月別アーカイブ: 2012年7月

骨粗鬆症をサプリで改善する

骨粗髭症は、骨代謝のバランスが乱れて骨からカルシウムが失われ、骨の密度が低下し強度が弱くなる症状です。お年寄りなどが寝たきりになるきっかけとして骨粗鬆症による骨折があります。

現在、全国で1000万人の骨粗軽症患者がいると推計されています。その多くは女性で、更年期にさしかかる40歳代から増加しはじめ、65歳では2人に1人、80歳では7割もの女性が骨粗鬆症と診断されています。

骨は、カルシウムの貯蔵場所として機能しています。つまり、食事から得られたカルシウムは、まず骨に蓄えられます。一方、カルシウムは、全身の細胞の正常な働きに必要なミネラルです。そこで、血液中には常に一定量のカルシウムが含まれており、体の細胞にカルシウムを供給しています。血液中にカルシウムが少なくなると、骨から溶け出すことでカルシウムを補充するシステムです。
女性ホルモンのエストロゲンには、カルシウムを骨に沈着させる働きと、骨が溶けすぎないように調節する働きとを担っています。しかし、女性ホルモンが減少する更年期以後の年代では、それらの働きが失われるため、骨からカルシウムが失われやすくなるります。

骨粗軽症により骨の密度や強度が低下すると、さまざまな症状が現れます。特に、背骨に症状を認めることが多く、たとえば、背部痛や腰痛、身長の低下、背骨の湾曲などが見られます。一般的にお年寄りにみられる症状です。
骨粗顆症は、自覚症状がないことも多く、気づかないうちに進行します。骨が弱くなるため、ちょっとしたことで骨折することもあります。特に高齢者での骨折は、些細なことをきっかけにした転倒によって起こっています。

骨粗鞋症は、閉経後の女性に多い病気です。しかし、国民栄養調査によると、カルシウムの摂取不足が年齢や性別に関係なく、広い年代で認められていることから、男女を問わず注意が必要です。

骨粗軽症の予防と改善には、生活習慣の改善が大切です。食事でのカルシウム摂取不足による問題はよく知られています。また、運動も影響を与えます。運動不足では、カルシウムが骨に沈着しにくくなり、骨が弱くなります。運動をはじめるのは、高齢者でも遅くはないので積極的に取り入れます。
ゲートボールを続ける人では、骨密度が増えているという報告もあります。さらに、ビタミンDの摂取も大切ですし、ビタミンDを活性化するためには、日常生活で日光に当たることも必要です。病院では、紫外線の問題ばかりやり玉にあげられていますが、骨のためにはある程度は日光浴も必要です。

カルシウムを含む食品は多くありますが、体内への吸収効率は食品によって大きく異なっています。もっとも吸収率のよい牛乳や乳製品のカルシウムでさえ、半分ほどしか吸収されません。その他、小魚では30% 、緑黄色野菜では20% 程度しか吸収されないのです。さらに、若年者に比べて高齢者では、消化吸収能力が低下しているという問題もあります。
一般に、カルシウムは、食品からだけでは不十分なことが多く、サプリメントを利用するほうが確実です。さらに、サプリメントでは、カルシウムだけではなく、その吸収と骨形成を助ける働きをもつ成分も容易に摂ることができます。

サプリメントを活用する場合は、カルシウムとカルシウムの吸収と骨形成を助ける、ビタミンDとビタミンKを摂取するといいでしょう。

美肌のためのサプリメント活用方法

女性であれば、足りない栄養素をサプリで摂取する以外に、美肌を…と思うのは自然です。皮膚のトラブルで多いのは、紫外線による害です。日光に含まれる紫外線は、過剰に当たると体に有害であることがわかっています。
また、最近では、オゾン層などの破壊により、紫外線が強くなっており、若い年齢でもかなりシミ・しわの発症リスクが高くなっています。

紫外線による肌のダメージとして、代表的なものが、「シミ」「シワ」「皮膚ガン」があります。シミやシワは単なる老化現象ではなく、紫外線に長期間当たることでダメージが蓄積されて生じる「光老化」です。
光老化を防ぐには、日常生活での注意が大切ですし、肌のトラブルをサプリメントで改善することもできます。日常生活で紫外線を防ぐ習慣が最優先されますが、サプリによる美肌効果も期待できます。これは、美肌に効果のあるサプリと紫外線を防ぐ2つの対処を同時に行うことで効果がでやすくなります。

紫外線は、波長によって、UVA 、UVB 、UVCの3 種類があります。 これらのうち、UVC は波長が短くオゾン層などで吸収され、地表には到達しません。地表まで届いて害を及ぼすのは、UVA」とUVB の2つです。
UVAは、波長が長く、皮膚の奥まで入ります。UVB は、UVAよりも波長が短いため、地表に届く量は多くはありません。しかし、UVAよりもエネルギーが強いため、障害をもたらします。

皮膚は、「表皮・真皮・皮下組織」から構成されます。真皮には、繊維芽細胞から作り出されるコラーゲンとエラスチンがあり、皮膚の弾力性や張りを保っています。そこに紫外線が当たると、U V A が真皮まで到達して、繊維芽細胞に障害を生じ、コラーゲンやエラスチンが適切に作られなくなる結果、シワを生じます。UVBは、表皮に届いてシミ・日焼け・皮膚ガンの原因となります。UVBが表皮に達すると、表皮の基底層に存在する「メラノサイト」という細胞が「メラニン」色素を産生します。
これが日焼けです。日焼けを繰り返すと、シミとなります。こうげん真皮には、皮膚の強さを維持する「膠原繊維」と弾力を保つ「弾性繊維」が存在します。膠原繊維はコラーゲン、弾性繊維はエラステンというタンパク質で構成されています。コラーゲンとエラスチンの働きによって皮膚の弾力性としなやかさが維持されています。さらに、コラーゲンとエラスチンの間には、ヒアルロン酸が存在します。皮膚の張りやみずみずしさは、ヒアルロン酸の保水性の働きによります。乾燥や加齢によって、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸が減少すると、シワが生じるのです。

肌のトラブルを防ぐには、まず紫外線を避けることが重要です。紫外線量は夏季に急増します。晴れた日だけではなく、曇りや雨の日でも紫外線はゼロにはならないので、注意が必要です。衣服や防止で紫外線を防ぐとともに、紫外線防止剤などの利用もできます。シワに対しては、保湿性を保つ、ビタミンA 誘導体の外用、ケミカルピーリングなどの方法があります。さらに、コラーゲンやヒアルロン酸を外科的に注入することもできます。

肌のトラブルには、ビタミンC やB2がよく利用されます。薄いシミの場合には、ビタミンC の摂取だけで改善が期待できます。また、紫外線による障害は、肌のトラブルだけではなく、白内障などもあります。さらに、紫外線によって発生する活性酸素は、体に有害です。それらを防ぐためにもサプリメントが利用されます。皮膚の張りやしなやかさ、みずみずしさを保つための成分も、サプリメントの活用は、有効です。
主に効果があるのは、ビタミンC、E、ヒアルロン酸、コラーゲンの4種類ですが、メラニンの産生を抑えるのには、ビタミンCです。
また、はりなどを改善するのは、ヒアルロン酸、コラーゲンとなります。

サプリでダイエットしたい

近年、中高年層を中心として肥満者が急増しています。男性では30歳代以上、女性では40歳代以上の年代において、肥満者が多く、肥満を原因とする生活習慣病の問題が生じています。痩せない体質になっていく年代とちょうど重なるのも特徴です。
逆に、若い年代層では、過剰なダイエットが問題となっています。どちらにも健康的に問題が生じるのは言うまでもありません。

肥満とは、単に体重が多いということではなく、脂肪組織が過剰に蓄積した状態をいいます。しかし、体脂肪の割合(体脂肪率) を正確に測定するのは容易ではありません。一般に、肥満の判定基準として、BMI (ボディ・マス・インデックス=体格指数) が用いられます。

BMIは、次の計算式で求められます。「BMI=体重(kg)÷身長×身長(m)」です。「普通体重」はBMIが18 5以上25未満のときです。BMIが25以上では「肥満」、BMI18.5 未満では「低体重」と判定されます。また、BMI=22に相当する体重を標準体重とします。
「普通体重」はBMI当する体重を標準体重とします。なお、BMIという数値自体が、体脂肪量を正確に反映しているわけではありません。BMIでは、身長と体重が同じであれば、筋肉質の人でも脂肪の多い人でも肥満の程度は同じと計算されてしまうからです。そのため、BMIが標準範囲内であっても、実際には体脂肪の割合が多い、「隠れ肥満」という場合もあります。

肥満が医学的に問題なのは、生活習慣病を合併するからです。一般に、重症の肥満になるほど、合併症の出現頻度は増加します。また、合併症の出現頻度は、肥満の重症度だけではなく、体脂肪の分布にも関係します。同じ肥満であっても、上半身肥満のほうが下半身肥満よりも病気になりやすいのです。また、上半身肥満は皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満とに分けることができ、後者のほうが高血圧や高脂血症、糖尿病、痛風、脂肪肝といった病気を合併しやすいこともわかっています。

対処方法は、適正体重の維持ですが、適切な食生活と運動習慣が基本です。同じようなものを同じように食べても太りやすい人とそうでない人がいます。体質によるものです。食事を減らしダイエットしても思うように体重の減らない人もいれば、「やせの大食い」といわれるように、いくら食べても太らない人もいます。
同じカロリーを摂取しても体重に差が生じるのは、体質による差、いい換えれば、個人のもつ遺伝子(遺伝素因)の差に起因します。太りやすい体質をもつ人が、食べすぎや運動不足などになりやすい環境で生活するとき、肥満となります。
つまり、ヒトの肥満は、遺伝と環境との両方に関連する多因子遺伝性疾患という病態なのです。

サプリメントを活用する場合には、活性酸素による障害を防ぐ抗酸化成分の摂取、加齢によって減少する体内成分の補給という2種類の目的があります。
抗酸化成分の摂取という目的の場合には、若い世代に有効ですが、体内成分の補給は、中高年層や高齢者での摂取が効果的です。

抗酸化ビタミンでは、ビタミンC・Eの摂取がおすすめです。加齢で減少する成分を補うためには、コエンザイムQ10、メラトニンなどが有効です。

酵素+青汁の新しい「酵素入り青汁 リッチグリーン」で脂肪も分解し、腸を活性化