目を悪くしてしまう習慣」カテゴリーアーカイブ

眼にいい姿勢はこんなイスから

近視の人には、猫背が多いといいます。これは、眼の状態と姿勢との問に、密接な関係があるということにほかなりません。眼と書物との間隔が近すぎると、眼の焦点距離が近くに固定してしまい、近視の原因になってしまうのです。

そして姿勢が悪いと、体に負担がかかり、筋肉も硬直します。それが原因で眼も疲労し、視力の低下につながるのです。
また、眼の焦点距離が近くに固定してしまうことも近視の大きな原因になります。

本を読んだり字を書いたりするときには、眼の位置と正しい姿勢を保つことが、いかに重要かということです。体にも眼にも負担がかからない理想的な姿勢を保つには、普段使っているイスや机の大きさや高さ、また角度などに関係があります。

理想のサイズは次のとおりです。

  • イスの高さ
    膝下の長さから1.5~3cmひいたもの
  • イスの奥行きと幅
    ももの長さ
  • 座る面の角度
    後方に4~8度傾斜しているもの
  • 背もたれの角度
    座面に対して110度くらいの角度で、腰骨と肩甲骨の問がぴったりとフィットしたカーブのあるもの
  • 机の高さ
    座高の3分の1 にイスの高さを足したもの(
  • 机の奥行き
    幅の3分の2以上

この理想的なサイズの机とイスで本を読んだり勉強したりすれば、眼にいいばかりでなく、体にとっても非常に楽な姿勢を保つことができますから、能率もあがることでしょう。
寝転んで読書したり、机にかじりつくように背を丸めて勉強しては、眼や体に負担をかけるばかりです。このような習慣はすぐに改善したほうがいいでしょう。

目を悪くしない本の読み方

寝るまえのひととき、ふとんの中で好きな本を読むのが楽しみ、という方もいらっしやるでしょう。物を見たり、読んだりするときに大切なのは、何より楽な姿勢です。

体にも眼にも負担をかけない方法で楽しむことが大切です。そのためのポイントは、まず正しい姿勢で座ること。力を入れない程度に背筋を伸ばし、体に無理のないリラックスした姿勢をとりましょう。

くれぐれも緊張してはいけません。そして頭はうつむかないように、少し傾ける程度にします。極端に前へ傾けると首と肩に負担がかかって、血液が頭ヘスムーズに循環しなくなってしまいます。
さらに、眼を支配している脳の中枢神経を圧迫することになるので、眼がひどく緊張することになります。猫背の癖がつくと、それは近視につながりますから意識して治すように心掛けてください。

本の位置は、眠から35~40cm離したところが最適。肘を張らずに、腕をリラックスした状態に保ちましょう。無造作に膝の上にのせて読むことはやめてください。

余計な光線が眼に入ってこないように、そして目障りな物が視界に入らないような位置を確保します。そしてまぶたをリラックスさせて、1行読む問に1、2度瞬きができるくらいの余裕をもたせるといいですね。

このようにいろいろポイントをあげると、堅苦しく考える人がいるかもしれませんが、健康な人であれば、ほとんどの人がこのような読み方をしているはずなのです。なぜなら、これが一番楽で、長時間の読書にも耐えられる姿勢だからです。寝ころがったり、肘を突いたりして本を近づけすぎると、眼はチカチカしてきたり重くなってきたりします。読書は正しい姿勢で楽しんでください。

本を読まないほうがいい時もある

つい夢中になってしまい、推理小説を深夜まで読みふけってしまったことはありませんか? ふだん眼を使わない時間に眼を酷使することは、眼の健康に悪影響をあたえるのです。

1日を、ある一定のリズムによってすごしています。心身共に健康であれば、このリズムはまず狂うことがありません。食事が喉をとおらない、朝どうしてもおきることができない…

こんなときは体や心の状態が正常ではないということです。逆にリズムを狂わせると、どこかに変調をきたしてしまうことになるのです。眼も同じです。眠っている問に十分休ませれば、次の日にはまた健康な状態で活動できます。ところが休ませるべき時間帯に眼を酷使すると、疲労は蓄積されて機能が低下するのです。深夜まで読みふけって眼をいじめると、そのツケは必ずまわってきます。

睡眠で緊張がほぐれるとは限らない

心配事があって眠れない、眠れないから神経が休まらない、神経が休まらないから緊張して、それがまた不眠の原因になる… これはまったくの悪循環。

不眠は目を悪くする大きな原因になります。緊張が寝床の中にまで持ち込まれ、眼を動かす筋肉を休めることができないからです。
こんなとき「眠らなくてはならない」と焦ると、ますます深みにはまってしまいますから、まずもとを断たなくてはなりません。

まずは、心配ごとを取り除くことです。心配ごとははじめは小さなことでも、そのことに神経を集中しすぎることによって増幅していくものですから、神経を休ませて緊張を解きほぐすことが第一です。

全身の筋肉を十分に柔らかくして眠りましょう。全身の筋肉を柔らかくするには、まず最初に舌の力を緩めます。緊張するとどうしても舌に力が入り、さらには歯も食いしばるのであご顎にも余計な負担がかかります。
舌を上顎から離して力を抜いたら、次に顔の筋肉と眼の筋肉をマッサージして柔らかくします。自分で筋肉がほぐれたと感じるまで、繰り返し繰り返しおこなうことです。

次に目を閉じたまま頭を左右にゆっくりまわします。このとき暗闇に柔らかく溶け込むつもりでイメージするといいでしょう。そのあと、静かに眠りに入ればいいのです。

またどうしても寝付きが悪いときには、基本動作である「身体回転」を繰り返して、心地よい疲れを誘うといいでしょう。ぐっすり眠ることができれば、ほとんどの心配ごとは取るに足らない些細なことに思えてくるでしょう。

また、心配ごとを抱えて悩んでいただけだった人も、具体的に解決しょうと前向きに行動できるようになるはずです。眼と心にとつての睡眠と休息の重要性は決して忘れないでください。

排泄が目に与える影響

こんな例があります。ある男子学生が以前とても珍しい症状に悩まされていました。彼は読書するたびに必ず激しい嘔吐性の頭痛に悩まされていたのです。

読書によっておきる症状ですから、彼は原因は眼にあると考え、何年も眼科医のもとに通い続けていたのですが、一向に症状はよくならなかったのです。その後、彼の体をよく調べていくと、虫歯があり、さらに慢性のカタル状態でもあったのです。

また、彼の食生活にも問題があったので、食餌療法をほどこし、排泄にも注意を払いました。次に胃腸のレントゲン撮影をすると、不活発な結腸が発見されたので、結腸を強め、排泄をよくする治療を開始しました。

つまり彼はいくつもの要因をかかえて、排泄作用が十分におこなわれていなかったというわけなのです。こんな状態では、嘔吐するのも、頭痛がひどいのもうなずけます。

引き金になったのは読書でしたが、過敏な眠がまず反応したということなのでしょう。不十分な排泄は、神経をいらだたせるし、頭痛にも悩まされ、そして眼にも多くの悪影響を及ぼすことにもなるのです。

眼の機能に精神や神経がいかに重要かということは強調してもし過ぎることはありません。彼の症状は眼に原因があったのではなく、体の変調が眼にあらわれてしまったといえるのです。

毎日の十分な排泄は、体の健康のバロメーターになるばかりでなく、眼の健康のためにも欠くことはできません。眼は、まず体の異常の兆候にもなりえるのです。
便秘になりやすい体質の人は、乳酸菌を摂取する習慣が大切です。

病気のときは目も弱っている

体が病気に冒されていると、眼も同じように弱っているということをご存じですか? 眼も体の一部です。生命が衰えれば、眼だって弱っているのです。

風邪を引いて寝込んだときなど、ほかにすることのない退屈さから、ついつい本に手が伸びてしまうことがあるかもしれませんが、これは弱っている眼をさらにいじめていることになるのです。もっと眼をいたわってあげてください。

病気の症状が重いときには、けっして本を読まないでください。当然、TVやPC、スマホも同じです。ただ体を回復させることだけを考えて、静かに休んでいることが一番いいのです。

寝こむほどではない症状であれば、ごく短い時間の読書ならさしつかえないでしょう。しかしその場合も、何度も眼を閉じて数分休ませたり、頻繁にマバタキを繰り返すようにしてください。集中しすぎて長時間読みふけったり、最後まで読み切ろうと無理をしたりすることは絶対に避けましょう。

なんとなく体がだるかったり、神経がビリビリしているなと思うときは、なるべく読書は避けたほうがいいでしょう。それでもどうしても読みたい本があるのだったら、20分か、30分でいいですから、静かに眼を閉じて、少しでも眠ることです。そして体が楽になったら、はじめてページをめくるようにしましょう。その場合も、一気に読んでしまおうなどとは思わず、ゆとりをもつて休憩しながらです。専門書で勉強する場合は例外ですが、読書とはもともと精神的にリラックスするための物ではないでしょうか。ですから病気で体が弱っているときには、精神的にも弱っているはずですから、読書を楽しむことなどできないはずなのです。
「ほかにすることがないから」「読んでしまわなくてはならないから」という理由で読書をしても、きっと楽しくないでしょう。体も心もリラックスしているときにこそ本を発しんでください。

眼鏡なしで視力が回復する理由

眼は、よくカメラのレンズにたとえられます。眼でとらえた光が水晶体(レンズ)をとおり、網膜に達したときにピントが合っていれば鮮明にはっきり見えるのです。

しかし、カメラでは、異なる距離の物はそのたびにピントを合わせなくてはなりません。ところが、私たちの眼は正常な状態であれば、遠くの物でも近くの物でもは鮮明に見ることができます。
つまり一瞬のうちに焦点を合わせるのです。

「異なった距離の物が見えるのは、眼の水晶体の形が変化することで焦点を合わせているからだ」とするヘルムホルツ説は、現在でもかなりの範囲で容認されています。「近視の眼は水晶体が厚くなった状態で、そのために焦点がずれて、遠くの物が見えにくくなる、そして眼に入る光の角度を調整するために近視用のメガネが必要だ」という定説はヘルムホルツ説が基本になっているのです。

ところが20 世紀の初め、ウィルリアム・ホレイショ・ベイツという博士が「異なった距離の物を見ることができるのは、眼筋が変化して調整しているからである」と主張したのです。

「眼は、6つの筋肉(4 つの直筋と2つの斜筋) に支えられていて、遠くの物を見るときには直筋の力によって水晶体は平らに引っ張られ、逆に近くの物を見るときには斜筋の力で水晶体を締め付けて、どんな距離でも焦点を瞬時に合わせることができます。

つまり、眼筋が正常であれば、見たい物に焦点を合わせることができる」というのがベイツ説です。ペパード博士が学んだ医学もヘルムホルツ説による学説でしたが、これだけでは多くの屈折異常の患者の眼を泊すことができませんでした。

博士は、カメラでもレンズの形は変わらないのに、奥行きの長さを変えることにより正確な映像をとらえることに気づき、眼球の形を強力な眼筋の作用で調節し、正しい映像を眼底の網膜上に映すことができるかもしれないと考え、ベイツ説も併用して、患者の眼を治す眼筋体操を考案して実行してみると、眼をメガネの助けなしに正常に戻すことに成功しました。

この方法により数えきれない程の多くの患者の眼を治してこられました。博士によれば近視、遠視、乱視など眼の疾患のほとんどは、この眼筋を酷使した結果なのです。

悪い習慣や過度の疲労、そして神経的ないらだちなどが原因で眼筋は緊張を強いられ、次第に弱ってきます。弱った眼筋では、見たいものに照準を合わせられません。

メガネやコンタクトレンズは一時的な対策になるかもしれませんが、正常な眼筋のカを取り戻すことはできないのです。かえって症状を悪くすることにもなりかねません。眼をよくしたいのなら、正常な眼筋に戻すことです。そしてそのためには効果的なトレーニングが必要なのです。それとともに、毎日の生活の中で眼を悪くしないよう気をつけることが大切です。

普段からルテインなどを摂るのもおすすめです。