水泡ただれを伴う赤い斑点が数週間周期でくり返せば膵臓がんの可能性

赤くただれた反転が一時的に消えても原因となる腫瘍が残っていれば再発する

膵臓ガンによって、顔、手足、尻、またなどに、水疱やただれを伴う赤い斑点が周期的に現れたり消えたりすることがあります。これはグルカゴノーマ症候群呼ばれる症状です。グルカゴノーマ症候群は、膵臓にグルカゴノーマ( グルカゴン産生腫瘍)という腫瘍ができることによって起こります。膵臓のランゲルハンス島というところにこの腫瘍ができると、グルカゴンというホルモンが過剰に作られるようになります。
グルカゴンには、血糖値を上昇させる働きがあります。健康な人の体では、血糖値を上昇させるグルカゴンと、血糖を細胞に取り込んで血糖値を下げる作用のあるインスリンの両方がバランスよく働いて、血糖値は正常に維持されています。
ところが、グルカゴノーマができると、グルカゴンが過剰に作られるため、血糖値は上昇してしまいます。また、グルカゴンは脂肪を分解するため、患者さんはどんどんやせて体重が低下するということも起こります。
グルカゴンが糖を作るときは、アミノ酸を材料にします。ですからグルカゴンが非常に多くなってしまうと、アミノ酸が不足して、低アミノ酸血症といぅ状態になります。アミノ酸は、タンパク質を構成したり、細胞の生成にかかわったりする物質です。水疱やただれを伴った赤い斑点は、人間の体を作っている重要な物質であるアミノ酸が足りなくなって、引き起こされるのです。
グルカゴノーマによる低アミノ酸血症が原因の皮膚症状は、壊死性遊走性紅斑と呼ばれます。
壊死性とは、赤い斑点(紅斑)の部分が壊死する性質を持っているという意味です。遊走性とは、ただれや水疱を伴う斑点が、軽快しては別の場所に新たな幹部ができていく様子が、次から次へと移動(遊走)していくように見えることを表しています。この赤い斑点は、だいたい数週間の周期で出たり消えたりをくり返します。壊死性遊走性紅斑は、びらんといって表皮がはがれて真皮がむき出しになることも多く、かゆみや痛みを伴うことがあり、患者さんにとってはつらい症状です。

血液中のアミノ酸の量が少ないときは膵臓ガンを疑い精密検査を受けるべき

斑点が消える理由は、治療や食事でアミノ酸の量が一時的に増加するからです。しかし根本原因である、グルカゴンを作り出す腫瘍を治療しないかぎり、再び低アミノ酸血症は起こり、壊死性遊走性紅斑が体のどこかに出てくることになります。

膵臓は体の奥深くにあるため診察が容易でない臓器です。腫瘍ができていても、なかなか見つけにくいので血液中のアミノ酸の量が少ないときは膵臓ガンを疑い精密検査を受けるべき斑点が消える理由は、治療や食事でアミノ酸の量が一時的に増加するからです。しかし根本原因である、グルカゴンを作り出す腫瘍を治療しないかぎり、再び低アミノ酸血症は起こり、壊死性遊走性紅斑が体のどこかに出てくることになります。す。
壊死性遊走性紅斑が出ていた、ある患者さんの膵臓をCTスキャンで調べても、異常が発見できなかったことがあります。しかし、血液中のグルカゴンの数値は高い状態が続いていたので、何か問題があると考えられました。そこで膵臓の造影検査を行ったところ、ようやく腫瘍を見つけることができたということがあります。
膵臓の腫瘍以外でも、低アミノ酸血症になれば壊死性遊走性紅斑は起こるのですが、現代の一般的な食生活でアミノ酸が不足することは、まずありえません。低アミノ酸血症や壊死性遊走性紅斑を発症している患者さんの膵臓は、一見、腫瘍がないように見えても徹底的に検査する必要があります。

ランゲルハンス島について

膵臓の組織の中にある細胞のかたまり塊。膵臓の各所に島のように存在していることから、発見者のパウル・ランゲルハンスの名前を取って、ランゲルハンス島と呼ばれている。
膵臓の中には20万~200万個のランゲルハンス島があるといわれる。血糖値の調節と深いかかわりがあり、ランゲルハンス島の中には、血糖値を高めるグルカゴンを分泌するα細胞と、血糖値を下げるために働くインスリンを分泌するベータβ細胞が存在している。