タバコの害をサプリで少しでも減らしたい

喫煙者数は、日本全体では減少傾向にありますが、若年女性層などでは増加しています。女性の社会進出も大きなストレスとなっているのかもしれません。喫煙できる場所も限定されてきて、喫煙者は肩身の狭い思いをしながらも「灰皿」を探していることでしょう。

やめたいと思いながら吸っている人が大部分であることを考えると、なんとかニコチン依存から抜け出してほしいと思います。
やめてしまえば、「なぜ、あのタバコに縛られた生活を送っていたのか?」と不思議にさえ思えるようになります。

欧米先進国や日本以外のアジア諸国では、禁煙政策が強力に推進されています。 タバコは、喫煙者本人のみならず、周囲の人々にも間接喫煙・受動的喫煙により害を及ぼすため、社会問題となっています。特に、主流煙よりも副流煙に、発ガン物質をはじめとする有害物質が多く含まれるという問題があります。

喫煙は、間接喫煙の場合も含めて、次のような病気を生じるため、禁煙の推進が急務となっています。喫煙による病気:肺ガン、喉頭ガン、口腔・咽頭ガン、食道ガン、胃ガン、勝胱ガン、腎孟・尿管ガン、膵ガンなど多くのガン。虚血性心疾患、脳血管疾患、慢性閉塞性肺疾患、歯周疾患など多くの疾患。低出生体重児や流・早産など妊娠に関連した異常。こうしてみるとタバコの害というのは、かなり広範囲であることがわかります。

最近では、さまざまな禁煙補助剤が薬局・薬店で販売されています。 また、禁煙外来を設けている病院もあります。社会全体で「禁煙」を推進している状況はこれからも続くでしょう。

喫煙に関連する有害物質を除くことを目的としてサプリメントが利用できます。ただし、これらは、禁煙を補助する成分ではないため、禁煙が最優先となります。

禁煙とこの有害物質を排除するサプリメントの併用で少しでも早くニコチン依存、中毒から抜け出してほしいのが喫煙者に対する思いです。

喫煙で減少するビタミンCをサプリで補います。
そしてさらに、ニコチンの排泄を促進する、ニコエンのサプリを使います。

ビタミンCのサプリは、喫煙によって失われたビタミンを補うだけです。喫煙による害は防げません。出来ることならここで禁煙商品を購入して禁煙に向かって一歩を踏みだして頂ければ幸いです。
喫煙者にとって喫煙が悪いことぐらい理解されていると思います。問題は、どうやってやめるか?これだけです。少し高い禁煙補助商品を購入すると後に引けず、やめられる確率が高いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です