月別アーカイブ: 2016年1月

脳の若返り 通勤、通学を遠回りして最長距離を歩く

脳の若返り 通勤、通学を遠回りして最長距離を歩くという方法を紹介します。ストレスは、トレーニングの緊張状態同様、脳をイキイキさせるのに非常に重要な役割を果たします。一般的には、ストレスをマイナスに考える傾向が強いようですが、決してそんなことはないのです。

ストレスがかかると、脳は危険な状態から脱するために懸命に働きます。そのため、いつもより的確な判断ができたり、頭の回転がよくなったように感じたりします。

ストレスがかかると、脳内ではアドレナリンという神経伝達物質が分泌され、働くスピードがアップします。神経伝達物質は脳にとっては器械の潤滑油のようなものであり、たくさん分泌されると脳の働きはスムーズになります。

そこで、日常生活の中で、そんなちょっとしたストレスを体験してみるのがおすすめです。

自宅から目的の駅までのいろいろな行き方を調べ、実際に行ってみることです。通勤で電車の乗り換えがある場合、乗換駅での歩く距離を減らすために、乗り込む車両の位置を決めている人がいます。毎日乗っていればそうなるのも当たり前です。

しかし、いつも同じ場所に立って、無意識に電車に乗り込み、無意識に乗り換えをして、という通勤スタイルでは、ほとんど頭を使いません。

ただ習慣的に電車に乗っているだけです。もっと頭を使って電車に乗るには、できるだけ不便な方法を選ぶことです。不便な思いを1つ1つクリアしていく中で、いろいろなことを考えます。また、乗り継ぎの悪い路線を選べば、知らない駅を歩くことになります。
それもまた楽しみの1つです。降りたことのない駅を歩き、見知らぬ風景を見ていくことで、自然と脳は刺激を受けることになります。

電車ではなくバスで行ってみるという方法もあります。普段、バスなど乗り慣れていない人には、「こんな道があったのか」「こんな風景が広がっていたのか」と新しい驚きがいっぱいでしょう。また、電車とは違うバスの乗り心地に新鮮さを感じることもあるでしょう。

最近は携帯電話でもナビが使えるようになり、目的地へ行くための複数のルートが検索できます。脳をイキイキとさせるには、なにも海外旅行へ行かなくとも、通勤や通学で電車やバスを利用すれば十分できてしまうのです。
面倒くさいと思ったら脳は成長をストップしてしまいます。脳は年齢に関係なく細胞を増やし、ネットワークを広げることができます。それを可能にするのは、ストレスをわざわざ自分に課すという努力なのです。
効率でなくて非効率をあえて選ぶことを脳にかすと言うことです。
脳の若返り

脳の若返り たまには緊張が高まるぐらいの高い買い物をしてみる

脳の若返り たまには緊張が高まるぐらいの高い買い物をしてみることもひとつの方法です。高い買い物をするときは、緊張したり、胸が高鳴って、そしてさんざん迷ったりするものです。これは、精神的なストレスがかかっている状態です。
そこで、思い切って買ってしまうと、そんな緊張状態から解放されます。買うことによってストレスの解消ができるわけです。たまにやってみると、緊張感で脳内のアドレナリンが増加し、脳は全力投球モードに入ります。

高価な買い物は、普通の買い物よりも、「無駄にしてはいけない」「役立たせないといけない」「本当に自分に必要?」と思い、大きな緊張を伴います。

その緊張感が脳にとっては、非常に重要です。緊張状態というのは、からだの中でアドレナリンという神経伝達物質がでている状態です。この物質は、からだを防御する作用があり、また心臓や呼吸の機能をアップさせます。

もちろん脳にも「全力をだせ」と指令をだします。だらだらしている状態では、記憶力もアップしません。緊張感は脳にとってマイナスと考えがちですが、適度な緊張感は脳を元気にしてくれます。試験は緊張すると十分な実力がだせないと思いがちですが、そんなことはありません。

逆に、緊張感によって実力以上の力をだせる場合があるのです。もちろん、緊張感は長く続けば、脳にとってマイナスです。しかし、適度な緊張感は、脳が十分な能力を発揮するためには必要不可欠なのです。

自分を追い込む方法として、お金をだすという行為は大切なことです。買うという行為は、軽度のストレスを自分にかけます。会社や人から借りたものでは、そんなに真剣になれません。買うという行為は、たくさんの無駄を生み出します。

必ずしも買った物が100%役立つわけではありません。それでも新しい物を買ったほうが、何もしないより刺激的で、緊張感があります。

そして、脳を活性化させます。以前に比べれば安価になったとはいえ、それでもパソコンは安い買い物ではありません。こうした10万円以上もつぎ込んで買うというその緊張感が、真剣にそれを使いこなし、役立たせようという気持ちにさせるのです。

英会話の高い教材を買う場合も、同じような意味があります。場合によっては、その緊張感が3日坊主で終わってしまう場合もあるでしょう。しかし、たとえ三日間であっても、脳は十分に元気になれます。

また、物を買う際には、どこかに動機があるはずです。そのため、新しい物への情報をどこかで収集するでしょうし、常に自分のアンテナを張り巡らせているはずです。物を買うというのは、衝動的な行動のように見えますが、それ以前から、自分なりにさまざまな情報を集めた結果なわけです。そうした生き方こそが、脳にとっては大切です。お金は無駄にしないという堅実な生き方もいいでしょう。
しかし、脳を刺激的にするには、高価な物を買うリスクだって時には必要なのです。

脳の若返り

脳の若返り ランチは毎回店をかえる

脳の若返り ランチは毎回店をかえるのがいいでしょう。普段、憤れないことをすると心身ともに疲れます。たとえば、新しい電化製品。買ってきたばかりの新しい電化製品は、そのやり方に慣れるまで時間がかかります。ドキドキわくわく体験が増えれば増えるほど、脳内のネットワークは広がっていきます。

しかし、その家電製品に慣れるにしたがい使い方もスムーズになりますそして、疲れを感じなくなります。

パソコンでも同様です。キーボードも慣れていないと、キーを見ながら一字一字確認して打っていくので、非常に疲れる「仕事」となります。
しかし、慣れてしまえば、何時間続けて打っても座っていること以外の疲労はなくなります。

慣れるということは、大脳や小脳の中に手続き記憶となってプログラムができあがったことを意味します。プログラムができあがると、その動作は無意識のうちに行なえるようになります。

しかし、それは逆に、脳を十分に刺激することができなくなることでもあります。そこで、脳を元気にしようと思ったら、「慣れないこと」をするのです。

自動車の運転のような記憶は、小脳の中にしまい込まれた手続き記憶です。そのため、何年も覚えておくことが可能です。
しばらく運転しないでいても、ほんの少し運転をすればすぐに運転の感覚は戻ってきます。

けれども、脳の中にすでにプログラムができあがっているため、レーサーのような、極限に挑戦する運転でもしない限り、何度運転したところで、脳の中に新しいネットワークをつくることはできません。

ネットワークをつくるには、常に新しい経験、刺激を求めることが重要です。そこで、運転で頭を鍛えるとすれば、慣れない単に乗ることでしょう。
友人の車、レンタカーでも、何でもいいのです。慣れない車は非常に緊張しますが、それがいいのです。シフトレバーの位置や、ハンドルの感覚も違いますから、同じ車とはいえ手順が違い、イライラしてきます。しかし、だからこそ脳を使い、十分な刺激になるのです。

自動車以外にも、脳を刺激する道具は、日常生活にはたくさん転がっています。レストランでの食事などもその1つです。レストランでメニューを見て注文するとき、どちらかというと食べ慣れたものを注文することが多いでしょう。

しかし、それでは無意識の行動に近くなり、脳を働かせることができません。そこで、普段なら注文しないようなメニューを選ぶのです。
そうすれば、これまで食べたことのないものがでてくる可能性が高く、新しい発見ができます。こうしたちょっとした挑戦こそ、脳にとってのいい刺激になるのです。

慣れは無意識の行動になっていきますから、脳に余計な負担をかけなくてもよくなります。だから、同じことを繰り返すことは、人間にとっては楽です。しかし、楽であることは、それだけ脳にとっては刺激がないことです。これでは、脳の中に新しいネットワークをつくつていくことはできません。

人間には2つの心があります。「同じ状態でいたい」という心と、「変化していきたい」という心です。どちらの心が強いのかは、人それぞれによって違います。

変化を求める人は常に新しい何かに挑戟していきます。これは脳にとってはプラスになります。普段からこうした習慣を身につけておくことは、脳を鍛えるうえでの強固なベースとなるはずです。

日常の生活の中で少しの工夫をするだけで、新しい発見や体験は可能です。
脳の若返り