緊張型痛、頭部神経痛には温めて痛みを和らげる温熱療法

筋肉のこりや緊張が原因の「緊張型頭痛」や、寒冷刺激が痛みを誘発する「頭部神経痛」では温めることによって痛みを緩和することができます。温めかたのポイントは以下のとおりです。

こりが原因の「緊張型頭痛」に効果

緊張型痛のほとんどは、首すじや肩がこっていることが原因です。肩こり人口の多い日本人、とくに家事に追われる主婦に緊張型頭痛が多いのも特徴です。緊張型頭痛を解消するには、まず原因となっている「肩こり・首のこり」を治すことが必要です。マッサージも有効なのですが、自分でできる範囲には限界があるので、もっとも手軽にできる方法、患部を温める温熱療法がおすすめです。
温めて血行を促すと頭痛の原因が解消されます。

  • 血行が促される
  • 温めることによって、血管が拡張すると、こっている部分の血行が促されます。

  • こりや痛みの原因物質が排出されやすくなる
  • 血行が促進されると、疲労物質や痛み物質が留まらず、排出されやすくなります。

  • 筋肉のこりや緊張がやわらぐ
  • 疲労物質や痛み物質が取り除かれるので、こりや緊張がやわらいできます。

温熱療法は緊張型頭痛の予防にも治療にもなります。さらに、入浴による温熱療法は、精神的なストレスや緊張をとる効果もあり、メンタルなものによる頭痛も軽減する効果があります。寒冷刺激によって痛みが誘発されつつる頭部神経痛は、圧痛点 に温湿布をすると、痛みがやわらぎます。
ホット&クールパッド 首肩用などのグッズを使うとすぐに対処できます。

  • 首や肩は蒸しタオルやホットパックで温める
  • 後頭部、首、肩のこっているところを温める
  • 保温効果の高い入浴剤を使って温まる
  • 湯温はぬるめがよい

ぬるめの湯温でゆっくり入浴する方法は、「半身浴」ですが、女性に多い冷えにも効果があり、おすすめです。半身浴については、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です