っているので比較すれば一目瞭然。
これはとても残念だが、前回からはじめた湯シャンによる変化にとても驚いている。

7ヶ月前の3月21日に撮影した写真はこれ。

そして7ヶ月と9日経過した今日の頭頂部の写真はこれ

明らかにハゲは進行している。
ついでに、今日の正面の写真

ただし、この7ヶ月で諦めたわけではなくハゲは進行したかもしれないが、7ヶ月前のかゆみ、頭皮の乾燥といった頭皮環境は改善されはじめている。湯シャンも効果があるように感じているが、つい4週間ほど前から「ビタミンB群」のサプリを朝・夕と1錠ずつ2回飲むようにしている。食べ物と同じ考え方でいいらいしので食後に飲んでいる。ビタミンBというのは水溶性ビタミンなので撮りすぎても尿に排泄されてしまうそうだ。
ビタミンの詳しい内容はこちらでだいたい理解できました。

本当は、「M-1ミスト」も6ヶ月くらいで効果が出るのでは?と期待していただけに少し残念ではあるが、ここはめげずにもう少し使い続けてみようと思う。
以前より頭皮が軟らかくなってきたことだけは自覚しているので発毛というステップはそう遠くないと勝手に思っている。

「M-1ミスト」使用154日目(5ヶ月を経過)

今日で「M-1ミスト」を使い始めて154日目となった。早いもので5ヶ月以上が経過した。はじめて「M-1ミスト」を使いはじめた3月21日の頃の頭皮の写真と比較すると今のほうがややハゲが進行しているように思う。これはとても残念だが、前回からはじめた湯シャンによる変化にとても驚いている。

  • 頭皮の痒みが激減
  • 抜け毛が太くなっている

この2つについては、「M-1ミスト」とはあまり関連性がないかもしれないが頭皮環境の改善という意味ではかなり期待している。
抜け毛が太くてしっかりした毛になってきている感じはこれまでの中で少し変化がある。ただ、せっかく太くてコシのある毛が抜けてしまうのでは意味がない。このあたりの変化は喜んでいいのか?喜んでいけないのかわからない。

「M-1ミスト」については、魔法の薬ではなく頭皮環境を正常に戻し、健康な髪が生えてくる。というプロセスがクローズアップされているがこれはもともとこの考え方に賛同し「M-1ミスト」を購入した。

ここ数日はかなり暑く汗もかなりかいているがお湯だけの洗髪、湯シャンでまったく問題ない。40歳前なので臭ったりしたらいやだなぁ~と心配したがそういうった心配もなくお湯だけで汚れは落ちるようである。
今までシャンプーで頭皮を洗ってきたこれまでの生活習慣はなんだったのだろう?と思ってしまう。

よく肌のターンオーバーというのは28日周期だと言われている。古い細胞から新しい細胞にかわるのに28日間かかるという意味。頭皮はどのくらいなのだろう?
少し検索してみたが納得できる結果が見つからなかった。
いろいろ気持ちはあるが、まずは頭皮環境の改善が重要だと思う。

今回は少しねばり強くがんばってみようと思っている。

いつも通り。記録の頭皮写真。正面から。

頭頂部写真

「M-1ミスト」使用136日目

3月21日にはじめて「M-1ミスト」をスプレーしてから今日で136日が経過。もうすぐで5ヶ月になる。最初に購入した1本目がまだ終わらない。仕事の関係で日常が仕事で埋め尽くされてしまうと、たった朝晩2回のスプレーができないほど余裕がなくなってしまう。悪い性分だし自分をコントロールすることができない。
何かに夢中になると、周囲が全く見えない性格も38年になろうとしている。これもハゲの大きな要因になっているはず。

ここ数週間は、朝晩2回のスプレーは欠かさず行っている。それから先週あたりから洗髪を週に1回にしている。これは、抜け毛が多くなり、薄毛に悩むようになってはじめての試みである。

このきっかけは、前回の122日目の記事で自分の生活、そして頭皮の写真を見て思ったのは、3月に購入してスプレーをはじめたこの「M-1ミスト」だがあまり効果が感じられない…という残念な客観的な判断。

そこでいつもなら「こんなクソ高いもの買わされた!」といって焼け食いするパターンだが、今回は冷静に自分の頭皮について分析した。かいわれ大根の芽がでてくる育毛剤を簡単に諦めることができないのもある。

どの薄毛解消サイトやハゲの解消サイトや本、あらゆる情報に書かれている内容といえば「頭皮を清潔に」という内容。
これは誰が考えてもその通りだと思うし、間違っていないと思う。頭皮が清潔になっていなければ正常な髪の毛が生えてくるわけがない。

そんな影響もあって仕事一色になっている期間も洗髪だけは手を抜かなかった。少し大げさかもしれないがこの10年、洗髪には念を入れてきた!という自信がある。
そのせいもあってかどちかというと頭皮はいつもかさかさしている。頭皮の脂が落ちすぎているように感じていた。ふけがでるのは、頭皮が汚れているせいだと間違った解釈をしていた。乾燥してもかさかさになる。

しかし、シャンプーがよく落ちてないケースがあって抜け毛の原因になる…というのを自分の頭皮と勝手に照らし合わせ、やたらすすぎに時間をかけた。まぁ、頭皮の環境は全く改善しないばかりか?かゆみとフケとひどくなる一方だった。

そんな折り、湯シャンという方法での洗髪の情報を見つけた。頭皮を洗いすぎて脂分が抜けすぎてしまい、抜け毛になるというもの。
最初は、そんなことがあるのか?とも思ったが、若い人でにきびが気になって洗顔をしすぎて、にきびをさらにひどくしてしまう…そんな状態と同じだという。

頭皮も顔の肌も全く同じだという。

約10年間、とにかく頭皮を丁寧に丁寧に洗ってきた生活習慣を真逆に変えるのは少し抵抗があったが実際にはじめてみたら「かゆみ」が激減。
最初は、1週間ごとに洗えばいいと思ってはじめたがこれならシャンプーは必要ないかも?ともとさえ思っている。
実際、毛穴の汚れや髪の毛の汚れというのはお湯だけで十分に落ちるのだそうだ。

ヘアーワックスなどを使う人はシャンプーは必須だそうだが、そういったものを使わない人はお湯のみで洗う湯シャンで十分だという。

たくさん汗をかいたような時はシャンプーをすればいいのだし、やる、やらないを事前に決める必要もないと思い気楽にはじめてみたが頭皮の調子がよくて驚いている。

仕事でイライラしたときの頭皮の痒みもずいぶん以前に比べると減ったように思う。あとは、せっせと「M-1ミスト」で栄養を送り毛が生えてくるきっかけづくりを欠かさないようにしたい。

湯シャンをはじめて2週間になるが、頭皮が臭うとかべとつきがあるとかそういった不快感は全くない。今まで「薄毛用シャンプー」に費やした金をかえせぇ!と言いたいところだが、ひとまずいい方向に向かいそうで期待をもっている。

いつもの通り136日目の頭皮の写真2枚。

頭頂部。

「M-1ミスト」使用122日目

前回のブログ投稿時は88日目だったが、2~3日して仕事上で大きなトラブルが発生してしまい、1ヶ月弱程度、頭髪のことなど考える余裕が全くない状況になってしまった。
うちで受注した仕事ではなかったが、お客さんの方でとにかく困っている…と連絡がありどうもトラブルを起こした会社と連絡がとれないとのことでうちでデータを修正することになってしまい、これがまた地獄の日々のはじまりだった。

ほぼ、食事、トイレ以外はディスプレーに向かっていた。膨大なcsvデータの修正は本当に肉体労働の何ものでなもなく苦手であり苦痛だった。

1週間ほどして体調がすぐれずに食事がとれなくなったり、めまいがしたりして最悪の毎日だった。

88日目のレビューでは産毛のようなものが生えてきた…と記載があるが、現在は、自分でもはっきりわかるくらいハゲが進行している。
抜け毛も多いし、頭皮に吹き出物のようなものもたくさんできている。
どうも大きなストレスがかかると頭皮に吹き出物のようなものができる体質のよう。どのタイミングで吹き出物ができるのか、振り返ってみると

  • 食べ過ぎ
  • 睡眠不足
  • 仕事上のトラブル

などがほとんどとなる。肉体的にも精神的にも過剰なストレスでにきびのような吹き出物が頭皮にできるようだ。

この忙しい期間の間、とても「M-1ミスト」をスプレーをする精神的余裕と時間的余裕がなくまったくできなかったので頭皮環境も悪化しているのが自分でもよくわかる。
ひとまず仕事は落ち着いたので頭皮の吹き出物も改善していくと思いたいが、この状態ではいくら無添加成分でもよくないと思い、もう少し体の状態がよくなってからにしようと思う。

もうこの仕事をはじめて115年ぐらいになるが、大きなトラブルが生じると心身共にダメージが大きい。サラリーマンと違い無責任な仕事ができない。このプレッシャーは大きくダメージが大きいのかもしれない。
この仕事をはじめてから薄毛に悩むようになったこともある。

とりあえず、頭皮というのは、ストレスの影響をよく受けるのかもしれないとあらためて実感した1ヶ月だった。
この1ヶ月は食事も適当でとにかく仕事時間を1分でも多く確保することに無我夢中だった。
少しずつ、ペースを戻したいと思う。

122日目の写真。正直、撮影をするのが気が重かったが記録なので。

頭頂部の写真。頭頂部の毛がだいぶ薄くなってしまったようだ。もともと薄毛の進行がひどかった部位なのでよけいにめだってしまう。

「M-1ミスト」使用88日目

「M-1ミスト」を使い始めて今日で88日目。なぜ90日目の区切りのいいところでレビュー記事をかかなかったのか?自分でも不思議なくらいだが、仕事の合間にしかこのブログを書けないことと、意外に正面と頭頂部の写真撮影が時間を要するために精神的にも時間的にも余裕があるときでないとできないことによる。
そんなわけで区切りの悪い88日目になってしまった。

ともかくあと2日経過すればちょうど3ヶ月間、使ったことになる。3月20日に購入した「M-1ミスト」の1本目がまだ終わらないということは少し1回の使用量が少なすぎるかもしれない。
そう思って前回のレビュー「M-1ミスト」使用76日目から今日までの12日間は、朝晩の2回のスプレーで少し意識してスプレーを増量してみた。
特に入浴後の晩にスプレーする際には、少し意識してスプレーしている。

大きな変化は感じられないが、幾分抜け毛が減ったようにも自覚している。それと、頭皮の環境が改善されているせいか、異常な乾燥と痒みが少しいい感じがする。
これは、少し気分がよくてストレスがない。
あと、抜け毛の中にほんの小さい毛が混じるようになった。これは、明らかに最近、生えてきたものだとわかる産毛のようなもの。
これもかなり気分をよくしてくれている。
写真で見ると、大きな変化は、見られないが、少しずつ、少しずつ頭皮がよい方向に変化しているように感じている。たった3ヶ月で真っ黒にぼーぼーになったら体にまずい物質が入っていること間違いない。
そう考えると、体に負担のない育毛剤でゆっくり少しずつ毛が増えたり、伸びたりすればいいなぁ~と思っている。

「M-1ミスト」を使用開始して88日目の写真。まずは正面から。

次に頭頂部。

「M-1ミスト」使用76日目

M-1ミスト」を使い始めて76日が経過。一時のひどい痒みと抜け毛はおさまったようにも感じるが、これは感覚的なものではっきりとはわからない。
あと、2週間ほど使用すると3ヶ月になる。
「M-1ミスト」をためそうと決意した当初、3ヶ月目くらいから頭皮の改善傾向が見られるとあくまでも勝手に予想していただけに現在の頭皮の様子からすると「がっくり」。
今までさまざまな抜け毛タイプ、薄毛タイプの人の体験談やブログなどを見て回ってきたが、大抵、3ヶ月目で何かしらよい兆候を自覚されている人が多かった。
もちろん6ヶ月目とか1年以上経過して諦めかけた頃に毛が生えてきた…という記録もあるのでまだ諦めたわけではないが、ひとつよい兆候?になるのかわからないが、若干、毛にコシのようなものがでてきたのかも?という感覚がある。

この「M-1ミスト」は「健康な髪」「健康な頭皮」に改善することで毛髪を増やしたり濃くするスプレーなので継続して朝、晩のスプレーとマッサージを続けたいと思っている。
少し本音を言えば、確実実感できる頭皮の変化がほしいなぁ~と思う。
写真撮影は続けているが正直、変化の具合もよくわからない。

めげずに続けていこうと思う。

「M-1ミスト」使用76日目の正面からの写真。

頭頂部の写真も。

頭髪の長さによってすごく薄く見える場合と薄いことは薄いがまだマシという長さがあることもわかってきた。
薄毛は、短髪のほうがいいように思う。

「M-1ミスト」使用62日目

「M-1ミスト」を使い始めてそろそろ2ヶ月が経過した。正確には62日目。これまでに自覚できた「よい点」というのは幻だったのか?と思ってしまうくらいここ数日は、頭皮がかゆくて、実際抜け毛もひどい。
「M-1ミスト」を使いはじめた頃より薄くなっているのでは?と思うくらい頭皮も薄くなってきたようにも思う。「M-1ミスト」が届いた日に撮影した3月20日の時と比べてみたが、どうもショットが毎回同じでなくて比較もいまひとつ…だが、髪の毛の量はそれほど変わっていないようにも思う。
変わっていない!と思いたい気持ちが優位にあるだけかもしれない。

なぜ痒みが強くなってしまったのか?抜け毛が増えたのか?は、はっきりわからない。以前にカッパのように頭頂部がツルツルの人が自分のようにネット上に日記を公開していたのを見たときには、同じように毛が生えてくる前に「異常な痒みと一時的に増えた抜け毛」について記載されていたのを思い出した。
もしかすると自分も同じようにこれから毛が生えてくるのだろうか?と前向きに考えてみた。

一時よかった頭皮の乾燥もここ数日は痒みが増したのと同時に症状がでている。仕事でイライラしているのか?頭皮がかゆくてイライラしているのか?よくわからないがどっちにしてもストレスが大きい。

先日は、「M-1ミスト」の販売元からそろそろ1本目が終わる頃でしょうか?といった内容のメールが届いていたが自分は、かなり残っている。頭皮にスプレーする量が少ないのかもしれない。
今日からは、もう少しスプレーする量を増やしてみようかと思っている。

記録の写真。使用62日目の頭皮の様子。
正面からの写真。

もともと頭頂部の方から変則的に薄くなっているタイプなので頭頂部の薄さは際だって目立っている。あらためて写真をとると凹むな。

頭頂部からの写真。

「M-1ミスト」使用48日目

「M-1ミスト」を使い始めてそろそろ2ヶ月が経過しようとしている。もう少しマメに更新をしたいと思ってはじめたブログだが思った以上に時間がとれない。

先日、散髪に行って来た。いつも髪を切ってくれる人と「薄毛」談義で盛り上がった。
自分ほどではないが薄毛で悩んでいるというので話しは尽きない。特に何百人、何千人という人の頭皮をみてきているだけあってこちらとしては、なるほど!!と思うポイントもあって楽しかった。

やはり育毛剤というのは、3ヶ月~6ヶ月目で自分の頭皮に合っているか?の判断が下せるのだと言っていた。これは自分もネットでリサーチしたものと一致する。
Aサンには効くがBサンには効かないケースも多いそうだ。

このあたりは、「M-1ミスト」が送られてきた際に入っていた資料にも書かれていた。この世に魔法の薬や毛生え薬がないのが事実で、頭皮に血液がきちんと正常に流れるようにしたり、酸素が行き渡ることが大事なのだという。
これは本当にそうだと思うし、今日もその話で最後まとまった。

結局、頭皮への血流確保、血流改善が全てだということ。そのきっかけが「M-1ミスト」だったりシャンプーだったりするということ。

最近は、食事も肉を控えるようにして魚を食べるようにしたり、食物繊維を多く摂るようにしている。

頭皮の変化は、抜け毛は、一時おさまったように思ったが、同じくらいに戻っている。この点はちょっと残念。
よい点は、頭皮が少し軟らかくなってきた気がする。

まぁ気長にゆっくり続けたいと思っている。よく精神的にリラックスする時間がない人は体にいろんな弊害がでると言われるが頭皮も同じではないかと思っている。
仕事に追われる毎日はどうしようもないので、たまには頭皮のためにもリラックスする時間をつくりたい。

今日も写真を。
まずは正面写真から。

同じように頭頂部の写真も。

「M-1ミスト」使用35日目

「M-1ミスト」を使用開始して1ヶ月以上が経過。自分の中で「これ!」という手応えは自覚がないまま1ヶ月以上が経過した。どこかで過大な期待もあったがそれと同じくらい6ヶ月程度は続けないとまずは効果は自覚できないだろう?という冷静な部分もある。

頭皮に関して真摯に向き合う時間は、風呂に入る前と入浴中、そして入浴後になる。これは鏡に自分のハゲの状態が映し出されることが大きな原因だと思われる。
朝食をとったあとに歯磨きをするときも鏡の前に立つが、朝は、仕事のことで頭の中が埋め尽くされている分ハゲをきにしていないといえば嘘になるが、ほとんど気にならない。

特に自分のハゲと向き合う時間は、入浴前と入浴中になる。特に洗髪をした後は、完全に「カッパ状態」になるので厳しい現実を受け止めなければならない。それとこのブログをはじめて、自分の頭皮の正面と頭頂部の2枚の写真。これが思った以上に厳しい現実を突きつけられる

入浴中は、体が温まり血液循環がよくなっているためマッサージを行うには絶好のチャンス。また、頭皮の汚れは薄毛、抜け毛には最悪なので洗髪は非常に重要な時間でもある。

時々、ハゲでもスタイリッシュなおじさんとか雰囲気のあるステキな男性を見ることもあるが大部分は、ださいし、見ていられない。
最近は、仕事でもトラブルが多く、ストレスも多い。

一応、35日目の写真を記録として。
まずは正面の写真から。

気になる頭頂部の写真。

このブログで自分の頭皮の写真を撮影していて思ったがやっぱりはげは「短髪」の方が「はげ」度が少し下がるように思える。よく床屋さんで「4~5mmの坊主にしたほうが目立たないよ」と言われるが本当にそんな気がする。
頭頂部が薄くなるタイプは、特にそうなのかもしれない。
仕事で時間がとれたらとりあえず思いっきり短くしてはげを目立たないようなヘアースタイルにしようと思う。
なんとか新しい毛が生えてくるように強く強く祈るばかり。