月別アーカイブ: 2012年6月

寝酒も「過ぎたるは、なお及ばざるが如し」

昔から安眠、快眠の手段として、「寝酒」が愛用されてきました。酔うとほかほかして気持ちよくなり、眠くなく作用を利用しているものです。
アルコールには、神経の興奮を鎮静させる作用があります。このは、脳の働きを抑制する作用がアルコールに含まれるためで、この鎮静作用がイライラを鎮め、入眠の助けになります。

お酒が好きな人にとっては、喜ばしいことですが、寝酒が慢性的になり、アルコールがないと眠れなくなり、アルコール中毒になってしまう場合もあります。
アルコールの入眠促進作用は、個人差があり、このことは、アルコールの量が少なくても酔ってしまう人と、大量に飲んでも酔わない人との差によく似ています。

また、アルコールを飲むと興奮してしまい、逆に眠れなくなってしまう人もいます。これは、普通アルコールは脳の働きを抑制するのですが、これが解法されてしまうと、逆に興奮状態を引き起こすためです。
つまり、少量のアルコールで眠れる人は、寝酒の力を借りてもかまいませんが、かなりの量を飲まないと眠りにつけない人は、避けたほうがいいのです。

少量なら害がないといっても、やなりアルコールに頼ることはあまりよくありません。
就寝前に飲んでしまうと、アルコール分解のために肝臓が働かなくてはならなくなり、体が休まらないのです。
満腹は眠れないでも書きましたが、胃腸が休まらないために眠れないのと同じです。

寝酒をやめようとして、不眠に悩まされる人が多いのも、寝酒をあまりすすめられない理由でもあります。
これは、睡眠剤をやめるときと一緒でしばらくの期間、苦しい場合が多いのです。
寝酒をやめる場合には、少量ずつ減らしていくのが体にも脳にも負担がかからずにいいでしょう。少量のアルコールで穏やかに入眠できても実際の脳の睡眠状態を調べたら、浅い眠りである人が多かったという調査結果もあります。

入眠に使うお酒は、精神的緊張を和らげる、少量にしておくのが正しい使い方であることをしっかり覚えておきましょう。

満腹は眠れない

食事と睡眠はどのような関係にあるのでしょうか?食後に眠くなってスーッと眠れてしまう場合もあるかと思いますが、食事は、眠りを誘う作用があります。
それでは、満腹状態にすればいいのでしょうか?これは、間違いです。満腹な状態で入眠してしまうと、胃腸は、睡眠中に消化活動をしなければならないために、 眠りを妨げられてしまいます。
逆に空腹状態でも目がさえてしまい、興奮してしまい眠れません。快適な眠りのためには、腹八分目程度の量をゆっくり噛んで食べることが大切です。胃腸に負担がかからないようによく噛んで食べることがは、重要なポイントです。
空腹で眠れないような時には、軽く食べるといいでしょう。
夜の睡眠時間中は、胃腸もしっかり休めることが大切です。

快眠のためには、どんな食事がいいのでしょうか?眠りを誘う食品の代表的なものは、たんぱく質ですが、ほかにも脂肪やカルシウムがあります。脂肪が体内に入ると、腸の中ではコレチストキニンという消化管ホルモンが分泌されます。これは、すい臓や肝臓の働きを活発にし、胆汁などの分泌を促進して消化吸収を高めます。
この消化管ホルモンに似た物質は、脳神経にも分泌され、眠りを誘います。
脳の中には、痲酔用剤のエルヒネと同じ作用をもつ物質があります。そして、これを調節しているのが、消化管ホルモンに似た物質なのです。
ですから、脂肪の含まれた食品をとれば、入眠は、自然と訪れてくれるように機能します。
脂肪は、動物性、植物性の2種類ありますが、夜は、植物性の脂肪がよいでしょう。

次にカルシウムですが、カルシウムというと骨をイメージする人が多いのですが、カルシウムは骨ばかりではありません。
血液中のカルシウムは、体にいろいろな影響を及ぼします。そのひとつが精神に及ぼす影響です。
血液中のカルシウム値が低くなると、イライラしたり、落ち着かなくなります。不眠には、イライラが原因している人も多くいますので、カルシウムを積極的に摂るようにするといでしょう。

特に女性は、ミネラル(マグネシウム・カルシウム)が必要です。

単調な音には入眠効果がある

騒音、振動の悪条件が重なっている電車の中で、気持ちよさそうに、こっくりこっくりしている人を見かけたことはありませんか?
夕方~夜にかけての電車の中ではかなり見かける光景です。これは、単調な音の繰り返しが眠りを誘うということが原因しているためです。

動物(人間も含まれる)は、この単調な感覚刺激を与えると眠くなるという働きをもっています。意味のない刺激に対して、反応せずにエネルギーを節約しようとする抑制機能が、脳の働きを抑えてしまうのです。

眠るときに雨だれの音やせせらぎの音、時計の針が動く音などに耳を傾けると穏やかに入眠できるでしょう。
こうした快眠効果を生かした「自然音」などの効果音をCDに集めているものがあります。
自然音の癒しで快適に眠る(CD一覧)
意外にたくさんの種類が発売されているようですが、この中から選んでみても快眠に役立つかもしれません。
よく、クラシック音楽でよく眠れる人と眠れない人がいますが、クラシック音楽が合わない人は、こうした自然音がマッチするケースが多いそうです。