炎症を終わらせてくれるEPA、DHA

動脈硬化の直接的なきっかけは、免疫細胞と酸化コレステロールの闘いという炎症反応です。

そして炎症が慢性的に続くことで、動脈硬化がさらに進行していきます。私たちの生活でも、なかなかケンカが終わらないこともあります。そんなときに、うまく間を取り持ってくれる人がいると、当事者同士ではどうにも終わりそうになかったケンカがピタッとおさまることがあります。

そんな風に、私たちの体の中にも、炎症を終わらせてくれる物質があることが分かってきました。その1つが、青魚に多く含まれることで有名な「EPA(エイコサペンタエン酸)と「DHA(ドコサヘキサエン酸)だったのです。

EPAについては、炎症を抑える働きだけではなく、はかにも血管に良い作用を持っることがすでに分かっていました。体内に入ったEPAは、血管の最も内側にあり、直接血液に触れている血管内皮細胞に取り込まれるのですが、EPAをとり込んだ血管内皮細胞は、さまざまな良い指令を出してくれます。

血圧の上昇を抑えて高血圧を予防したり、傷ついた血管の細胞の炎症を抑えて血栓ができないように働きかけたり、すでにできてしまった動脈硬化のコブを壊れにくい安定した状態にするように手助けしたりと、血管を健康な状態に導いてくれるのです。

こんな研究結果も出ています。1万8千人強の高脂血症の方を対象に、日本で行われた大規模調査です。対象の方たちを2つのグループに分けて、一方のグループではコレステロールを下げる薬のみを服用してもらい、もう一方のグループでは同じ薬に加えて高濃度のEPAが入った薬も併用してもらったところ、コレステロールや中性脂肪の数値には明らかな違いはなかったにもかかわらず、EPAも一緒にとったグループのほうが心筋梗塞や狭心症、心臓突然死を起こした人の割合は低かったのです。

つまり、動脈硬化やその先に起こる心臓病を予防するには、コレステロール値や中性脂肪値をコントロールするだけではなく、EPAを十分にとることが大事ということです。
血管のアンチエイジングにはEPA が大事ということはよく言われている最近の常識です。

一方、DHAのほうは、脳の働きを良くするということで、認知症の予防・改善に効果があることは有名ですが、これまで「血管の健康にはあまり関係していないのでは」と考えられてきました。

ところが、最近になって、炎症を抑える働きがEPA以上に強いことが分かってきて、注目されています。少し前まで、炎症がどうやっておさまっていくのかは、よく分かっていませんでした。蚊に刺されて赤く腫れ、かゆくてたまらなかった所も、1日、2日経てば、赤みもおさまり、かゆかったこともすっかり忘れていますね。

このように自然と治っている裏側では何が起こっているのか、ハッキリとは分かっていなかったのです。

ところが、最近の研究によって、EPAとDHA が炎症を終わらせる物質(炎症終焉物質) を出していることが分かってきました。ですから、EPA とDHAがリッチな状態をつくると、炎症が早く終わるようになります。「慢性的な血管の炎症」と言われる動脈硬化はもちろんのこと、皮膚の炎症である肌荒れにだって効果大です。

  • EPAとDHAには、炎症を終わらせる働きがある
  • EPAには、高血圧や血栓の予防、血管のコブを安定させる作用もある