生姜の毒素排泄力

伝染病でも生姜を食べていた人だけでは無事だったという話

イギリスでは1人の主によって、生姜が一般庶民にも広がるようになった歴史があります。14世紀、ロンドンでペストが大流行しました。市民の3 分の1 が死亡したとき、生姜をたくさん食べていた人は死亡しませんでした。

この歴史的事実を知った16世紀、イギリスの王ヘンリ18世が、ロンドン市長に人形の形をした「生姜パン」をつくるように指示しました。
加えて一般庶民にも生姜を食べるように奨励したので、この頃から、少しずつ非上流階級の人々も生姜を食べることができるようになりました。

言葉というのはその国の歴史、文化、生活習慣からできあがるものです。gingerという単語は生姜のなんたるかを、端的に物語っていることがよくわかります。

また、イギリスでは、ビールを生姜で味つけして飲む習慣がある。飲み屋のカウンターでは、生姜入りのビールを熟した鉄棒でかき混ぜながら飲む人がたくさんいます。
風味が出ておいしいのが理由です。もともと、ビールは体を冷やす飲み物なので、体を温める生姜を加えるはど「いい塩梅」になるのです。

「生姜は消化を促す作用があるので、肉料理のソースに用いるといい。砂糖漬けにして食べると体が温まる。胃腸の病気をはじめ、あらゆる病気の予防や治療に役立つ」「体内のむくみを防ぎ、消化を助け、強力な駆風作用を発揮する」また、精力を増強させる」「去痰 作用にも優れている」「緩下剤の効果が弱いときは、生姜を食べるとその効果が増す」「生姜の砂糖菓子は胃のはたらきをよくし、胃痛を鎮める」「生姜は老人の健康増進に重宝する」

世界の生姜の効能の利用

国名 生姜の効能
アメリカ 発熱、吐き気、風邪、ガスによる腹痛、頭痛
ブラジル 風邪、リウマチなどの痛み
中国 消化不良、食欲不振、生理痛、
キューバ 不妊症、生理痛、生理不順
イギリス 午前中の気分低下など心の不調
インド ガスによる腹満、発熱、咳、糖尿病、結核、生理痛、生理不順
マレーシア 出産後の体力回復
メキシコ 消化不良
ナイジェリア けが、感染症
サウジアラビア 吐き気、つわり、腹痛、心不全、出産後の回復、発熱、頭痛

生姜には「自家解毒剤」(ファイトケミカル)が備わっている

生姜にはどんな成分があるのでしょうか?
100g中の含有成分量を以下のとおりです。

  • エネルギー(31kcal)
  • 水分(91.9g)
  • たんぱく質(0.9g)
  • 脂質(0.1g)
  • 糖質(6.3g)
  • ミネラル(0.8g)
  • カルシウム(12mg)
  • リン(23mg)
  • 鉄(0.3mg)
  • ナトリウム(4.0mg)
  • カリウム(340mg)
  • マグネシウム(28mg)
  • 亜鉛(400mg)
  • 銅(95mg)
  • ビタミンA(1μg)
  • ビタミンB1(0.03mg)
  • ビタミンB2 (0.03mg)
  • ナイアシン(0.7mg)
  • C(2mg)
  • 食物繊維(2.5g)
    • これはあくまで、現代栄養学による5大栄養素(タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン) を中心とした分析である。しかし、植物の体内にはタンパク質や脂質、ミネラル、ビタミン、繊維以外の重要なはたらきをする「植物性の化学成分= ファイトケミカル」が含まれています。

      なぜそのような成分があるのかといえば、植物は動物と違い、生えてから枯れるまで同じ場所から動けないためです。

      動物は有害物が近づいた時、逃げることができるが、植物はそれができないのです。その間、紫外線、有害昆虫、食べようと近づいてくる小動物、大気汚染など、さまざまな有害物や敵にさらされ、生命を脅かされることになるということです。

      だから、植物の体内ではそうした有害物が接近してきた場合、近づかないようにしむけたり、自身の体内で解毒できるように強力なメカニズムを有しているのです。

      植物の色や香りの成分のほとんどがこの「ファイトケミカル」で、トマトやイチゴだいだいの赤の色素、ニンジンやオレンジの橙や黄の色素、ブロッコリーの緑の色素、にんにくやタマネギの臭いの成分などががそれです。

      最近話題になっている赤ワインの「ポリフェノール」や、ニンジンの「β-カロチン」、お茶の「カテキン」、ブルーベリーの「アントシアニン」、大豆の「ダイゼイン」もすべてファイトケミカルです。

      そして、漢方薬の有効成分は、ほとんどがこのファイトケミカルの力によるものです。

      植物体内でさまざまな有害物を解毒するファイトケミカルは、人間の体内に取り入れられても、同じように体内の有害物を解毒します。また、体内の諸器官・諸細胞の賦括(機能・作用を活発化すること)して、人間の健康の維持・増進、病気の治癒促進に役立つのです。つまり、生姜の薬効成分もこのファイトケミカルの力そのものです。