月別アーカイブ: 2016年11月

「子供のガン」早期発見、早期治療は母親次第

子供のガン基礎知識

  1. 子供のガンは、胎児の時代にすでにその「芽」ができていることが多い。
  2. 大人のガンが皮膚や粘膜から発生しやすいのに対し、子どものがんは肉腫が多い。
  3. 子どもは細胞の成長が早いので、ガンの進行も早い。気づいたら、ただちに診察、治療を受ける。
  4. 乳幼児のおなかに大きなしこりができていたら、ウィルムス腫瘍か神経芽細胞腫を疑う。
  5. ガン特有の症状は少なく、元気がない、食欲がない、発熱、体重減少などの全身症状で気づくことが多い。
  6. 子どもは異常を訴えないので、お母さんの注意が大切。とくに、首のリンパ節のは腫れ、皐丸の腫れ、腹部の腫れ、眼の異常(猫の限のように光る)に注意。
  7. 子どものガンには、放射線や抗がん剤がよく効き、治癒率も向上している。
  8. 子供のガンは、治療後2年を経て異常がなければ、再発の危険は非常に低くなる。
  9. 子どもガンには、遺伝的素因や奇形と関係が深いものも多い。

子供のガン

15歳以下の子どもでガンになるのは年間約2000人あり、肺炎や疫痢などの感染症、症死亡者が抗生物質で激減している今日では、ガンは不慮の事故に次ぐ死因になった。とくにがんが多いのは4歳までの乳幼児である。お母さんのショックは大きいが、子どものガンの専門医ほ「多くのガンは治せる」という自信を持つようになった。よく効く抗ガン剤の登場など、治療成績の向上が著しいからである。

治療も手術による器管や臓器の摘出をできるだけ避け、化学療法や放射線で治す方向に進んでおり、大人のガン以上に理想的な治療が確立されつつある。これは、子どものガンがおとなのガンとはかなり異なるためでもある。

大人のガンは、皮膚や粘膜などからだを包む、あるいは管の内面をおおう組織から発生するものが多いが、子どものガンはその内部から発生する「肉腫」が多いという特徴がある。また、おとなのガンは老化と関係が深いとされ るが 、子 ども ガンは からだ の発育と関係が深い。胎児期に消えるはずの細胞が残ってガン化することがある。発生異常がガン結びついている場合にほ、奇形との合併がしばしばみられる。
これらのがんは、胎児期から増殖を始めているようだ。遺伝に原因があるものも少なくないが、母体の中にいる間に「がん誘発因子」と出あった可能性も高い。

子どものがん細胞は、増殖スピードが早く、大人のガンの10倍ともいわれる。治療が1日遅れたために後遺症が残ったり、生命を左右するおそれもある。

一刻も早い発見と治療が必要である。「様子を見て 」という余裕はないと知らなければならない。だが、子どもは異常を訴えないし、ガン特有の症状も少ない。元気がない、食欲がない、発熱した、体重が減ったなどちょっとした変化に母親が気づき、見つかるのが子どものガンである。
お母さんが、日ごろから子どもの様子に注意し、入浴時などにからだのすみずみまで手で触れていることがたいせつである。くびのリンパ節、おなか、睾丸の腫れなどにほとくに注意する。

ガンになっても、子どもには旺盛な自然治癒力が備わっているし、子どものガンに対しては、放射線や抗ガン剤がよく効く。たとえ転移があってもおとなのがんより治る望みは高いので、あきらめずに子どもの生命力と治療の進歩を信じて見守っていくことである。

ウィルムス腫瘍(腎芽腫)

腎臓にできる子ども特有のガンで2歳に多く、約80%が5歳までに発病する。子どものガンのほぼ10%を占める。奇形との合併率が高い。
眼の虹彩が欠損している「無虹彩症」、手足が異常に肥大する「半身肥大」などにはとくに高率に合併する。これらの奇形は、遺伝子の座である染色体の2番目の異常が原因とわかったが、ウィルムス腫瘍もその染色体異常と関係しているらしい。

初期症状はない。お腹にガンの大きなしこりができて、ようやくお母さんが気づくことが多い。そのためしこりが1kg以上になっていることが珍しくない。
発熱、食欲不振、腹痛などの全身症状で発見することもある。超音波診断で90%はわかるが、CT、血管造影によるレソトゲン撮影や腎孟尿管撮影などの画像診断がおこなわれる。

このガンはおとなのがんとは異なり、周囲の組織にくいこんでいくことが少ないため、かなり大きなものでもすっきりと取り切れることが多い。
そのおかげで、2年生存率は腎臓に限定したがんならば80%以上が期待できる。周囲に広がっていても、完全に切除できれば65%以上にのばる。

補助的に抗ガン剤と放射線療法が実施されるが、抗ガン剤が効きやすい子どものガンのなかでも、ウィルムス腫瘍ほとくに効果が高い。治療後2年間異常がなければまず安心してよく、おとなのがんを含めてもっとも治しやすいガンである。ただ、放射線の後遺症で骨の発育不良や別のガンになりやすい体質もまれにあるので、定期検査は受けてほしい。

神経芽腫

内臓や血管など臓器の働きをコントロールしている交感神経の細胞におこる。くびや、胸の縦隔洞、副腎、大動脈周辺、骨盤内のなかの神経におこりやすい。
0~2歳の幼児に多く、ウィルムス腫瘍と同じようにおなかのしこりや全身症状が発見のきっかけになる。骨に転移しやすいので、足の痛みや頭のコプ、眼の周辺の腫れなどの骨転移で気づくこともある。
低年齢で発見されるほど治癒率( 2年生存率) が高いため、最近は乳児の6ヶ月検診時に「VMA検査」が導入されている。このガンは早期のものでも、尿中に「VMA」という物質が出ることを利用している。

早期例では手術で取り切ることが可能だが、進行した例では手術による切除が難しいので、強力な化学療法が中心になる。しかし、そのため副作用として骨髄の造血機能の低下がおこりやすいので、骨髄移植によって骨髄の働きの回復がほかられる。

リンパ節や骨に転移してしまうと治癒率は低くなってしまうが、広がっていなければ2年生存率は90%近い。

肝臓、皮膚、骨髄など特定の場所に広範に転移しているケースもあるが、この場合の2年生存率ほ不思議と高く60%をこえる。そのため、これは転移ではなく「多発性のガン」ではないかという説がある。また、「VMA検査」で早期発見されたものでは生存率は96%という成績もでているが、神経芽腫にほ自然治癒するものがあり、本来はほっておいても治ったほずのものが発見され治療されたため高い治療成績が得られているのでほないかという説もある。

肝芽腫

肝臓におこるがんで、0~2歳が発病のピークである。おなかのしこりで気づくことが、ほとんどだが、黄痘が出ることはない。おとなの肝臓がんは肝硬変の併発が多く治しにくいが、子どもの肝臓ほ回復力が大きいので思い切ってガンを切除できる。ガンを完全に切除できれは、生存率はかなり高い。
抗がん剤がよく効くので、これでがんを小さくしてから切除することも試みられている。

横紋筋肉腫 (おうもんきんにくしゅ)

筋肉にできるガンで、からだ中どこにでも発生する。膀胱、膣など泌尿器や生殖器に多い。症状は、膀胱の場合は尿が出にくくなったり血尿がある。膣の場合ほ膣から肉腫がの最近は抗がん剤や放射線療法が発達したおかげで、手術前にガンを小さくしてからの切除が可能になった。
ガンが子どもの頭大になった膀胱を、放射線照射で握りこぶし大まで縮小することも可能である。この方法によって摘出範囲も小さくてすみ、生存率も10年前の2倍になっている。

悪性奇形腫

おもにお尻の仙骨周囲(尾てい骨)におこる不可思議ながんである。卵巣や睾丸に発生することもあり、2歳以下に多い。「体の発生」に関係したさまざまな組織がありえない場所に発生する。良性のものでは髪の毛や骨、歯、皮膚などが生えてくることもあるが、放置すると悪性化する危険があるので手術によって切除する。
抗がん剤が有効で、肺などに転移があっても助かる例が、年ごとに増えてきている。

「血液とリンパのガン」白血病は治る時代になった

血液とリンパのガンの基礎知識

  1. 白血病や悪性リンパ腫は不治のがんと思われてきたが、よく治っているケースもある。
  2. 子どもの白血病は、複数の抗がん剤を用いる計画治療で3三割以上が永久治癒している。
  3. 0~14歳の小児白血病は増えていないが、60歳以上の白血病が増える傾向にある。
  4. 白血病の原因としてウィルスが疑われてきたが、ATLについてほそれが証明された。
  5. 原因不明の高熱、口内の腫れ、出血、手足や腰の痛み、くびや顎の下などの腫れなどがあったら急性白血病を疑う。
  6. 悪性リンパ腫の死亡者は男性が女性の2倍で、50~60歳代に多い。
  7. 悪性リンパ腫の症状は、リンパ節が腫れて触れるが痛みはない。次に発熱、だるさ、食欲不振や体重の減少がおこる。
  8. 悪性リンパ腫の治療は10週間1単位の複数の抗がん剤の大量投与が中心。また悪性リンパ腫は放射線がよく効くため、完全寛解率が70%にものばる例が出ている。

血液とリンパのがん

血液のガン、リンパ組織のガンで亡くなった人は年間1万2258人で、ガン死亡者の約6%を占める。死亡者の約60%が男性である。これらのがんはお涙ちょうだいの小説などで劇的に描かれることが多いため、不治のガンと思っている人が少なくないが、かなり治りやすくなってきている。血液に含まれる細胞がガン化するのが白血病などの血液ガン。リンパ節などにおこるのがリンパ組織のガンである。

血液のガン

ガンが起きる場所

人のからだのなかにほ、体重の12分の1から22分の1の血液が循環している。体重60kgの人ではビール瓶で7本前後の4.6~5トルになる。この血液は、色濃く沈澱する部分と透明な上澄みの部分に分かれる。濃い部分を「血球成分」、上澄みを「血漿」と呼ぶ。血球成分には、赤血球と白血球と血小板などが含まれているが、このなかにガン化した細胞が増えていくのが血液ガンである。血液ガンは、ガン化した細胞の種類や病気の進みぐあいなどによって「急性非リンパ球性白血病」、「急性リンパ球性自血病」、「慢性骨髄性白血病」、「慢性リンパ性白血病」などに分けている。

赤血球や白血球、リンパ球などの血液細胞ほいずれも骨の中心にある骨髄で作られているが、そのおおもとは同じ細胞である。その共通の細胞が成長とともに、さまざまな役割をもった血液細胞に変身していく。血液ガンはその血液細胞の成長過程で、おかしな血液細胞ができ、増殖していく病気である。

どんな人に起きやすいか

白血病は少しずつ増えており、なかでも治りにくい急性白血病(急性リンパ性白血病)が目立っている。もっとも0~14歳の小児白血病は増えていないのに、60歳以上の白血病が増える傾向にある。

子どものガンの約半数ほ白血病だが、小児白血病の発生のピークは3~4歳なので、この年齢の子どもをもつお母さんは注意する。年間1200人の子どもが白血病になっていると推定されている。子どもの血液ガンの種類としては、骨髄性白血病とリンパ性白血病で70%を占める。白血病の原田ほまったく不明だが、南西日本に多い成人T細胞白血病(ATL)にかぎっては、ウィルス(HTLV-1 ) が原因であることが証明された。人の間ガンでウィルスが原因であることがわかったのはこの白血病が初めてで、世界に大きな衝撃を与えた。ほかの白血病がウィルスと関係しているかどうかは、まだわかっていない。遺伝が関係しているという説もある。

自覚症状

急性白血病では、ほとんどが原因不明の高い発熱がおこる。口のなかや歯ぐきの腫れや出血、皮下の出血、下血や鼻血なども多い。
脳内出血がおこる例もある。繰り返しおこる風邪のような症状(風邪の症状はこちら)や原因不明の貧血も要注意である。骨に異常がおこるため、手足や腰に痛みを覚えることがあるが、X線撮影では異常が発見されないことが少なくない。
子どもの白血病では、発熱や手足の痛みからリウマチ熱と間違えることがある。また、くびや顎あごの下などのリンパ節の腫れも出やすい。慢性骨髄性白血病では、これらに加えて上腹部(脾臓) 腫れに触れて気づくことが多い。この腫れの影響で胃に圧迫感がおこりやすい。

診断方法

血液ガンが疑われてまずおこなうのは当然ながら血液検査で、白血球の数や種類の割合いなどが調べられる。同時に赤血球や血小板の数も調べる。
また、リンパ球細胞の表面の特性を生化学的に調べる検査法もー般的になった。骨髄の組織を採取する骨髄穿刺もおこなわれる。血液ガンのおおもとがここにあるため、診断はかりでなく治療の効果をみるためにも骨髄穿刺による検査がしばしばおこなわれる。
採取した細胞を染色して、顕微鏡で調べるのである。こうした検査によって、きわめて緻密な血液細胞の鑑別が可能になり、もっとも効果的な治療方針が選べるようになっている。

治療の成果

治療は、抗ガン剤を用いる化学療法が中心になる。シクロホスファミド、ピンクリスチソ、6MP 、アドリアマイシソなど数多くの化学療法剤が開発されており、それらの複数を組み合せて投与されるのが一般的である。
白血病細胞の増殖の速度は、正常細胞よりも若干遅い。その増殖速度に合せて、それぞれの段階の弱点にもっとも効果的な抗ガン剤を与えていくのである。このため、いつどの薬をどれだけ与えるかの厳密な治療計画が立てられる。これによって、多くの白血病が治せるようになった。
これらの抗ガン剤には副作用があり発熱や食欲不振、脱毛などがおこりやすい。貧血もお‘】な多いが、これは輸血によって補う。また、抗ガン剤の作用で細菌感染に対する免疫能力が低下する。何らかの感染症をおこすと、防衛力が低下しているため症状が悪化しやすく、初期の治療中は無菌室に隔離することが多い。抗ガン剤による治療のはか、脾臓摘出による生存期間の延長が試みられることもある。また、急性骨髄性白血病などでは健康着から採取した骨髄を注射する骨髄移植も効果的な治療としておこなわれるようになった。

ガンは5年生存を治癒のメドとするため「5年生存率」という言葉を用いるが、血液ガンではこれに加え、症状が消え骨髄が正常の状態になったときを「完全寛解」と呼んで治療のひとつの目標にしている。
急性非リンパ球性白血病は治しにくく、平均生存期間ほ完全寛解後、1.5~2年である。
急性リソパ性白血病では成績は向上している。特に子どもの白血病でほ、完全寛解率は90%を超え、5年生存率も50~70%に達し、30%以上の子どもが永久治癒するようになった。

リンパのガン

発症する部位

血球成分と血漿からできている血液は血管網を流れているが、このうち血漿だけは血管網とは別の体液循環網へも連絡している。そのもう1つの循環網をリンパ系と呼ぶ。ここを流れている体液ほ血漿よりも少し水っぽく「リンパ液」と呼ばれる。リンパ系には赤血球は入り込めないので透明だが、白血球の一種であるリンパ球は流れている。このリンパ系は、からだの外から侵入してくる細菌や異物を叩きつぶす防衛機能を担っている。その戦いがおこなわれる砦が、リンパ節である。
リンパ組織のガンは、おもにこのリンパ節におこっている。これらリンパ組織におこる悪性腫瘍を総括して「悪性リンパ腫」と呼んでいる。これにはきわめて多くのタイプがあって、その分類などほまだ明確にはされていない。細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病などの種類がある。

どういう人に起こりやすいか

悪性リンパ腫による死亡者は男性が女性の2倍で男性にきわだっており、50~60歳代に多い。白血病のように子どもには、ほとんどみられない。
原因ほ不明だが、ハワイに移住した日本人のホジキン病の発生率ほ国内の日本人よりも高く、死亡率が白人と同水準にあることから、環境に原因があるのではないかといわれてきた。動物の悪性リンパ腫では病因ウィルスとの因果関係があきらかにされているが、人間でほまだ証明されていない。

自覚症状

リンパ節におこるガンであるため、そのリンパ節が腫れて触れる。はじめは、痛みもないが、やがて発熱、だるさ、食欲不振や体重の減少がおこる。進行するにしたがってあちこちに飛び火して、腹部にしこりが触れたり、発疹が出たりする。リンパ節のがんではあるが、約40%はリンパ節以外の部分におこる。特にのどの周囲に多い。胃や腸におこり、胃墳瘍や胃がんと似た症状をおこしたり、皮膚では皮膚病と間違えることもある。

診断

どういうタイプの悪性リンパ腫なのか、進行度がどこまでいっているかをみきわめることが重要である。それによって治療方針が大きく異なるから。
リンパ管に造影剤を入れて行うX線撮影、腫瘍にとり込まれやすい放射性同位元素を注射し集中している部位を発見するシンスキャンなどがおこなわれる。
また、腫れている部分の組織を採って調べる生検もおこなわれる。進行度は、ある1つの領域のリンパ節にとどまっているのがⅠ期、2つ以上に広がっているのがⅡ期、横隔膜の両側にまで広がっているのがⅢ期、さらに多くの臓器へ広がっているのがⅣ期である。