骨粗鬆症に食べたい食品「あおのり」

貧血も予防する

100g 中に720 mg のカルシウムと1300 mg ものマグネシウムを含んでいる青のりは、骨粗鬆症の予防と改善のために積極的に食べたい食品の一つです。
貧血を予防する鉄の含有量が多いこともポイント。鉄は血液中のヘモグロビンの成分になり、体中に酸素を運ぶ働きをしています。鉄が不足すると体が酸欠状態になるため、貧血症状が現れます。鉄が欠乏していることの多い閉経前の女性は、十分にとりたい栄養素です。

食物繊維や豊富なミネラル

青のりは他の海藻類と同様、食物繊維が豊富。食物繊維は腸内の善玉菌を増やして腸の働きを整えるほか、腸の中の有害物質やコレステロールを吸着して排泄し、大腸がんや動脈硬化の予防にも役立ちます。
また、正常な赤血球の形成を助けて悪性貧血を予防するビタミンB12、細胞の生成を助け、脳の機能を活性化させる亜鉛、糖質や脂質、たんばく質の代謝に欠かせないマンガンなども含まれています。高血圧の予防・改善に有効なカリウムも豊富です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です