肝臓病や肝臓がんを防ぐにはβカロチンやビタミンAの不足も防ぐ

ビタミンA にも肝臓を守る作用があります。特にビタミンA になる前の物質であるβーカロチンには、肝障害の原因となる活性酸素という物質を抑える働きがあります。

そのうえビタミンAは、肝臓ガンを防ぐ働きをも持っています。
「ビタミンA」のガンに対する予防効果と作用

Aが働くのは主に目や皮膚の細胞ですが、貯蔵されるのは肝臓です。アルコールによる肝障害が進行して肝細胞の数が減ってくると、Aの貯蔵場所も少なくなります。
そこで、Aも十分補給してやらなくてはなりません。ビタミンAはレバーやうなぎ、卵黄、バター、牛乳などのほか、β-カロチンとして、色の濃い野菜、たとえばほうれんそうやブロッコリー、にんじんなどに豊富に含まれています。

なお、急性肝炎のときには、β -カロチンは十分にとってもかまいませんが、ビタミンA は補う程度にしてとりすぎないようにしましょう。