年別アーカイブ: 2016年

ビタミンE を十分に摂ると 薬剤性肝障害 脂肪肝 を防ぐ

ビタミンE を十分に摂ると 薬剤性肝障害 脂肪肝 を防ぐ ことができます。ビタミンB群ビタミンCが肝臓にとって欠かせないビタミンであることは説明したとおりですが、さらに肝臓にとって強力な助っ人となってくれるビタミンがあります。それがビタミンEです。アルコールの分解工場である肝臓を保護する作用を発揮します。

ビタミンE を多く含む食品

ビタミンEの働きというとイメージするのは強力な抗酸化作用ですが、肝臓にもこの作用が重要ということになります。

なぜ、ビタミンE が肝臓を守ってくれるのでしょう。まず、ビタミンE はなんといっても強力な抗酸化作用です。すなわち、肝細胞の膜を傷つける過酸化脂質ができるのを防いでくれる働きです。

過酸化脂質とは、脂肪を構成している成分の一種である不飽和脂肪酸が酸化されてできる物質で、細胞膜を傷つけ、その働きを低下させるため、量がふえれば肝細胞も障害を受けます。

ところがビタミンEをとると、その抗酸化作用をフルに発揮して、過酸化脂質ができるのを防いでくれるのです。ビタミンEにはもう1つ、脂肪の代謝を高める作用もあります。脂肪の代謝がうまくいかないと、肝臓には処理しきれない脂肪がたまって、脂肪肝を引き起こす原因にもなりかねません。事実、脂肪肝 の人たちの血液を調べてみると、ビタミンE が減少していることがわかります。

このようにビタミンE が不足すると、体内に過酸化脂質がふえて肝細胞も障害を受けやすくなり、しかも脂肪肝を起こしやすくなるのです。

ところで最近、薬剤性肝障害と呼ばれる問題が大きく取り上げられています。抗生物質、血圧降下薬、鎮痛消炎薬、便秘薬、抗結核薬などの薬のうち、ある種のものは人によって肝障害を起こすことがあるのです。

この薬剤性肝障害には先ほどの過酸化脂質が関係していることは、いまではもう学会の定説となっています。

実際、障害のある患者さんの血液を調べてみると過酸化脂質が多く、障害が改善されるとそれが少なくなってきます。ネズミを使った実験でも、ビタミンEが不足したネズミに肝障害を起こす薬を与えていると肝障害を起こし、一方その薬を与えてもEをいっしょに飲ませると過酸化脂質がふえないことが確かめられています。

いいかえれば、薬を飲むときには、ビタミンE をいっしょに服用すると肝障害を未然に防ぐことができるというわけです。

さて、では肝臓保護のためにはどれくらいの量のビタミンEをとればよいのでしょうか。よくl日に8 ~ 10 mg程度がビタミンE の最低必要量といわれます。
しかし、これは必要にして十分な量というにはほど遠い量で、少なくとも3けた、つまり 100 mg 以上はとらなければ期待するほどの効果は望めません。
ビタミンE はとりすぎても過剰症の心配はありませんから、お酒を飲む機会が多い年末年始などは、1 日 300 ~ 600 mg ほどとって肝臓の保護に役立てたいところです。
肝臓の働きを促進する栄養素

アルコール摂取の前後で 3 g のビタミンC を摂ると悪酔いや二日酔いを防げる

アルコール摂取の前後で 3 g のビタミンC を摂ると悪酔いや二日酔いを防げる ので是非おすすめです。ビタミンB群とともに、酒飲みの心強い味方となってくれるのが ビタミンC です。ご存じのように、お酒を飲むと、吸収されたアルコールは肝臓に行きます。
肝臓でのアルコール処理能力は、1時間に 8 ~ 10 g 程度。日本酒に換算するとコップ 2 杯、ビールならコップ 1 杯といったところです。
これを超える量を飲んだ場合、余分なアルコールは血液中に残ってしまいます。

さて肝臓へと行き着いたアルコールは、すぐに分解され始めます。アルコールはまずアルコール脱水素酵素によっていったんアセトアルデヒドという物質になり、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素によって水と炭酸ガスにまで分解されます。
1本数万円以上の高級ブランデーも、行く末はただの水と炭酸ガスになって排泄されてしまうというわけです。

しかし、ここで問題なのは、先ほどのアセトアルデヒドが私たちの体に有害な物質であるということです。というのも、この物質は毒性が強く、血液中に残っていると頭痛や吐きけなどの二日酔い症状を引き起こすからです。

こんな二日酔いを避けるには、いうまでもなく、このアセトアルデヒドをすばやく処理することがいちばんです。ビタミンCが効力を発揮してくれるのはまさにこの段階です。

というのも、ビタミンC には先ほどふれた2つの分解酵素の働きを高める作用があり、アルコールの分解排泄を強力に推し進めてくれるからです。
つまり、アルコールの分解が滞るためにできる有害物質が肝臓に害毒を与えたり、悪酔いや二日酔いを起こしたりする危険を、かなり防止してくれるのです。

肝臓にはまた、チトクロムP450と呼ばれる酵素が含まれています。この酵素もやはり肝臓の解毒作用に重要な働きを持っています。

ビタミンC はこの酵素の働きを高めることが知られています。この点でも、ビタミンC は肝臓の解毒作用に大きく寄与しているわけです。

そのうえビタミンC には、二日酔いのもう 1 つの原因物質であると考えられるフーゼル油(風味を高めるために酒に添加される物質)の分解を早めるという効果もあります。
さらには、食べ物に含まれる食品添加物などの毒物や、アスピリンなどの薬物の無毒化 のためにも、ビタミンCは有効に働きます。

このようなビタミンCのすぐれた効果を得るためには、お酒を飲む前に3 g、飲み終わつたあとに3 gのビタミンCをとることがおすすめです。
これだけとっておけば、悪酔いはもちろん、二日酔いをすることは少ないでしょう。しかも、飲酒前にビタミンCをとっておくと、アルコールの分解が早まり、あまり酔わなくなります。ただし、そのためにかえって飲みすぎてしまうおそれもあるので注意が必要です。

ビタミンC を多く含む食品 を参考に前後で 3 g 以上のビタミンC を摂るようにしましょう。

肝臓の働きを促進する栄養素

特効栄養素 コリン は、お酒を飲みつつけてもしっかり肝臓を守ってくれる

特効栄養素 コリン は、お酒を飲みつつけてもしっかり肝臓を守ってくれる のです。コリン という栄養素を耳にしたことがあるでしょうか。実はこれもビタミンB群の仲間なのですが普通の食事をしている限り欠乏症になることはないため、ビタミンとは呼ばず 「 ビタミン様物質 」 と呼んでいます。
このコリン、酒量の多い人には、とても頼もしい良友です。何を隠そう、コリンには、脂肪肝を防ぐ働きがあるからです。

脂肪肝とは、肝細胞の中に多量の脂肪がたまることをいいます。これは、アルコールの飲みすぎや脂肪の多い食品のとりすぎによって起こる病気ですが、コリンが不足しても起こるのです。

というのは、アルコールや脂肪が肝臓で代謝されるときに、コリンが十分ないと、それが円滑に行われないからです。いわば不完全燃焼を起こすようなもので、そのため使いきれない脂肪が肝臓にたまると考えてよいでしょう。

このことはすでに、ネズミを使った実験でも証明されています。ネズミに低タンパク低コリンのえさと水にアルコールをまぜたものを与えると、脂肪肝になってしまいます。ところが、脂肪肝になったネズミにコリンを多量に与えると、肝細胞が正常に戻ることが実証されたのです。

コリンは人間の体内でもある程度はつくることができます。しかし、脂肪肝になるほど多量のお酒を飲む人には、食品からも積極的にとる必要があります。

コリンは

  • ピーナッツ
  • 枝豆
  • 大豆

などの豆類

  • レバー

などにたくさん含まれています。ちなみに大豆の場合は、100 g 中に 255 g ものコリンが含まれます。

また牛のレバーには、牛肉と比較すると約 4 倍ものコリンが含まれています。コリンは水にとけやすい性質がありますが、枝豆をゆでる程度なら問題ありません。
熱には強いので、大豆などはゆで汁や煮汁ごと食べるようにすると十分に摂取できます。幸いなことに、これらコリンを多く含む食品は、酒の肴に最適なものばかり。お酒を飲むときには、ぜひ一品とり入れることをおすすめします

肝臓の働きを促進する栄養素