月別アーカイブ: 2020年1月

免疫力の要 腸の敵 過敏性腸症候群

免疫力の要 腸の敵 過敏性腸症候群 についてです。最近では、過敏性腸症候群のための下痢止めの薬の CM をよく目にするようになりました。働き盛りの男性には、会社に行くために電車に乗ると急にお腹が痛くなって下痢を起こす、大切な会議の前になるとトイレに行きたくなる、などの症状が見られるといわれています。

これは 過敏性腸症候群 の典型的なケースとしてあげられ、悩む人も多いといわれています。

また万一の場合が心配で、快速電車ではなく各駅停車の電車に乗り、すぐにトイレに駆け込めるようにしている、 各駅停車症候群 という 過敏性腸症候群 から派生した症状もあるようです。

過敏性腸症候群は、まだ根本的な原因は解明されていません。しかし最近の研究では「消化管運動の異常」と「消化管の知覚過敏」が、その原因と指摘されています。

もっとわかりやすくいいますと、「嬬動運動などの腸管運動の異常」と「腸管がわずかな刺激にも反応する」ということです。以前は、ストレスとの因果関係が取り沙汰されていましたが、現在ではストレスは根本的な原因というよりも、症状を悪化させる増因要素であることがわかってきました。

また一般には知られていませんが、過敏性腸症候群は、下痢型、便秘型、便秘と下痢の混合型があります。しかし下痢止めの CM のシチュエーションに見られるように、下痢型が典型的症状としてクローズアップされています。

過敏性腸症候群は、日本人の 10 ~ 15 % の人が該当すると推測されていますが、実際には典型的な患者はそれはど多くはありません。薬の CM などのイメージ先行になっているのかもしれません。下痢型の過敏性腸症候群には「イリボー」という特効薬がありますが、あまり使用されてはいないようです。

イリボーは遠心性神経のセロトニン5-HT3受容体に拮抗することによって下痢を改善し、求心性神経のセロトニン5-HT3受容体に拮抗することによって腹痛を改善します。通常、下痢型過敏性腸症候群の治療に用いられます。

病院で 過敏性腸症候群 と確定診断される人が意外と少ないのがその理由です。下痢型過敏性腸症候群は、慢性的な下痢が 6 ヶ月以上継続するのが医学的診断の基準です。しかし多くの場合は、症状が似ているものの、もっと軽い「機能性下痢」や他の病気であることが多いのです。

しかし「過敏性腸症候群かも?」と心配な方は、受診をおすすめします。原因もわかりますし、症状に合った薬、医師のアドバイスも得られます。過敏性腸症候群のイメージにとらわれて、安易に市販薬の下痢止めを常用することは、腸の機能を低下させます。腸の健康のためには自分の腸の状態を正確に知ることも大切です。

過敏性腸症候群の詳細はこちら。
免疫力の要 腸の敵

免疫力の要 腸の敵 ダイエット

免疫力の要 腸の敵 ダイエット についてです。ダイエットが腸の免疫力に対して逆効果だというのはどういうことでしょうか?ダイエットというと若い女性が熱心に取り組んでいる、というイメージがあります。

しかし最近ではメタポリックシンドロームを気にする中年男性、また健康面・美容面に関心の高い女性たち全般、女性以上にルックスを気にしている若い男性など、老若男女すべてがダイエットに関心を持つという時代になりました。

本屋さんの棚にはズラリとダイエット本が並び、毎月新刊が出ているようなイメージがあります。

ダイエットを取り組む際に最初に取り組むのは食事療法です。その中で間違ったダイエット法が氾濫しています。

たとえば、ダイエットがきっかけで便秘になり、停滞腸から下剤依存になって苦しむ女性は後を絶ちません。ダイエットによって食べる量が減ると腸の内容物も減って、腸の働きが鈍くなります。そして食事量が少ないがために便の量も少なくなります。そうするとなかなか排便できない腸になってしまうのです。

つまりダイエットによって腸の不健康が引き起こされるわけです。ただそこでダイエットを中止すればよいのですが、下剤に頼るケースが非常に多いのです。

食べる量が少ないにもかかわらず、下剤を使用し無理矢理排便する状態が長期間続くのです。そのような生活を続けていると、腸だけでなく身体全体の健康がどんどん損なわれていきます。

また恐ろしいことですが、下剤でダイエットしようなどと考える人もいるのです。食べたものを腸に溜めずスッキリ出す、という強引かつ間違った理論です。

大切なので何度でも繰り返しますが、下剤が腸にかける負担は相当なものです。大腸が黒くなるメラノーシスを起こす原因にもなります。

また「やせるお茶」と謳っているものの中には、下剤と同じ成分が含まれているものがあり、漢方だからと安易に常用するのは危険です。

身体にいいお茶を飲んでいるつもりが、腸の不調を作り出す原因になっている場合もあるのです。ダイエットは軽い気持ちで始める方や、自己流でやってしまう方、また間違ったダイエット本を参考にしている方など様々ですが、「ダイエットには王道なし」と考えています。

バランスのよい食事と運動が、遠いようではありますが、ダイエットの一番の近道ではないでしょうか。また食事と運動を改善することによって、便秘が改善して、自然にやせていったという方も多数いらっしゃいます。

食事制限にまつわるダイエットは、間違ったやり方をすると必ず腸に負担をかけます。腸の健康=免疫力ですから、まず腸の健康を考えることから始めるのがおすすめです。

美容、ダイエットにも優れた効果 | アロエ効果

免疫力の要 腸の敵

免疫力の要 腸の敵 便意の我慢と便意の消失

免疫力の要 腸の敵 便意の我慢と便意の消失 についてです。軽い便秘が重症化するプロセスで、もっとも注意したいのは、便意を我慢することです。これが便秘の重症化のきっかけになっているケースが多いようです。

我慢の理由は様々です。

  • 朝、時間がない
  • 職場でトイレに行くタイミングが取りにくい
  • 会社や学校でトイレに行くのが恥ずかしい

などなど。理由はそれぞれかもしれませんが我慢する理由があるのです。しかし便意を我慢した結果、何が起こるのかといえば、便意の消失です。

我慢していると次第に便意というのは、なくなります。本来は、口から入った食べ物が胃に入ると、胃壁が伸びるので、反射的に結腸が動き出します。これを「胃・結腸反射」といいます。さらに腸が動き出し、直腸に一定量の便が溜まると刺激されて「直腸反射」が起こるのです。

それによって便意が起こり、脳に信号が送られます。このときの脳の信号は本来「便を出す」というゴーサインです。そして排泄する場合は、脳から腸のまわりの神経や筋肉に指令が出されるわけです。

しかし便意を我慢すると便を押し出す命令が腸に出されません。このような生活を長く統けてしまうと便意を感じることができなくなってきます。腸の自然な働ききを邪魔したため、直腸の動きも鈍くなり、便が溜まっても脳に信号が送られなくなっているのです。

そうすると便意を我慢することに始まって、便意の消失 → 下剤を使う → 腸の機能低下 → 便秘 → 下剤の常用 → 腸の機能低下 という負のサイクルが出来上がってしまうのです。

腸は、脳や脊髄からの反射がなくても自立的に臓器を動すことができます。しかし実際は、第1の脳と第 2 の脳が連携してこそ、毎日のスムーズな排便があるのです。

ひどい便秘の人の腸は、感覚が鈍り、第2の脳としての機能は低下しています。便が溜まっても感知できず、脳に信号を送ることもできないのです。

そこで腸を改善することによって、第2の脳としての本来の働きを目覚めさせ、復活させることが可能です。第1の脳と第2 の脳の両方をきちんと動かすことは、腸にとって、とても大切なことなのです。

便意は腸が健康に機能しているバロメーターであると同時に、脳と腸がきちんと連携しているという証でもあります。ですから「たかが便意」とあなどってはいけません。

人間の身体というのは、よくできていて、そんな複雑なことを簡単にやってのけるものなのです。本来、身体にある機能をきちんと動かす、それも正常な免疫機能には欠かせません。