栄養のバランスが整った食事(良質のタンパク質とビタミン類をたっぷり)が肝臓には大切、カロリーオーバーはNG

肝臓を元気にするのはバランスのとれた食事

現在、肝臓病の治療の柱となっている基本はやぱり、食事療法です。治療というと、どうしてもイメージするのは薬ですが、肝臓病に限っては、薬物療法が中心にはなりません。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)に紹介されているのは、シジミでさまざまな肝臓の不調を改善した方々の体験談です。

なぜなら、薬という異物を代謝(体内にとり込んだある物質を他の物質に変化させること)するのも肝臓の役目の1つだからです。
肝臓は解毒する臓器なのです。

薬は風邪薬であれ、胃腸薬であれ、いったん肝臓で代謝され、それが全身に運ばれてはじめて薬としての効果をあらわします。

しかし、肝臓に障害があるということは、すでに肝臓が弱っていて、本来の働きさえおぼつかなくなっているということです。体を維持するための栄養代謝や解毒作用だけでフーフーいっているところへ薬を送り込めば、肝臓はさらに無理を重ねなければなりません。

しかも、人体にとっては、薬物もいわば「毒」の1つです。そんなわけで、肝臓病の場合はむやみに薬を使用できないのです。

結局、現在のところ、食事療法にまさる療法は開発されていません。この食事療法とは「高タンパク・高ビタミン・適正カロリー」食をとることです。実をいうと、ついひと昔前までは、肝臓病の食事療法では「高タンパク・高カロリー」食がすすめられていました。

しかし、最近の日本人の食生活を見ていると、明らかにカロリーの過剰摂取が目立ちます。現に、肝臓病が肥満や脂肪肝から起こるケースもふえており、糖尿病との合併も見られます。お酒の多飲以外にカロリー摂取過多が原因の脂肪肝がとても増えています。見た目にはスレンダーな女性でも脂肪肝という人も増えています。

したがって、あえて高カロリー食を心がける必要はありません。それよりも良質のタンパク質とビタミン類をたっぷりとり、カロリーオーバーにならない食生活が望まれます。

基本的には、栄養のバランスのとれた食事が第一です。そして、このことは肝臓病の人のみならず、肝臓の健康を心がける人にもそのままあてはまります。

肝臓を強くする食生活上の5つのポイント)

  1. 1日の必要エネルギー(カロリー)を過不足なくとる
  2. 肝臓の細胞の再生のためには十分なエネルギーが必要です。健康な成人の1日の必要エネルギー量は2200~2400kcalとされていますが、運動制限のある人はその90%程度に抑えましょう。

  3. 良質のたんぱく質をとる
  4. 1日最低90gのタンパク質をとります。

  5. ビタミン類をしっかり摂る
  6. ビタミン類は肝臓の機能を活発にします。お酒をたくさん飲む人の肝臓をいたわるビタミン
    なども参考にします。

  7. 食物繊維をしっかり摂る
  8. 便秘は肝臓に負担をかけます。食物繊維は便秘解消に効果大。

  9. 食事は規則正しく朝・昼・晩に分けて3回とる
  10. 規則的な食事が肝臓の負担を軽くします。朝食抜きは肝臓に悪影響

肝臓強化に必要な各種栄養素については、新しく発見されたものもあり紹介していきます。

栄養のバランスが整った食事(良質のタンパク質とビタミン類をたっぷり)が肝臓には大切、カロリーオーバーはNG」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 牛、豚のレバーには、肝臓を強化する各種栄養素が豊富 | 食べて健康

コメントは停止中です。