骨粗鬆症に食べたい食品「春菊」

カルシウムが豊富

春菊も、骨粗鬆症症の予防・改善のために積極的に食べたい野菜です。カルシウムの含有量は、ほうれんそうの2倍以上。骨の形成に大切な役割を果たしているマグネシウムやビタミンKも豊富です。
マグネシウムは、カルシウムとともに骨をつくる成分。マグネシウム不足は骨からカルシウムが溶け出す原因となるので、日頃から十分な量をとることが必要です。
ビタミンK は、骨からカルシウムが排出されるのを防ぐほか、骨をつくる働きを促進するたんばく質の作用を活発にするのにも役立ちます。βカロチンの含有量はトップクラス。春菊にはβ カロテンも豊富です。βカロテンは植物性食品に含まれる成分で、腸から吸収される際、必要な分だけビタミンA に変えられます。
ビタミンA には、皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を高める作用があります。また、ビタミンA に変換されなかったβ カロテンは、ビタミンC 、E と協力しあって、組織や細胞に悪影響を及ぼす活性酸素を抑制します。春菊にはビタミンC とEも含まれているので、老化の抑制や、動脈硬化、がんなどを予防する効果も期待することができます。このほか、貧血を予防する鉄や、血圧の上昇を抑えるカリウムなどのミネラルも多く含まれています。

食物繊維が豊富で便秘解消効果も

春菊には食物繊維もたっぷり。春菊に多い不溶性食物繊維は大腸で水分を吸収して便の量を増やし、排便をスムーズにします。さらにビフィズス菌などの善玉菌を増やして腸内環境を改善。
便秘が解消されることによって腸内に有害物質がとどまる時間も短くなるため、大腸がんなどの予防にもつながります。
春菊には独得の香りがありますが、この香りはペリルアルデヒドや、αピネンなど、10種類ほどの精油成分にょるもの。これらの成分には、胃腸の働きをよくしたり、咳を鎮めたりする作用もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です