骨粗鬆症に食べたい食品「さんま」

骨形成に必須のビタミンD

さんまには、良質のたんばく質をはじめ、カルシウムやマグネシウムなど骨の形成に関わる栄養素が豊富。
また、カルシウムの吸収率を高めるビタミンD も含まれています。ビタミンD には、腸でカルシウムの吸収を助ける働きがあります。ビタミンD が不足すると、カルシウムは十分に吸収されずに排出されてしまうため、丈夫な骨をつくるためには欠かせないビタミンです。

脂に栄養がある

さんまは、100 gあたり24.6 g もの脂質を含んでいます。脂質の中でとくに注目したいのが、健康に役立つIPA やDHA を豊富に含む魚油です。IPAには、血液を固める血小板が集まるのを防いで血行をよくする働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞の予防に役立ちます。
DHA は脳の機能を活性化して記憶力や学習能力を高め、痴呆防止に役立つともいわれている成分で、発がんの防止やがんの転移の抑制にも効果が期待できます。
これらの栄養素をむだなくとるため、焼き魚にする時は焼き過ぎに注意。
パサパサになるまで焼くと、栄養豊富な脂を落としてしまうことになります。また、さんまのように高たんばく・高脂肪の魚は、直火で焼くと発がん物質が生成されます。この物質の作用は大根の酵素やビタミンC によって抑えることができるので、焼いたさんまには大根おろしやレモンを添えるようにします。

ビタミンも豊富

さんまにはこのほか、皮膚や粘膜を健康に保ち、免疫力を高めるビタミンA 、糖質や脂質の代謝を活発にするビタミンB 群、細胞や組織に悪影響を与える過酸化脂質を取り除き、生活習慣病や老化を防ぐビタミンE もたっぷり含まれています。ナトリウムを排出して血圧を下げるカリウム、コレステロール値の低下や肝機能の調整に役立つタウリンなども豊富なため、高血圧や動脈硬化などの予防にも効果を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です