不眠に関するQ&A – いらいらして寝付けない

適度のお酒には、快眠効果があることを説明しましたが、お酒が苦手だったり、飲めない人もいます。
アルコール変わる何かよいものはないのでしょうか?
ラジオを聞いたり、テレビを見たり、本を読んだり、羊を数えても眠気がこないときもあります。

寝付けない理由は特にないのに、眠れない場合にお酒を飲める人は、適量飲んでもいいでしょう。
適量というのは、日本酒なら1合程度、ビールは中瓶、1本程度、ウィスキーなら水割り2杯程度が眠りを誘うに最適な量です。

お子さんであれば、お酒は飲めませんから、牛乳が最適です。海外では、「ナイトミルク」といって眠れない時によく使う方法です。
安眠できる理由は、牛乳に含まれるカルシウムが精神的な落ち着きに作用するためです。カルシウムというと骨や歯を丈夫にする物質というイメージが先行しますが、血液中のカルシウム値を高め、イライラを抑えことがっできます。
牛乳を人肌に温めてゆっくりと飲むといいでしょう。

睡眠と関係の深い「ミネラル」について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です