月別アーカイブ: 2015年8月

太陽光 眼 を強くする

太陽光 眼 を強くすることはご存じでしょうか。自然界の動物たちの生態には意外なものがあります。太陽の光と視力の関係も、動物たちは実にわかりやすく証明してくれています。

太陽光 眼 を強化する

大空を羽ばたく鳥たちが、人間の何倍もの視力をっています。たとえばハヤプサは何百メートルも上空から、小さな獲物を見つけ、実に正確に捕らえます。
ハヤプサをはじめとして、太陽がのぼると共に目覚め、太陽が沈むと共に眠る鳥たちは、星間太陽のもとで十分に活動し、夜はゆっくりと眼を休めているわけです。

人間のように不十分な光のもとで眼を酷使したりしないので、素晴らしい視力を維持できるのです。

逆に、暗闇や暗い洞窟の中の水溜まりに住んでいる小動物の眼は退化して、ほとんど役に立たなくなっています。太陽の光は眼を刺激することもできるし、眼を休ませることもできるのです。

適度に光を当てることによって眼は強くなり、視力回復にも効果が出てきます。太陽の光を使った、もっとも効果的で簡単な方法です。

まず日を軽く閉じて顔を太陽に向けます。そのまま首を左右にまわします。これを4 、5分間続けましょう。そして少しリラックスしてきたら、瞬間的に眼を開けます。このとき太陽を直接見てはいけません。

太陽から少し離れたところを見るようにするのです。太陽の強い光線に慣れてきたら、だんだん太陽の近くを見るようにしていくといいでしょう。ただし、いくら近づけても太陽をまともに見てはいけません。この訓練を毎日規則的におこない、訓練時間を徐々に長くしてゆくと、眼は強くなり視力も増大します。太陽の光は、自然の大いなる恵みです。その力を十分に借りて、できるだけ自然で健康な眼に近づけていきましょう。

目 TV視聴距離 は距離を取り過ぎても悪影響

目 TV視聴距離 は距離を取り過ぎても悪影響ですテレビを近くで見ると眠が悪くなるということは誰でもご存じでしょう。しかし、離れすぎてもまたいけないのです。テレビは、数え切れないくらい多くの映像が、連続して流れてくるものです。

目 TV視聴距離

もちろん私たちの眼の機能ではすべてをとらえることはできません。ですからもし誤った見方を習慣づけてしまうと、眼は過度の刺激を受けて機能が低下していきます。それではここで、正しいテレビの見方を紹介しましょう。

眼とテレビとの距離があまり離れすぎると、視点がブラウン管のただ1点だけに集中する可能性がありますから、適度な距離を保つことが大切です。

テレビとの最適な距離は、13~14インチのテレビならば2.5メートル。19~20インチのテレビでは3メートルです。

できれば、画面が大きいほうが、眼にかかる負担が少なくなります。そばまた、テレビの位置にも要注意。食堂や蕎麦屋さんでよく見かけるのですが、非常に高い位置にテレビが設置されています。これは店のお客様すべてに見やすいようにという配慮からなのでしょうが、

わずかの時間でも非常に疲れますね。とくに肩から首にかけての筋肉はパンパンに張ってしまいます。体の緊張は当然眼の緊張につながりますから、こんな体勢で見ることはできるだけ避けたほうがいいのです。

お店のテレビでは位置を変えるわけにはいきませんが、自分の家のテレビなら、適当な高さに設置しなおすことは簡単でしょう。眼の位置より、やや低めの位置。この高さが、眼も休も疲れない、最適の高さです。TVを長い時間見る人は特に注意します。

目を悪くしてしまう習慣

目 テレビ 明るさ 1番いいテレビを見るときの明るさ

目 テレビ 明るさ 1番いいテレビを見るときの明るさはどのくらいでしょうか。テレビの画面は相当な明るさです。長時間テレビを見続けると眼に負担がかかりますから、1 日2~3時間程度、そして1時間〜~0分ごとに10分くらいは遠くに視線を移して、緊張をほぐしてください。

目 テレビ 明るさ

また、部屋の明るさにも気をつけなければなりません。テレビの明るさと部屋の明るさとの差がありすぎると眼は正常に働かず、過度の緊張を強いられることになります。

照明のない部屋でテレビを見ることは絶対に避けなければなりません。
また、テレビ画面より明るすぎる照明も不適当です。眼に負担がかからない部屋の明るさは、25~50ルクス。これは6 畳間の場合、螢光灯で20 ワット、電球で40 ワットの光源が必要になります。画面の明るさと同じくらいか、それよりも少し暗い程度が適当な明るさだと覚えてください。

目を悪くしてしまう習慣