サプリメント」カテゴリーアーカイブ

不眠をサプリで改善したい

最近の調査によると、不眠を訴える人が急増しており、5人に1人が不眠で悩まされていることが確認されています。たとえば、北里大学が1 万人を対象に行った調査では、半数の人が「不眠症」あるいはその疑いがあるとされました。脳には、睡眠を司る「睡眠中枢」と、覚醒を司る「覚醒中枢」とがあり、この両者の調節機構が正常に働かないと、睡眠障害の1 つとして不眠症を生じるのです。不眠症の原因としては、過労やストレス、うつ病、いくつかの身体的な疾患などが知られています。

「昨夜はよく眠れなかった」といった「不眠」は、一過性のストレスや身体的苦痛などによって起こります。一時的に眠れない状態は、生体の生理的な反応としての不眠ですが、医学的には「不眠症(睡眠障害)」とは呼びません。単なる不眠は、医学的には疾患ではなく、治療対象とはされません。
一方、代替医療・統合医療では、一時的な不眠に対しても、カモミールやレモンパーム、バレリアンといったハーブを利用します。
特に、カモミールやパッションフラワーなどのハーブティーは、安全性も高く気軽に用いることができます。病気としての不眠症とは、次のいずれかの症状が週2回以上認められ、少なくとも1ヶ月間持続する場合をいいます。

  1. 入眠障害…寝つきが悪く、入眠するのに長い時間を要する病態。就床後1 ~2時間以上眠れない状態。
  2. 中間覚醒(中途覚醒)…夜中に目が覚めやすい病態。複数回日が覚める場合や、目が覚めたあと眠れない場合があります。うつ病や脳血管障害に伴って生じることも知られています。
  3. 早朝覚醒…意図したよりも早く日が覚める病態。生理的現象として高齢者に多く、また、うつ病の症状の1つでもあります。
  4. 熟眠障害…熟眠したという満足感がなく、覚醒時に睡眠不足を感じる病態。以上が不眠症の代表的な病態です。

れらの不眠症をもたらす原因として、「精神生理性不眠症」の他、身体的疾患や精神疾患などがあります。「概日リズム睡眠障害」という病態もあります。これは、入眠と覚醒の時刻が一般的に好ましいと考えられる時間帯ではない状態をさします。
この障害には、朝寝坊型になる「睡眠相後退症候群」と、朝早く覚醒する「睡眠相前進症候群」があり、社会生活において問題になる前者では、メラトニンなどの投与が行われます。うつ病によって生じる不眠症もあります。うつ病では入眠困難、中間覚醒、早朝覚醒のいずれも起こりえます。最近、肥満の合併症として生じる「睡眠時無呼吸症候群」が注目されています。2003年には、新幹線の運転士が、この症候群のために居眠り運転を起こしたことで大きなニュースになり注目を集めました。

うつ病や脳血管疾患、肥満症、医薬品の副作用による不眠症であれば、サプリメントではなく、主治医に相談します。 医療機関での不眠症に対する治療は、睡眠薬の投与が中心となります。睡眠薬の多くは、ベンゾジアゼピン受容体作動薬という種類であり、覚醒中枢を刺激する感情中枢の興奮を抑制します。

特に問題となる基礎疾患がないのに、不眠を訴える人も少なくありません。代替医療・統合医療による不眠の治療では、個人の体質や症状に合わせて次のようなサプリメントを利用しますが、基本的に体が緊張状態(交感神経優位)の状態では眠気がやってきません。体をリラックスさせる方法を自分なりにさがしてみます。音楽を聞いたり、おいしいものを食べたりして自分で「心地よい」と感じることをすることが一番です。

穏やかに働くハーブは、「バレリアン」です。睡眠のリズムに作用するホルモンは、メラニンです。うつ病などの抗うつに作用するのは、「セントジョーンズワート」です。

うつ病をサプリで改善したい!

うつ病は、現代社会では誰でもかかりうる可能性のある病気です。精神的な症状だけではなく、頭痛や倦怠感といった身体的症状も認められます。自殺とうつの関連レポートが厚生労働省から出されています。

平成22年1月に自殺・うつ病等対策プロジェクトチームを立ち上げ、5回にわたり有識者の方々からのヒアリング及び議論を行うとともに、人口動態統計など、自殺に関するデータの分析等を行い、自殺の実態を踏まえた対策を検討してきました。その結果、5月28日に報告をとりまとめ、今後の厚生労働省の対策として五本柱を示しました。

こうしたことからもうつは、社会問題として定着してしまっているのです。
うつ病は、環境の変化やストレス、人間関係のトラブル、過労などによって生じることがあります。また、凡帳面である、完壁主義、他人を気にするといった性格・思考パターンの人は、うつ病になりやすいタイプです。うつ病は、脳の中で情報を伝達する役割をもつ「セロトニン」や「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が不足することで生じます。 症状としては、気分が落ち込む、食欲不振、疲労感、集中力の低下などが2 週間以上続くことが特徴的です0 また、頭痛、倦怠感、肩こり、胃痛といった身体症状が見られることもあります。

うつ病の治療の基本は、「抗うつ剤を服用する」と「休養をとる」の2本柱です。抗うつ剤としては、「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」に分顆されるタイプの医薬品が使われます。

医薬品であるSSR と同等の効果をもち、副作用がより少ない成分がサプリメントとして入手できます。

抗うつ作用のあるハーブは、セントジョーンズワート、抗うつ作用のある成分は、サム・イーがあります。

排尿トラブルをサプリで改善したい

排尿のトラブルとして多いのは、50歳以上の男性の倍、「前立腺肥大症」、若年女性では「急性膀胱炎」が一般的です。

高齢男性では、前立腺肥大症による排尿困難が認められます。前立腺肥大症は、前立腺ガンとは異なり、良性の病気ですが、日常生活に支障を来すこともあります。 また、前立腺肥大症によって膀胱に尿が残るようになると、「慢性勝胱炎」を起こしやすくなります。若年女性で生じる排尿トラブルで多いのは、「急性膀胱炎」です。 泌尿器系の解剖学的な違いで、女性では大腸菌などの細菌による「尿路感染症」が起こりやすいのです。症状として、排尿痛、頻尿、尿の混濁が認められます。

対処方法としては、前立腺肥大症の予防や治療については、医薬品の他、ハーブも効果があります。ただし、自己判断だけではなく、たとえば、前立腺ガンの可能性を否定するために、病院での定期検診も大切です。急性膀胱炎は、抗菌剤で治療します。 また、予防効果のあるサプリメントもあります。

前立腺肥大症の予防および症状の改善には、「ノコゴリヤシ」が有効です。
急性膀胱炎の予防および治療には、クランベリーが有効です。

腰痛、肩こりをサプリで改善したい

現代人の9人に1人は「腰痛」で悩んでいるという調査があります。「肩こり」もよく認められます。一般に、腰痛・肩こりは、筋肉の疲労が原因で起こります。たとえば、同じ姿勢をとり続けることで筋肉が緊張して血行が悪化し、痛みやこりが生じるのです。
最近は、パソコン作業などが増え、慢性的に肩こり、腰痛などの症状を訴える人が急増しています。

腰痛は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のように腰椎に障害が起きて生じる場合と、原因不明で主に姿勢の悪さから生じる「腰痛症」とがあります。肩こりは、骨・筋肉に異常がある場合と、筋肉の疲労によって生じる場合とがあります。運動不足による筋力の低下、デスクワークにおける姿勢の悪さなどが原因で、筋肉が緊張し血行が悪化すると、「乳酸」などの疲労物質が蓄積され、痛み・こりが生じます。

骨や関節に障害のある場合には、整形外科的な診断と治療が必要になります。一方、腰痛の多くは、統合医療では(欧米の基準を満たすレベルにある)「カイロプラクティック」の適応となります。

サプリの場合は、生活習慣を見直しつつ、腰痛・肩こりに効くサプリメントも利用できますがあくまでも補助的な使い方になります。

血行を改善し痛み・こりを緩和する作用のあるサプリは、「ビタミンE」です。末梢神経を修復する成分は、「葉酸」「ビタミン12」です。
疲労物質をとるには「クエン酸」が有効です。

関節の痛みをサプリで改善したい

65歳以上女性の5人に1人は関節痛に悩んでいるというくらい、関節の病気は多くの人が悩んでいます。関節の病気としては、変形性関節症と関節リウマチの2つが代表的です。変形性関節症は、加齢に伴って増えてくる病気です。関節リウマチは、「免疫」のしくみに何らかの異常が生じることで発症します。いずれも、西洋医学による診断が大切です。

関節は、骨と骨とを結ぶ連結器として機能しています。関節をはさむ2つの骨には腱を介して筋肉が付着しており、関節を動かしたり固定したりする作用があります。関節で向き合った骨端部には関節軟骨があり、クッションの役目を果たします。
また、関節の内側は滑膜という軟らかい膜で覆われています。この滑膜には、滑液という潤滑油の働きをする成分が存在しています。変形性関節症が膝関節に生じると、変形性膝関節症となります。このときの膝の痛みは、関節でクッションとして働いている軟骨がすり減って関節の滑らかさが失われ、骨同士が擦れ合うために起こります。
膝などの関節痛をもたらす軟骨の老化は、中年期以降によく認められます。関節リウマチは、関節にある滑膜に炎症が起こり、関節に腫れや痛みが生じて、軟骨や骨が破壊されていく病気です。一般に、5 0歳代を中心とした女性に多く、日本での患者数は80万人と推計されています。
関節リウマチでは、「朝の関節のこわばりが1時間以上続く」「左右対称に関節が腫れる」「3つ以上の関節が腫れる」といった特徴があります。なお、何となく関節が痛むときにリウマチと自分で判断している人もいますが、医学的には、診断基準に照らし合わせて診断し、治療法を選択します。たとえば、当初は、関節リウマチの基準を満たさないために抗炎症薬や鎮痛薬で様子を見て、その後、関節リウマチと診断されたときには抗リウマチ薬を使うというケースがあります。
患者数が多いだけに民間療法も多くありますが、まずは医療機関の受診が欠かせません。

対処方法は、関節の異常に対しては、西洋医学による正確な診断が欠かせません。 適切な検査による診断を受けた上で、西洋医学に加えて、自分に合った相補・代替医療を利用しましょう。変形性関節症の痛みに対しては、西洋医学では鎮痛薬や抗炎症剤が処方されますが、いずれも「痛み止め」による対症療法で、完治には至りません。 これに対して、軟骨の障害を改善することで痛みをなくす栄養療法が注目されています0グルコサミンおよびコンドロイチンというサプリメントを用いる方法です0これらは、軟骨の構成成分であるムコ多糖類の一種です。 最近では、関節炎の予防やスポーツ障害による関節のトラブルに対しても用いられています関節リウマチは、かつて「慢性関節リウマチ」と呼ばれ、長期間つき合っていく必要のある病気でした。しかし、最近では西洋医学の分野において高い効果の期待できる「抗リウマチ薬」もあります。 早い段階で治療を開始することが、その後の関節破壊への進展に大きく影響します。 西洋医学を中心とした診断と治療が重要です。

変形性関節症では、まず減量により関節にかかる負荷を小さくするとともに、運動によって下肢の筋肉を強くすることが大切です。 そして、バランスのとれた食生活を基本として、サプリメントを補助手段として併用しましょう。何度もしつこいようですが、関節リウマチでは、西洋医学による診断と治療が優先されます。
腰痛や肩こり、ひざ関節などの関節痛や神経痛には「トンデケア」、あき竹城さん、九重親方(元千代大海関)がCMキャラクター

頭痛をサプリで改善したい

多くの現代人が、「慢性頭痛」に悩まされています。慢性頭痛は、女性に多い「偏頭痛」や「緊張塾頭痛」と、男性に多い「群発頭痛」に分けられます。

二日酔いなどによる一時的な頭痛は、自然に軽快するため、治療は不要です。また、くも膜下出血や脳脊髄膜炎といった脳の疾患で生じる頭痛には、適切な治療が必要です。一方、長期間にわたり繰り返して生じる慢性頭痛は、適切な対策によって日常生活の質を改善できます。
偏頭痛では、ズキンズキンと脈打つような痛みが月に何度か生じます。偏頭痛は、ストレスなどがきっかけで頭蓋内の血管が拡張し、血管周囲に炎症が生じることで起こります。緊張塾頭痛は、精神的身体的ストレスが原因で、筋肉が緊張して生じます。群発頭痛は、ストレスや飲酒がきっかけで起こります。

頭痛の原因として重大な疾患が隠れていないか、医療機関で適切な検査と診断を受けることが大切です。慢性頭痛でも、市販の鎮痛薬で改善しない場合や、症状が悪化している場合には医療機関を受診します。群発頭痛では、注射薬や内服薬も利用できます。

サプリを使った頭痛改善の方法は、予防に重点がおかれるサプリになりますが「フィーバーフユー」などがあります。
また、頭痛が起きているときには、ハーブなどでリラックスすることで改善するケースも多々あります。特に頭痛に効果のあるハーブ一覧です。

目の疲労をサプリで改善したい

若年者に多い目の不調は、眼精疲労です。中高年になると、白内障、緑内障、黄斑変性などが起こりやすくなります。「目のかすみ」といった症状があるときは、早めに医療機関で受診しましょう。

パソコンなどの機器を長時間使用することで、眼精疲労が生じやすくなります。また、画面を長時間見つめるためにまばたきの回数が減り、ドライアイを生じることもあります。中高年以降では、白内障、緑内障、黄斑変性症などの目の病気が増えてきます。日本での白内障患者は1000万人と推計され、40歳代の30% は白内障と考えられています。白内障は、日の水晶体が濁る病気で、「目がかすむ、まぶしい」といった症状が現れます。緑内障は、眼球内の圧力によって視神経が障害され、視野の一部が欠ける病気です。
緑内障患者は250万人といわれています。
黄斑変性症は、網膜の「黄斑部」が変性する病気で、高齢者の視力障害の原因となります。網膜には、「視細胞」が存在し、光刺激のセンサーとして働いています。特に、黄斑部の周辺には、発達した視細胞が多く存在し、色の識別や解像度に優れた働きをしています。黄斑変性症は、日本をしんしゆつせい含めて、世界的に急増している病気の1 つです。日本では、「渉出性黄斑変性症」が多く見られます。

一過性の眼精疲労やドライアイでは、OA機器の使用を含めた生活習慣を見直しつつ、サプリメントの摂取も考慮します。ドライアイについては、特にマイボーム腺障害に対して、オメガ3 脂肪酸によって、涙液中の脂質を改善することで治療するという考えがあります。白内障は、加齢によって生じる病気で、紫外線の曝露や個人の体質による影響も考えられます。白内障は、黄斑変性症などと同じく活性酸素の関与があるため、抗酸化作用をもつサプリメントの効果が期待されています。

しかし、白内障の予防効果について、科学的根拠はまだ十分ではありません。進行した白内障では、濁った水晶体を除き、人工の眼内レンズを入れるという手術が一般的です。緑内障では、定期検診による早期発見が大切です。原因として、体質や加齢の他、ストレスも関係するという説もあります。ストレスは、眼圧を上げる要因となるからです。緑内障は、医薬品や手術によって眼圧を下げることが治療の基本です。また、「正常眼圧緑内障」といって、眼圧が正常でも生じる病気もあり、医療機関での検査と治療が大切です。なお、イチョウ葉エキスが正常眼圧緑内障を改善するという臨床試験が報告されています。黄斑変性症は、欧米で多く見られる疾患でしたが、近年、日本でも高齢者人口の増加や食生活の変化のために、患者数が増加しています。カロチノイド系ファイトケミカルには黄斑変性症を予防する効果があるため、緑黄色野菜などカロチノイドの豊富な食品を多く摂るようにしましょう。
医療機関での治療法としては、レーザーを用いる「光凝固療法」や、外科的な手術法があります。なお、糖尿病性網膜症も増加しています。対策は、原因疾患である糖尿病の治療、つまり血糖の良好なコントロールです。

目の疲れ・眼精疲労に効果のあるサプリメントはブルーベリー、ドライアイを緩和するのは、DHA、EPA、黄斑変性症に効果的なのは、ルテインです。

花粉症をサプリで改善したい

花粉症は、花粉に対するアレルギー反応が原因で生じる病態です。代表的な症状は、「くしゃみ」「鼻水・鼻詰まり」「目のかゆみ、涙目」などです。また、「のどのかゆみ、咳」「肌荒れ」「イライラする、眠れない」といつた症状も認められます。
花粉症対策は症状が出る前に開始します。 早期の治療は、症状が出るのを予防したり、発症したときに症状を軽くしたりという効果があります。

ヒトの体には、外界からの異物が体内に侵入したとき、それを排除するしくみがあります。これが免疫系で、本来は有害な異物から体を守るための働きです。免疫系が体に好ましくない症状を生じるときにアレルギーと呼びます。
花粉症は、本来は無害な花粉に対して免疫系が働き、くしゃみなどで体外に排除しようとするアレルギー反応なのです。花粉が体内に入ると、それに対してリンパ球から抗体が産生されます0この抗体は、目や鼻の粘膜に存在する「肥満細胞」という細胞に結合します。そして、その刺激によって、肥満細胞からヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質が放出されます。
これらの物質によって、花粉症の症状が引き起こされるのです。たとえば、ヒスタミンは、知覚神経を刺激して、くしゃみ、鼻水、涙目などを起こします。また、ロイコトリエンは、鼻粘膜の血管に働いて鼻詰まりを引き起こします。

花粉の飛散が始まる時期より少し前に対策します。もちろん、花粉の飛散時期には、花粉を体や服につけないように注意が必要です。飛散量の多い日の外出の際には、マスクやめがねの利用、髪型や服装の工夫で対処します。
花粉の付着を防ぐ工夫と、付着した花粉を取り除く工夫の2つが必要です。また、タバコや過度のアルコール摂取は、鼻やのどの粘膜の防御機構を低下させるので、避けます。
さらに、過労や睡眠不足、風邪、便秘などの感染症にも注意します。

サプリメントの成分は、抗ヒスタミン作用と抗ロイコトリエン作用の2つが基本です。甜茶やバラの花エキスのように比較的早く効果が現れる成分もあれば、シソの実油のように1カ月ほど継続することで効果を実感できるサプリメントもあります。

花粉症に効果のあるサプリメントは次のとおりです。

などです。
これらの花粉症に効果のあるサプリをバランスよく配合したお茶があります。



えぞ式 すーすー茶

眠気を引き起こさずにアレルギー反応の元を抑える『甜茶』
   
北海道で古くから薬草として用いられてきた『クマザサ』
 
詰まりの原因を抑え、過剰反応を本来の状態へ導く『赤紫蘇』
 
 こんなに効果的な茶葉がバランス良くブレンドされています。
納豆が好物ならこちらもおすすめです。

風邪をひきやすいのでサプリで改善したい

一般的に風邪の多くは、ウイルス感染が原因で生じます。風邪を引き起こすウイルスは200種類以上が知られています。これらのウイルスは、寒冷で乾燥した環境を好むため、主に、冬に増殖して風邪の感染を拡大します。冬にインフルエンザが流行するのもこうした理由からです。

風邪自体は、ごくありふれた感染症です。しかし、自己判断で単なる風邪と決めてしまうと、問題を生じることもあります。たとえば、咳や疾などが長引く場合は、慢性的な呼吸器の病気が疑われるケースもあります。また、肺炎の初期症状は、風邪と間違いやすいことがあります。発熱や咳などの症状が続く場合は医療機関で受診しましょう。

ライフスタイルに気をつけて、風邪にかからないようにすることが大切です。食事のバランス、睡眠などを工夫しましょう。もし、風邪にかかってしまったときには、安静と保温、水分補給が基本です。

既に風邪やインフルエンザのひきはじめであれば、サプリメントも利用できます。風邪の初期に摂ると有効な成分は、ビタミンC、亜鉛です。免疫力を高めるエキナセアなどのハーブもあります。抗ウィルス作用としてのサプリにオリーブリーフなどもあります。

活性酸素の害をサプリで防ぎたい

酸素は、人間がの生存に欠かすことができません。しかし、体内に入った酸素のうち、1~2 % ほどが「活性酸素」と呼ばれる分子に変化し、老化現象や生活習慣病の原因となることがわかっています。 そこで、活性酸素による害を防ぐために、抗酸化作用をもつ成分をたっぷり摂ることが大切です。抗酸化作用によって、病気を防ぐだけでなく、アンチエイジング(抗加齢) の働きも期待できます。

活性酸素は、他の物質を「酸化させる」働きをもっています。 本来、活性酸素は、体内に侵入した細菌やウイルスを攻撃し、体を守る役割を果たしています。しかし、過剰な活性酸素は、正常な細胞にも障害を与えるために、老化を促進したり、ガンなどの生活習慣病を引き起こしたりします。

植物性食品の中には、抗酸化作用・抗ガン作用をもつ成分が多く含まれています。したがって、食事内容を見直すことが基本です。

抗酸化ビタミンといえば、ビタミンC、Eそれにβカロチンが代表です。主に野菜、果物に豊富に含まれるビタミンですが、これをサプリで摂取することも可能です。
特にサプリで効果的な抗酸化作用のあるものは、青汁、ウコン、高麗人参、コエンザイムQ10、ピクノジ工ノール、リコピンなどがあります。特にウコンの成分には注目されています。