アンチエイジングにサプリを使う

アンチエイジング(抗加齢) 医学が注目を集めています。美容の面においても健康面においても加齢を抑える方法には、注目が集まりやすい状況です。
特に米国では関心が高く、サプリメントによる栄養療法があり、抗加齢の専門学会も組織されているほどです。
最近は日本でも注目が集まっています。

ヒトの場合、20歳頃までの成長過程には、あまり個人差は認められません。
一方、30歳以降で認められる加齢・老化のスピードには、大きな個人差があります。 特に、高齢になると、個人差が顕著です。生物としてのヒは、体内環境での恒常性が保たれています。しかし、加齢に伴って一部のホルモン類が減少し、活性酸素による障害を防ぐ体内の抗酸化酵素の働きも低下します。

対処方法は、生活習慣が重要であることは言うまでもありません。喫煙習慣、、飲酒は適度に、紫外線を避ける、過食をせず適切な食生活を送る、適度な運動習慣をもつ、適正体重を保つことが基本となります。
【サプリメント】サプリメントは、

  • 活性酸素による障害を防ぐ抗酸化成分の摂取
  • 加齢によって減少する体内成分の補給

という2 種類の目的があります。前者の成分は若い世代にも有効ですが、後者の成分は中高年層や高齢者での摂取が有効となります。

抗酸化ビタミンというと、やはりビタミンCとビタミンEが代表です。また、加齢で減少する代表的な成分は、コエンザイムQ10、メラトニンになります。
美容・美肌に効果的なサプリメントは、ヒアルロン酸、コラーゲンなどになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です