タイプ別冷え性タイプ

全身型・重度の冷え症

基本的に体力がなく仕事が終わったらまっすぐに帰宅するタイプ。顔色は悪く、体型はや
せ型です。

症状

  • 肩こり
  • 全身の倦怠感
  • 腰痛・ひざ痛
  • よく下痢をする
  • 足が冷たく眠れない
  • 階段の上り下りで息がきれる

運動不足による悪循環

こうしたタイプの体は、筋肉が弱いために、エネルギーの生産性が低いのです。疲れやすいので、運動も大の苦手です。運動不足と筋肉の弱さが悪循環を起こしています。

冷えからくる関節痛

「ひざや腰が痛くてつらいので、整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらっても、骨などには特に問題はないと言われす。湿布を出してもらって貼ったんですけど、あんまり効果がみられません。このタイプの腰痛、関節痛は、骨や関節の問題ではなく、その周囲の筋肉が冷えていることから起こる痛みです。血行をよくしないと、痛みを解消できません。

腸の呼収が悪く貧血気味

自分ではたくさん食べているように感じていますが、ちっとも太らないんです。貧血気味なので、レバニラ炒めとかプルーンといった鉄分のある食事を取っているのですが」彼女の場合は、体に栄養を吸収する力がないのです。だから、どんな食事をとっても、体に必要な栄養分が足りないということが起こります。これが、朝のだるさやめまいといった貧血の症状につながっています。

冷えを改善する体質改善法

  • カイロ温熱療法

    まずは、朝、家を出るときに、カイロを腰に貼ることから始めてもらいました。さらに、季節が冬だったので、寝るときも長袖のパジャマの上から、腰と首の付け根にカイロを貼ります

  • 腸内環境を整える

    腸は、栄養分を十分に吸収できていないので、栄養不足を起こしていました。そこで、整腸剤を飲むことをすすめました。どの整腸剤が合うのかは、個人差があります。基本的には、整腸剤は善玉菌を体に取り入れる働きをします。善玉菌のエサになるオリゴ糖と組み合わせると、より効果的です。一口に整腸剤といっても、種類はたくさんあります。このタイプの場合は、ただでさえ腸が栄養分を吸収しにくい状態なので、∃ -グルトや乳酸菌飲料といった食品よりも、成分を抽出した薬形式のもののほうが効果があります。

  • 入浴

    体の芯から温まることが大切です。そのため、温泉の素を入れたぬるめのお風呂に、20分以上浸かるようにしてもらいました。「お風呂に入ると疲れるので、ずっとシャワーだけにしていたんです。でも、やっぱりお風呂は温まりますね。湯上がりに足が冷えることも減ってきたみたいです」まずは、湯船に浸かる習慣をつけることが大切です。体力のない人は、様子を見ながら、徐々にお風呂の時間を延ばしていくようにしましょう。半身浴が特におすすめです

  • 運動不足解消

    カイロと整腸剤の効果で、かなり元気を取り戻してきました。そこで、次の段階では、できる範囲で運動量を増やしていきます。ただし、このような体質の場合は、冬の水泳はおすすめできません。まずは、毎日のことから。疲れていても、なるべく歩く量を増やし、エスカレーターをさけて、階段を使うようにしてもらいました。少しずつでも運動量を増やしていくと朝の目覚めがよくなったり体調がよくなることを実感できるはずです。

環境型・冷え症予備軍

就職2年目から急に体調が悪化してくるようなタイプです。

症状

  • 便秘
  • 肩こり
  • 生理痛

会社を休むほど生理痛がひどく中肉中背。学生時代は運動部に入っていました。本人には、冷え症という自覚は全くありません。

環境に影響された冷え症

実際にこのタイプの体を触ってみると、夏だというのに、腰が非常に冷たくなっています。やはり冷え症です。季節柄、冷房対策について聞いてみました。「1日に何度も外出するんですが、」暑い外気に触れるとれるのははほんのわずかな時間です。
オフィスと、乗り物と、得意先ではどこも冷房が効いていて、寒いくらいです。会社に戻ってからは、上着を着たり、ひざ掛けをしているんですけど。生理痛も急にひどくなったので、婦人科を受診しましたが、子宮筋腫や子宮内膜症ではないそうです。しかし痛みは治らなくて悩んでしまいました。この場合は、冷房という環境のせいで冷え症になったと思われます。最近は汗をほとんどかかなくなったなど、体温調節中枢の不調も見受けられます。ここで何の対策もとらないでいると、冷え症は進行してしまいます。体がそれに気づいて、SOSを送っているところだったのです。夏の冷えを解消を読むと女性は夏の間、体が冷えてしまう場合が多いことがわかります。

ストレスも影響している

また、便秘や生理痛は、ストレスが原因になることが往々にしてあります。仕事も2年目になると新人扱いしてもらえませんし、ノルマもあります。女性の場合、得意先にセクハラがあったりして八方ふさがりのストレスに悩むケースがあります。
ストレスを認識できると、症状が軽くなるケースもあります。

冷えを改善する体質改善法

  • カイロ温熱療法

    まずは、冷房にあたって体が冷えることを防ぐために、腰にカイロを貼ることを始めました。このタイプは、体は丈夫なタイプです。カイロを貼るだけで、冷えのダメージを跳ね返せるようになるはずです。毎日スカートの裏にカイロをつけるようになると冷えが改善すると同時に便秘も改善するようになります。

  • ストレス解消

    「自分はストレスがたまっているんだな」と気づいた場合は、積極的にストレスを発散することです。「仕事が忙しくて遊んでいるヒマはないって思いこんでいるケースも多々あります。その気になれば時間はつくれるものです。カラオケ、食事、でかけてみるといいでしょう。

  • 運動療法

    運動がもともと好きなら水泳などでおもいっきり体を動かしてみると。なんだ
    か楽しいし、ストレス発散にもなりシェイプアップも期待でき一石二鳥です。

環境型・中度の冷え性

デスクワーク中心で冬などは暖房で汗をかいてしまうほどです。

症状

  • 肩、首のコリ
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 上半身は暑いが足先はいつも冷たい
  • 生理痛

同じ姿勢が招く冷え性

足が冷たいのは冷え性だから仕方ない、と思っています。暖房が効いている職場なのですが、足は冷たく、頭はぽーっとする冷えのぼせが起きています。パソコン作業が仕事ですが、長時間同じ姿勢でいると、どうしても血行が悪くなります。それが肩や首のコリ、ひいては腰の痛みを引き起こします。むくみやのぼせは、一時的に血が体の一方方向へ行ったまま戻ってこないために起こるのです。また、腰の冷えが、婦人科の臓器に不調を起こし、生理を遅らせています。冷えた臓器は働きが鈍くなるためです。

リラックスできないための血行不良

就寝前に足が冷えたり、肩や首のコリがとれないために、「体が緊張したまま眠りに入る」状態になっています。「足が冷たいので、ずっとパジャマの下にスパッツと靴下をはいていたんです。でも、朝起きると、体中がこわばうていて、眠った気がしません」体㌧をしめつける寝間着はかえって血行を悪くさせ体を冷やします。夏の間は熱をうまくにがす寝間着がリラックスできます。

生活改善法

  • カイロ温熱療法

    暖房の効いたオフィスでは、できるだけ薄着で過ごすのがよいのです。ただし下半身の冷えを防ぐため、スカートの裏側にカイロを貼るのは定番冷え性対策です。「暖房の中でカイロを貼るなんて、よけい汗をかくかと思っていたんです。でも、カイロが温かい分、今までよりも薄着で過ごせるようになって、体は温かいのに、頭がぽ- つとすることがなくなりました。体の冷えがとれるとむくみも改善します。

  • 体をほぐす運動

    1日中パソコンに向かって同じ姿勢でいないように、こまめに席を立つ、のびをする、腰をひねるなどのストレッチを行います。1時間に1回は席を立つように心がけます。

  • 就寝前のリラックス法

    コリは、体の緊張感が原因になっているようです。そこで、体が温まり、心地よい眠りに入る工夫が大切です体をしめつけない木綿のパジャマを着て、靴下ははかないようにします。また、パジャマの上から腰と首の付け根の2ヶ所にカイロを貼ります。さらに、眠る前に、体をほぐす運動が必要です。