月別アーカイブ: 2013年6月

骨粗鬆症の診断

骨粗鬆症の診断

骨粗鬆症の診断は、X線や骨董測定によって行われます。初めて検査を受けるなら、正確な診断を得るためⅩ線と骨量測定の両方を行うとよいでしょう。これらの検査は、痛院の整形外科や婦人科のほか、市町村の保健センターなどでも受けることができます。また、尿や血液から骨の新陳代謝の状態や将来の骨董の変化を調べる「骨代謝マーカー」による診断法もあります。

X線写真による診断

背骨のⅩ線写真から、骨の状態を調べます。背骨の変形や圧迫骨折が見られる場合のほか、海綿骨(骨の内側にあるスポンジ状の柔らかい組織) を支える骨梁が目立ってきたり、粗く少なくなってきたりしていると、骨粗鬆症症と診断されます。

骨量の測定

骨量(骨塩量) の測定は、原則として背骨(腰椎) で行いますが、手首や人さし指の付け根、足の付け根、かかとなどの骨で測定することもあります。
測定方法にはいくつかの種類がありますが、どれも痛みはなく、短時間で検査することができます。骨量を測定すると、骨量値が「% 」で示されます。これは成人(20~44歳) の平均骨量である「若年成人平均値(YAM)」を100とした場合、現在の骨董がどのぐらいにあたるかを表す数字です。日本では骨量値80% 以上を正常、70~80%を骨量減少、70% 未満を骨粗鬆症と定義しています。

主な骨量の測定方法

DXA法

骨にⅩ線を当て、そのデータを解析して骨量を測定します。精度も高く、背骨、大腿骨、手首の骨など体のほとんどの部分の骨量を測ることができます。心配されるⅩ線の被曝量は、一般のレントゲン撮影の20分の1程度です。

MD法

人さし指の付け根の骨のⅩ線写真を解析して骨量を測定します。集団検診などでもよく行われますが、測定部が指の骨であるため、骨粗鬆症で骨折が起こりやすい背骨などとの関連が薄く、精度もDXA法より劣ります。

PQCT法

専用の小型Ⅹ線CT装置で手首の骨などのコンピュータ断層写真を撮影し、骨量を測定します。精度も高く、海綿骨、皮質骨の骨量をそれぞれ調べることができます。

超音波

超音波が骨の中を伝わる速度から、骨量や骨の強さを測定します。精度はあまり高くありませんが、Ⅹ線を使わないので、妊婦や子どもも安心です。

骨粗鬆症の原因となる病気

病気が原因になることもある

骨粗鬆症の多くは加齢や閉経、生活習慣などのために起こり、「原発性骨粗鬆症」といわれます。これに対して特定の病気や投薬などが原因で発症するものを「続発性骨粗鬆症」といいます。

  1. 糖尿病
  2. 食事制限などによりカルシウムが不足しやすくなるほか、高血糖が骨の正常な新陳代謝を妨げて骨を弱くしていると考えられます。また、症状が進むと視力や運動機能が低下して転倒しやすくなり、骨折の危険性も高くなります。

  3. 甲状腺機能亢進症
  4. 甲状腺ホルモンが過剰になると骨を壊す骨吸収が進むため、骨量が低下します。ただし、甲状腺機能が回復すれば骨量の減少も改善されるようです。

  5. 慢性関節リウマチ
  6. 関節に炎症を起こす物質には、骨を壊す彼骨細胞を活性化させる働きもあるため、炎症が起こつた関節の周りの骨董が低下します。
    症状が進むと痛みのために体を動かしにくくなり、骨量の低下が全身に及びます。また、この病気の治療に使われるステロイド剤には、腸からのカルシウム吸収を抑える副作用があります。個人差はありますが、骨をつくる骨形成を低下させ、骨吸収の働きを高めることもあります。

  7. 性腺機能の低下
  8. 閉経以前の女性でも、性腺機能が低下してエストロゲン(女性ホルモン) が減少すると、骨粗鬆症を発症することがあります。性腺機能低下の原因としては下垂体の病気や神経性食思不振症、卵巣の摘出、無月経、長期にわたる月経不順などが挙げられます。

  9. 腎臓、肝臓、胃腸の機能低下
  10. 腎臓や肝臓の機能が低下すると栄養を十分に吸収することができなくなり、カルシウム不足になりがちです。また、胃の手術をした場合も、胃液の不足によってカルシウムやビタミンD の吸収が悪くなり、骨量の低下が見られます。

骨粗鬆症になりやすい人

女性ホルモンの減少

閉経後の女性のほか、月経不順の人も要注意。月経不順は女性ホルモンのバランスが崩れるために起こる症状の一つで、長期間続くと骨量の低下につながります。また、卵巣の摘出をした人もエストロゲン(女性ホルモン) が欠乏し、骨量が低下します。

加齢の影響

加齢とともに内臓の働きが衰えるため、カルシウムの吸収率が落ちたり、体内でカルシウム吸収に必要なビタミンDを合成する力が低下したりします。

カルシウム不足

カルシウムは日本人に不足しがちな栄養素です。骨粗鬆症を防ぐには、1日に800mg の摂取が理想とされていますが、日本人の平均摂取量は550mg程度。外食が多い人などは、とくに注意が必要です。

過剰なダイエット

食事制限によるダイエットは、カルシウム不足や女性ホルモンの減少の原因となります。成長期に無理なダイエットをした人は骨量が十分に増えず、骨が弱くなっていることもあります。

やせ過ぎ

極端なやせ型の人は、食が細いため、カルシウムなど必要な栄養素が不足していることがあります。

運動不足

骨を強くするには、運動によって骨に適度な刺激を与えることも大切。また、運動不足で筋力が低下していると、ちょっとしたことで骨折しやすくなります。

日光に当たることが少ない

カルシウムの吸収に不可欠なビタミンDは、食物からとるほか、日光(紫外線) を浴びることによって皮膚でも合成されています。日光に当たる時間が短いと、ビタミンDが不足してカルシウムを十分に吸収できなくなります。

喫煙

エストロゲンの働きを妨げたり、胃腸の働きを悪くしてカルシウムの吸収を低下させたりします。