月別アーカイブ: 2017年1月

生姜紅茶 + 黒砂糖 で体はほかほか

生姜紅茶 + 黒砂糖 で体はほかほか になります。紅茶と生姜の両方に共通する保温作用、殺菌作用、免疫力促進作用によるものです。

生姜紅茶の温め効果は優秀

生姜紅茶を飲み続けると、まず、風邪にかかりにくくなります。日ごろから飲んでいない人でも、風邪の引き始めに生姜紅茶を 1 日 3 ~ 4 杯飲むとすぐに改善に向かいます。
それは、紅茶と生姜の両方に共通する保温作用、殺菌作用、免疫力促進作用によるものです。

生姜紅茶の作り方はこちらです

その生姜紅茶に黒砂糖を加えるとさらに効果が高まります。黒砂糖は同じ砂糖でも白砂糖とは似て非なるもので、現代文明人の栄養過剰(高タンパク、高脂肪、高炭水化物)、栄養失調(ビタミン、ミネラル不足) の両方からくるさまざまな病気を防いでくれるほどのビタミン、ミネラル類を含んでいます。

カルシウムの含有量を白砂糖と比べると、なんと 150 倍近くもあります。だから黒砂糖を摂りすぎても虫歯になるという危険性もほとんどありません。

また、黒砂糖にある成分が血糖を下げることもわ確認されています。したがって黒砂糖を描いりすぎて、糖尿病になることや、それが悪化することもありません。

糖尿病というのは、東洋医学的な考えでは、糖を摂りすぎて発症するというより、体温低下により、体内での糖の燃焼が十分に行なわれず、体内に糖分が残ってしまうために起こる症状と考えます。

だから、体が温まり、驚くほどの発汗がみられる黒砂糖入りの生姜紅茶を愛飲すると、血液中の糖が燃焼・消費され、糖尿病の予防になるのはむしろ必然的なのです。

「緑茶」は体を冷やすが、「紅茶」は温める

多くの病気は「体の冷え」と「血液の汚れ」が原因です。その解消に大いに役立つものそれが生姜です。生姜には体を温める作用があります。

体温上昇により代謝が高まり、脂肪や糖分の燃焼がよくなるというのが、減量や体調改善の要因のひとつです。そして、生姜の効能は体温上昇作用だけではありません。

万病の原因である血液の汚れを取り除いてくれる作用もあるのです。生姜は体内に食物(食毒)、血液(瘀血=汚血)、体液(水毒)、エネルギーが過度に蓄積した場合、血液の循環をよくして、体内60兆個の細胞の活力を増し、また、発汗、排尿、排便を促して、毒素を排せつし、結果、体内の浄化すすめます。

また、生姜と相性がよく、生姜の効果を増進させるものがあります。それが紅茶です。紅茶は緑茶を発酵させたものですが、同じお茶でも紅茶と緑茶では体に対する作用が異なります。

紅茶は外観が緑色から赤(黒)色に変わったところに、漢方医学的には大きな意味があります。体を冷やす緑色の「陰性食品」から、体を温める赤(黒)色の「陽性食品」に変わっているから点です。

「陰性食品」は、熱や塩を加えると体を温める「陽性食品」に変わります。また、紅茶には緑茶と同様、カフェインが入っており、強心・利尿作用を発揮して水毒を取り除く作用もあります。

さらにお茶の「カテキン」が重合してできる「テアフラビン(紅茶の赤い色素)」には強力な抗酸化作用があり、万病の原因とされている活性酸素の除去の役割もあります。

この「テアフラビン」は、風邪ウィルスを殺す作用があることも確認されています。

紅茶は古くからヨーロッパで飲まれてきました。しかし、ヨーロッパ人はビタミンC不足による壊血病に何世紀もの間苦しめられてきました。

本来ならビタミンCを多く含んでいる緑茶のほうが飲まれていいはずですが、なぜ緑茶を飲む習慣がなく、紅茶だったのでしょうか。
それは、緑茶は体を冷やすので、ヨーロッパのようを寒い地域では、本能的に拒否されたということです。

体温の低下によって、新陳代謝が悪くなり、血液・併内に老廃物をためて病気を起こしている現代の日本人にとって必要なのは、緑茶でぽなく紅茶です。
体を温める作用のある生姜と紅茶は、非常に効能あらたかであるといえます。そして、これを組み合わせた最強の体を温める方法が生姜紅茶なのです。

生姜

魚の油に多く含まれる EPA や DHA が脂肪の代謝をよくして脂肪肝を予防してくれる

魚の油に多く含まれる EPA や DHA が脂肪の代謝をよくして脂肪肝を予防してくれる 情報です。このところ、魚肉の脂肪分に多く含まれる EPA ( エイコサペンタエン酸 )や DHA ( ドコサヘキサエン酸 ) という成分が注目を浴びています。血栓の予防にEPA・DHA

動脈硬化を予防する働きがあるというのがその主な理由ですが、実は酒飲みにとって気がかりな脂肪肝をも予防してくれることがわかっています。

ところで、私たちが毎日の食事で栄養源としているのは、タンパク質、糖質、脂肪の3つの栄養素です。そして、これらの栄養素を1日あたり、エネルギー(=カロリー)換算でタンパク質12~13% 、糖質57~68% 、脂肪20~25% の割合でとるのが理想とされています。

日本人の栄養摂取は、最近までこの適正な割合を保っていて、それが長寿国になった大きな要因であると考えられていました。

脂肪の摂取量がふえている日本も、成人病の発症率が欧米のあとを追っていることはまずまちがいありません。したがって脂肪の摂取量をこれ以上ふやさないことがなにより望まれます。

と同時に、実は食品それぞれに含まれる脂肪の質についても注意する必要があるのです。牛肉や豚肉に含まれる脂肪には飽和脂肪酸というものがたくさん含まれていて、とりすぎると、体内にコレステロールや中性脂肪などがふえてしまいます。血液中にふえた脂質は血管壁にたまって動脈硬化を進め、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こすもとになります。

それだけではありません、皮下脂肪としてたまれば、肥満を招き、糖尿病などあらゆる成人病の危険を増大させるのです。このように、飽和脂肪酸のとりすぎは、いろいろな成人病を起こす大きな危険因子となります。ところがこれを予防するのに、魚に含まれている脂肪酸、つまりEPAやDHA が大きな役割を果たしてくれることが、最近の研究で明らかにされたのです。

牛肉や豚肉など鶏肉の脂肪に多い飽和脂肪酸に対して、魚の脂肪に豊富なのは、多価不飽和脂肪酸という物質です。名前こそ似ていますが、働きは逆で、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすと同時に、動脈硬化を予防する働きをするいわゆる善玉コレステロール HDL をふやす作用を持っているのです。

そればかりか、多価不飽和脂肪酸には、体内の余分な脂肪を燃焼しやすくするとともに、中性脂肪が合成されすぎるのを抑える働きもあります。
つまり、多価不飽和脂肪酸をとっていると、肝臓にたまっている脂肪も減り、末梢にある脂肪組織も小さくなります。このことがまさに、脂肪肝を防いでくれることにつながるのです。

このようなすばらしい働きをしてくれる多価不飽和脂肪酸の代表格が、EPAとDHAなのです。これらは両方とも、いわしやあじ、さば、さんまなど背の青い魚に多く含まれています。
どの魚も私たちに身近なものばかり。成人病はもちろん、脂肪肝が気になりだしたら、肉よりこうした魚を多くとる食生活に切りかえたいものです。

なお、EPA や DHA をより多く摂取するという意味では、魚の調理は脂肪を落とさないような方法がおすすめです。

焼くよりは、煮て煮汁ごと食べるほうが損失は少ないわけですし、刺し身ならむだなくまるごととれることになります。また魚の缶詰めも、脂肪成分がそこなわれずに含まれていますので、上手に利用したいものです。

肝臓の働きを促進する栄養素

小魚に多い エラスターゼ には肝臓を守る働きがある

小魚に多い エラスターゼ には肝臓を守る働きがある という効果についてです。現代人は、肉が多く魚を食べないとはよく言われていますが、やっぱり魚は肝臓にも欠かせない食材です。魚に含まれる栄養成分が、世界的に見直されているもうなずけます。

特に頭からまるごと食べられる小魚には、私たちの健康や成人病予防に役立つ成分がいろいろ含まれています。それらの成分の 1 つで、近年特に注目を集めているものに、エラスターゼがあります。エラスターゼとは、牛や豚の膵臓でつくられる酵素の一種です。

それが注目されるようになったのは、血管の弾力性を保つと同時に、脂肪やカルシウムの沈着を防いで動脈硬化を予防するなどといった、さまざまな作用のあることが次々に明らかにされてきたからです。

老化や成人病を予防してくれる有効な成分というわけです。実際、心臓病、高脂血症、肝臓病、糖尿病などに効果のあることがわかって、治療にも使われ始めています。

このエラスターゼ、酒飲みにとって見のがせない成分でもあります。エラスターゼには脂肪の分解を促す働きがあるのです。この働きによって、肝臓の細胞に脂肪がたまって起こる脂肪肝が改善されることがわかっています。

また、肝細胞が線推化して肝硬変になるのを予防する働きのあることも、実験によって確認されています。現に、私も慢性肝炎の患者さんにエラスターゼの製剤を与えたところ、肝機能検査の成績がよくなり、病状も改善するのを確かめています。

現在、治療薬として使われているエラスターゼは、豚の膵臓から抽出し製剤化されたものです。ですから、その効能を得るためには、豚の膵臓を食べればよいわけです。ところが、豚の膵臓はさまざまな有効成分の宝庫であるため、製薬メーカーがほとんど買い上げてしまい、なかなか入手することができません。

そこで、身近な代用食品としてぜひおすすめしたいのが、小魚類です。小魚というとう

  • わかさぎ
  • ししゃも
  • うるめいわし

など内臓ごと食べられる小魚には、エラスターゼに似た物質が含まれているからです。おつまみにはもちろん、おかずにするなど、積極的に食べる習慣をつけたいです。

肝臓の働きを促進する栄養素